ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   「STEAMプログラムハッカソン」事業


目的

学校現場に根付くSTEAMプログラムの開発。合わせて、学校現場に根付くSTEAMプログラムに共通するデザイン原則の開発。

概要

株式会社ベネッセコーポレーションでは、2018年に引き続き「未来の教室」教員研修プログラムを実施します。

株式会社ベネッセコーポレーションでは、2018年に引き続き「未来の教室」教員研修プログラムを実施いたします。
今年度は、「教員自身のワクワク」を起点に学びをSTEAM化する、「STEAMハッカソン」を開催いたします。
『未来の教室』とEdTech研究会委員である木村健太先生を始めとするイノベーティブティーチャーとともに、教育改革の本丸である「授業」のSTEAM化を行います。

参加教員はSTEAMプログラムを創りながら学び、作成プログラムの実践まで行うことを目指しています。
ハッカソンを通じて、学校現場に根付くSTEAMプログラムの開発を行います。合わせて、学校現場に根付くSTEAMプログラムに共通するデザイン原則の開発にチャレンジいたします。

実証環境


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名「STEAMプログラムハッカソン」事業
受託事業者名株式会社ベネッセコーポレーション
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域東京都、神奈川県、埼玉県、石川県
対象
対象者高等学校/中高一貫校教員
対象学年中学および高校全学年

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 農業高校で取り組むスマート農業×STEAM学習...

    ・生徒が自らの興味関心等を起点に、解決したい課題や具体的な解決策を考えるSTEAM学習プログラムの実証 ・専門高校が地域のSTEAM学習拠点とな...

    詳しくはこちら農業高校で取り組むスマート農業×STEAM学習プログラム

  • 就学前からチェンジ・メイカーを育てる 「シ...

    チェンジメイカーを育む上で重要と考えられている「システム思考」教育を就学前段階から導入している米国の先進事例を参考にICTを活用して提供で...

    詳しくはこちら就学前からチェンジ・メイカーを育てる 「システム思考」教育実証

  • 教員とZ会サポーターによる、AI教材を用い...

    AIと人の指導を掛け合わせた  「修得のスピードアップ」と「理解の深化」の両立を実現を目指します。

    詳しくはこちら教員とZ会サポーターによる、AI教材を用いた、学校での数学の教科指導の最適化

  • 高大接続・大学入試改革を見据えた教員向け...

    PBLの指導をできる教員を育成すること。 また地域の企業人や大学生なども巻き込んだ地域ネットワークを構築することで、教員同士が学び合うネッ...

    詳しくはこちら高大接続・大学入試改革を見据えた教員向け教材・研修プログラムの開発・実証

  • 顧客の「横断的体験」を生み出せる「システ...

    産業構造の大きな変化の中で求められる横断的な体験を作り出すための”システムとしてデザインする”という新しいスキルについて定義し、これを習...

    詳しくはこちら顧客の「横断的体験」を生み出せる「システムデザイン人材」を育成する講座の開発

  • お茶大こども園ラボ:幼児期の教育・保育探...

    STEAM実践を通した探究型プロジェクトを開発し、日本の就学前教育変革のハブとして機能するこども園ラボを目指す

    詳しくはこちらお茶大こども園ラボ:幼児期の教育・保育探求プロジェクト開発

  • Hero Makers 「未来の先生」へ至るEMBA型共...

    「世界のあらゆるテクノロジーを集めた教室」と「ソクラテスが教える空っぽの教室」、どちらに自分の子供を任せたいだろうか? そんな示唆的な...

    詳しくはこちらHero Makers 「未来の先生」へ至るEMBA型共創プログラム

  • 「すらら」X「坂城高等学校」 地方の公立ス...

    地方の公立スタンダート校で、英数校の3科目の授業に「すらら」を導入、個別最適化学習を実現することで、次の5つの実証を目指します。 1.生...

    詳しくはこちら「すらら」X「坂城高等学校」 地方の公立スタンダード高校における主要3科目での個別最適化学習の実現




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?