STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   実社会と学校を繋ぐSTEAMプログラムの開発&実証実験
  • line

実証事業 報告書

  成果報告 (2020年度)  

2020年度 の 成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告2020:株式会社リバネスPDF:「未来の教室」実証事業成果報告2020:株式会社リバネス

本事業について

目的

学校での学びと実社会で必要とされる考え方や科学技術には未だ大きな乖離がある。そこで、この取り組みでは、学校での学びと実社会を繋げるべく、学校の先生方と課題解決に取り組む企業、研究者、ベンチャーの技術との出会いをつくり、その中で生徒自身が感情を揺さぶられて社会課題を自分事と捉えられるようするために、多様な教科の角度から学ぶ授業を先生方と設計し実証した。なお、本事業では、全体授業を中学校1年生全生徒へ実施。探究プログラムは全学年で希望者を募って行った。

概要

食のSTEAM授業スタート

食のSTEAM授業スタート

リバネスX静岡聖光学院で、「食」をテーマに教科融合的に課題を知る授業カリキュラムを開発、実施しました。 計8回の授業では、「タンパク質不足問題」について、人工培養肉を安価に作る技術を開発するインテグリカルチャー社の開発現場のオンラインツアーや創業者の講演をきっかけに、タンパク質不足問題に触れ、その課題を伝える普及活動アイデアを考えました。

酵母の持つブクブクパワーの秘密に迫る

酵母の持つブクブクパワーの秘密に迫る

酵母が持つぶくぶくパワーを引き出す研究を行うサイエンスコースの食・微生物研究所、東南アジアのFood Loss and Wasteの現状を学び、学校内の食品ロスの課題解決へ生かすグローバルコース、そして食に纏わる課題の調査とヒアリングを元に持続可能な課題解決を目指すビジネスコースがスタートしました。どのコースも学年を超えて希望者が集まり、放課後に授業を実施しました!

探究プログラム最終発表会実施

探究プログラム最終発表会実施

サイエンスコース、グローバルコース、ビジネスコースと、3つのコースに分かれて行ってきた探究プログラムの最終発表会が1月30日に行われました。どのチームも、実験やヒアリングなどを通して、実際に手を動かして自分たちの仮説を検証したり、アイデアの具体化に取り組みました。発表会の最後には、リバネス中島から、「どのコースにも共通なのは、全員自分で手を動かしたり人の話をきいたりして学んできた。だからこそ、自分たちの言葉で、説得力がある発表ができた。」と総評。また、静岡聖光学院の渥美先生からは、「このプロジェクトが終わっても継続して欲しい。」とエールが贈られました。

開発したルーブリック


(※クリックで拡大表示します)

生徒の変化を測ることでプログラムの評価を実施。未来の教室コモンルーブリックを参照し、重点項目、STEAM関連項目の2項目におけるルーブリックを静岡大学の竹内勇剛先生にご協力いただいて開発しました。重点項目は各学校で定める独自の育成の方向を策定。STEAM関連項目は各コースで固定し、異なる学校間でも固定します。このように、学校間を越えて使用することによって、異なる学校間でのコースの内容の比較をすることができます。

成果

全体授業設計のポイント


(※クリックで拡大表示します)

STEAM的なアプローチで全体授業を設計するポイントは2つ。1・2コマ目では「社会課題への興味喚起」をするために、社会課題と生徒とのつながりを、半径50cm以内の事象で説明するなど工夫が必要です。また、4・5コマ目の「アイデアの具体化」では、社会課題の解決に向けて挑戦する当事者の講演だけでなく、その方に生徒ひとりひとりが考えているアイデアへのフィードバックをすることで、生徒のモチベーションを上げることに繋げます。

探究プログラム設計のポイント


(※クリックで拡大表示します)

探究プログラムを設計するにあたりポイントは全体授業からの接続と、1コマ目、2コマ目で自ら動き出すための動機を引き出し、自走し始める助走を一緒に設計することです。そのために、全体授業の中で、後に実施する探究コースへの興味喚起を入れ込むことで、より生徒の興味関心にそったテーマでの探究プログラムを実施することができます。

ルーブリック評価の展開案


(※クリックで拡大表示します)

STEAM関連項目は各コースで固定し、異なる学校間でも固定します。このように、学校間を越えて使用することによって、異なる学校間でのコースの内容の比較をすることができます。また、開発する過程で、授業を通して狙う変化を議論することで、教科を超えた共通理解を促し、授業設計の骨子を作ることができました。

実証環境

オンライン接続:Zoom
ファイル共有:Google Drive


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名実社会と学校を繋ぐSTEAMプログラムの開発&実証実験
受託事業者名株式会社リバネス
実証年度
事業カテゴリー種別
実証校静岡聖光学院中学校・高等学校
対象
対象学年中学1年生(全体授業)、中学1年生〜高校2年生(探求プログラム)

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • ものづくり(FAB)×課題解決のワクワクを学び...

    1.高等学校の情報科目での授業カリキュラム構築と実証 2. 学生サポーター育成のための集中研修(FAB CAMP)プログラム開発と実証 3. チェンジ・...

    詳しくはこちらものづくり(FAB)×課題解決のワクワクを学びへ連結する教育プログラム (FABLABの公教育導入実証)

  • ルールメイカー育成プロジェクト 〜ルールを...

    学校における慣習・ルールなど変えられないものと思い疑ってこなかったものを題材に、生徒・先生・保護者が対話を重ね、その存在意義や捉え直し...

    詳しくはこちらルールメイカー育成プロジェクト 〜ルールを学び、対話的に課題解決する力を育む実証事業〜

  • 幼小中統合型 個別最適・自立学習環境 i.Dar...

    年齢縦断型の環境で共有体験を通し自尊感情を育み、発達段階の違いに合わせた学びの機会を自己決定により選択し、自己到達度を更新しながら自ら...

    詳しくはこちら幼小中統合型 個別最適・自立学習環境 i.Dare(イデア)

  • 学習指導要領に紐づいた体験型授業「ABSL(A...

    企業プログラムや多様な社会教育施設のプログラムなど、児童生徒がわくわくしながら体験的に学べるコンテンツを開発・整理し、将来的には教科の...

    詳しくはこちら学習指導要領に紐づいた体験型授業「ABSL(Active Based Subject Learning)」の開発・実証

  • 雲南市認定オンラインフリースクール事業

    誰ひとり取り残さない教育”の実現のためには、自治体や家庭の状況に関わらず、不登校児童・生徒の学びが保障されたモデルの開発を行うことが目的...

    詳しくはこちら雲南市認定オンラインフリースクール事業

  • STEAM / PBL 教員研修プログラム with High ...

    求められる人材像が大きく変わる中、今世界で注目されている教育手法が、教科横断型で課題を解決する力を育む、STEAM に重点を置いたプロジェク...

    詳しくはこちらSTEAM / PBL 教員研修プログラム with High Tech High

  • AIドリル「Qubena」の学習ログを活用した観...

    EdTechサービス(Qubena)と学校現場(新渡戸文化学園)のオープンイノベーションにより、AIドリル「Qubena」の学習ログを用いて学校での観点別評価...

    詳しくはこちらAIドリル「Qubena」の学習ログを活用した観点別評価の検証(Qubena×新渡戸文化学園のオープンイノベーション)

  • 「デキタス」を利用した将来的に公認可能な...

    あらゆる事情により学力のサポートが必要とされる生徒に対して、「個別学習計画」を作成。その計画に沿ってICT教材「デキタス」を活用し、生徒の...

    詳しくはこちら「デキタス」を利用した将来的に公認可能な「学校外教育サービス(オルタナティブ教育)」の実証



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら