STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   あらゆる家庭環境の子どもに開かれた​ピア・ラーニング型「放課後プログラミング​クラブ」のチュートリアルパッケージ開発実証​
  • line
放課後プログラミングクラブ 毎週火・金曜日17:00~18:00 オンラインで開催中 参加費無料 Kids Code Club(キッズコードクラブ)のイメージ1


実証事業 報告書

  成果報告 (2022年度)  

成果報告(PDF)を参照いただけます。

テーマE最終報告書 一般社団法人Kids Code ClubPDF:テーマE最終報告書 一般社団法人Kids Code Club

本事業について

目的

生育環境や発達特性からプログラミング・IT学習の継続が困難な子どもたちの初期離脱率を改善し、「自律的で協働的な学習者」に成長するための基盤形成となる、導入時プログラムの開発と実装。

概要

放課後プログラミングクラブについて

Kids Code Clubは、あらゆる家庭環境の多様な発達特性を持つ子どもたちがテクノロジー方面での能力を開花するための、無料のピア・ラーニング型のサードプレイス「放課後プログラミングクラブ(放プロ)」を週2回オンラインで運営しています。本実証では、生育環境や発達特性から学びのレディネスが不足する子どもたちの初期離脱率を改善し、「自律的かつ協働的な学習者」に成長していくための足がかりとなるチュートリアルパッケージを開発し、サードプレイス内に実装しました。

ラーニングシステムの開発

プログラミングを学習する子どもが短期間でその楽しさを実感し、放プロへの参加を継続できるよう、必要なスキル・経験を効率よく得られる「ラーニングパス」を、個別最適化された形で参加者に提供するためのラーニングシステム(ラーニングダッシュボード)を開発。子ども毎に完全に異なるラーニングパスの作成を可能とし、レシピ完了時のフィードバックや感想、放プロ中の会話などの中から出てきた子どもの好みや希望をもとに、その場でレシピを柔軟にアサインできるようなシステム仕様にしました。

放プロ会場の設計

会場には実証コースの子どもだけでなく、放プロに以前から参加している子どもも合わせて70名近くが集まるため、混乱しないように部屋を分け、その日の気分に合わせて他の部屋に自由に移動したり、各部屋で様々な子どもと交流しながら、放プロ全体の雰囲気に慣れてもらいました。これにより、固定された学び方を好まない子どもも、自分の好きなやり方・ペースで活動することができました。

行動データを分析してフォローを実施

会場の入退場履歴・滞在時間のほか、発話数、チャット数、リアクション数(拍手・挙手など)、画面共有時間など、バーチャル会場における行動データを分析し、会員データと連携して、しばらく来場していない子どもや、連続して途中で帰ってしまった子どもへの声かけなど、参加継続のためのフォローを実施しました。実証コースの参加者はこれまでと比較して、相対的に行動量が多くなっていることが分かり、「初心者」という枠の小さなグループの中で、心理的安全性がある程度確保されたことが、様々な行動につながっている可能性が考えられます。

成果

参加継続率が19.6ポイント上昇

実証前の8~12月の放プロ新規参加者20名の2ヶ月の参加継続率を本実証の参加者と比較したところ、19.6ポイント上昇していることが分かりました。ラーニングパスやデータを活用した、子どもや保護者のテクニカル・スキル面でのサポートのみならず、アンケートやインタビューの結果から、情緒面(自分も参加していいという心理的安全性や、自分にもできるかもしれないという自己効力感)でのサポートも重要だったことがうかがえました。

職員・ボランティアスタッフの負担軽減

チュートリアルパッケージの導入により、初心者の子どもをサポートする職員・ボランティアスタッフ(計7名)の心理的負担の変化をヒアリングで確認しました。初心者部屋周辺のスタッフからは「対応が楽になった」との声もありますが、「学習履歴を確認してレシピをアサインする」といったメインスタッフのシステム作業は操作も複雑なため、限られた職員でしか対応ができない状況が起こりました。「どんなデータを元にアサインするレシピを決めていくか」という部分もまだ属人的なため、今後、行動・観察データ等を元にした自動化を行っていくことで、誰でも一定の質で効率よく、個別最適化された対応ができるようにしていく必要があります。

本実証で利用した教材「キッズコードレシピ」について

本実証で利用した教材「キッズコードレシピ」について
子どもが好むゲームやアートなどのプログラミング作品を、初心者でも簡単につくりながら学べる教材「キッズコードレシピ」を提供。プログラミングの知識を詰め込むのではなく、作品を完成させる過程で自然と理解が進むような内容になっています。完成後は、自分なりのアレンジができるような問いかけを行い、探究を促しています。
下記のURLから無料で利用可能です(利用者数50万人/2022年3月現在)。会員登録・インストール不要。
https://kidsc2.org/


お問い合わせ先

future_academy@hakuhodo.co.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名あらゆる家庭環境の子どもに開かれた​ピア・ラーニング型「放課後プログラミング​クラブ」のチュートリアルパッケージ開発実証​
受託事業者名一般社団法人Kids Code Club
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域全国(オンライン)
対象
対象学年小学3年生~中学3年生

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 学習指導要領に紐づいた体験型授業「ABSL(A...

    企業プログラムや多様な社会教育施設のプログラムなど、児童生徒がわくわくしながら体験的に学べるコンテンツを開発・整理し、将来的には教科の...

    詳しくはこちら学習指導要領に紐づいた体験型授業「ABSL(Active Based Subject Learning)」の開発・実証

  • 教員とZ会サポーターによる、AI教材を用い...

    AIと人の指導を掛け合わせた  「修得のスピードアップ」と「理解の深化」の両立を実現を目指します。

    詳しくはこちら教員とZ会サポーターによる、AI教材を用いた、学校での数学の教科指導の最適化

  • 広域下における地域部活動導入のための、拠...

    岩見沢市では、少子化が進んでいる影響から、チームスポーツを中心に部活動の維持が困難な状況になってきている。このことから、部活動を行って...

    詳しくはこちら広域下における地域部活動導入のための、拠点校化に伴う移動問題に関する個別論点F/S事業

  • 高齢化したニュータウン(リビングラボ)を...

    ●多世代交流型の様々な事業を通じて、(高齢世代を中心とする) 地域住民に多様な能力発揮の場・貢献機会を創り出すこと。● そのような様々な事...

    詳しくはこちら高齢化したニュータウン(リビングラボ)を学び場とした人材育成プログラム

  • 旅のミライへ!地域と紡ぐ「観光」教育プロ...

    小学校から高校まで、観光産業の知識や構造に関する知識を習得し、仮想旅行や観光政策の検討など、観光への取組みが経済効果をもたらすのか、「...

    詳しくはこちら旅のミライへ!地域と紡ぐ「観光」教育プログラム

  • STEAMライブラリーのコンテンツを自由選択し...

    高等学校の「総合的な探究の時間」のテーマ設定にSTEAMライブラリーを活用するため、 生徒1人ひとりが自分の興味・関心に合わせてコンテンツを...

    詳しくはこちらSTEAMライブラリーのコンテンツを自由選択し探究テーマの設定に活かす

  • 多様な生徒に低コストで対応できる客観性を...

    探究型学習に関する学習履歴および評価は重要であるにも関わらず、評価基準が分からない、手間が掛かるなどの理由から生徒の成長につなげるため...

    詳しくはこちら多様な生徒に低コストで対応できる客観性を担保した探究の科学的なパフォーマンス評価モデル開発~IB評価システムの応用

  • 学校施設を中心とした地域×スポーツクラブ産...

    地域スポーツクラブがサービス業として自立しつつ、部活動の受け皿となりうるための課題抽出し、検証を行う

    詳しくはこちら学校施設を中心とした地域×スポーツクラブ産業の融合による社会システムの検証 ~立教学院版~



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら