STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   雲南市認定オンラインフリースクール事業
  • line
雲南市認定オンラインフリースクール事業のイメージ1


実証事業 報告書

  成果報告 (2020年度)  

2020年度 の 成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告2020:認定NPO法人カタリバPDF:「未来の教室」実証事業成果報告2020:認定NPO法人カタリバ

本事業について

目的

誰ひとり取り残さない教育”の実現のためには、自治体や家庭の状況に関わらず、不登校児童・生徒の学びが保障されたモデルの開発を行うことが目的です。

概要

教育支援センターのオンライン化を促すプラットフォームサービスの開発を通じた“公的支援の充実

教育支援センターのオンライン化を促すプラットフォームサービスの開発を通じた“公的支援の充実

◎地方都市モデルなど、様々な資源の制限があるからこそ、「人がリアル且つ対面」で行うべき支援以外は全てICTを活用していく必要があります。

▽開発事項1.リアル×オンラインのハイブリッド型教育支援センターの実現
⇒オンラインを活用したEd Tech教材やSTEAM学習プログラムの実装を行い、校内別室へのデバイス設置、家庭での支援が必要な児童生徒へのデバイス貸出の対応も行いながらデリバリーを実働させることで、教育支援センタースタッフへの質的及び量的な効果を検証する

▽開発事項2.市認定に向けた生徒・児童の成長を促すためのFBシート作成
⇒実証校である“おんせんキャンパス”独自のFBシート(通知表に代わるもの)を作成し、“教育支援センターにおける公的な発行物“という承認を雲南市教育委員会から頂くことで、個別最適な学びの促進、並びに、出席認定のエビデンスとしての活用・展開を目指す

▽開発事項3.市内児童生徒の学習ログの一括クラウドデータ管理
⇒学習ログ(個別学習計画、学習内容・時間、評価など)をクラウド上に集積することによって、学ぶ場所や時間にとらわれないデータの管理・活用と実現すべく、管理システム基盤の構想・立案を行う

実証校:不登校のサードプレイス「おんせんキャンパス」

実証校:不登校のサードプレイス「おんせんキャンパス」

おんせんキャンパスは、雲南市からカタリバが委託を受け運営する教育支援センターです。
廃校となった小学校を活用し、学校と連携しながら不登校の児童生徒の伴走しております。
今、雲南市は、「不登校の子どもたちの学び」を根本から見直す、新しいチャレンジを行っており、その改革の中核拠点の一つです。

Ed-tech教材 Qubenaでの授業風景


(※クリックで拡大表示します)

AI型タブレット学習教材「キュビナ」を用い、「おんせんキャンパスに通う生徒」という枠を越え、学校(別室)、家庭、雲南市外、海外からもオンライン上に子どもたちが集まり、学び合う場の醸成を試みました。

成果

実証事業の成果

実証事業の成果

オンラインとリアルのハイブリッド型教育支援センターの実現に向けて、主に下記三点に取り組みました。
尚、詳細については活動報告をご覧いただけると幸いです。

①ハイブリッド型教育支援センターの導入による生徒・スタッフへの影響、それらを鑑みた上での導入マニュアルの作成
②教育支援センターならではの”教科の3観点""以外の大切な学びを記録し、レビューする”FBシート”の開発
③上記二点を人的工数をかけずに実現させるためのデータ管理システムの開発

実証環境

Ed-teck教材:Qubena(数学)


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名雲南市認定オンラインフリースクール事業
受託事業者名認定NPO法人カタリバ
実証パートナー名おんせんキャンパス(雲南市からの委託運営中の教育支援センター)
実証年度
事業カテゴリー種別
対象
対象学年小学1~中学3年生

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 学習ログを通じた公教育と民間教育の連携に...

    教育データを、学習者にかかわるあらゆる支援者・指導者が共有可能な状態にしておくことによって、特定の指導者に負荷が集中するという課題を解...

    詳しくはこちら学習ログを通じた公教育と民間教育の連携による個別最適学習の実現

  • フィールドスタディ(インターンシップ)を...

    企業について情報収集をする「視点」を身につけた上で ●地域の企業が、地域や社会の課題を解決していることに気づくこと ●自分の言葉で質問で...

    詳しくはこちらフィールドスタディ(インターンシップ)を含む「総合探究学習支援プログラム【locus】」

  • 「専門外」「想定外」「学校外」の学びの実...

    「未来の教室」を支える「未来の職員室」の実現に向けて、Edtechを活用した新たな教員研修のモデルを検証することを目的としています。

    詳しくはこちら「専門外」「想定外」「学校外」の学びの実現する ミドルマネジャー研修・学校改革プログラム開発事業

  • 「未来の教室(学びの場)創出事業)〜Robot...

    本事業ではNYアカデミーのメンター制度の仕組みを参考に、学生にとって新たな仕事機会、キャリア構築を目指すとともに、高校生以下の創造的な学...

    詳しくはこちら「未来の教室(学びの場)創出事業)〜Robotics×Media Arts 社会課題解決・創造STEAMS PBLプログラム 全国の高校・中学校とともに〜

  • 学校施設を中心とした地域×スポーツクラブ産...

    地域スポーツクラブがサービス業として自立しつつ、部活動の受け皿となりうるための課題抽出し、検証を行う

    詳しくはこちら学校施設を中心とした地域×スポーツクラブ産業の融合による社会システムの検証 ~立教学院版~

  • ファシリテーションスキル研修

    ファシリテーションスキルを身に付けるための研修。 教員の方が自律性、協働性、多様性理解などのグローバルスキルをテーマとしたPBL型のワーク...

    詳しくはこちらファシリテーションスキル研修

  • 個別教育計画とEdTech教材による不登校傾向...

    EdTech教材を活用することで、生徒一人ひとりの興味・進度・意欲に応じた学習を先生の負担を増やさないように実現したうえで、他校でも再現でき...

    詳しくはこちら個別教育計画とEdTech教材による不登校傾向のある生徒の学習支援

  • オンラインエデュケーションハブ i.Dare(...

    「あなたは、なにがしたい?」 i.Dareでは、オンラインミーティングとオフライン合宿を通じ、自己選択の積み重ねを大事にしています。正解のな...

    詳しくはこちらオンラインエデュケーションハブ i.Dare(イデア)



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら