STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   「AI教材すらら」の公立学校教育への導入と発展
  • line
軽井沢高校授業風景のイメージ1
坂城高校授業風景のイメージ2
坂城高校授業風景2のイメージ3
すららロゴのイメージ4

実証事業 報告書

成果報告 (2020年度)

2020年度 の 成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告2020:株式会社すららネットPDF:「未来の教室」実証事業成果報告2020:株式会社すららネット

本事業について

目的

1,より高い学習生産性と学習意欲の向上成果の創出
2.昨年度までの実証成果を他校・他学年に展開すること(軽井沢高等学校と坂城高等学校の新1年生)

概要

地方公立スタンダード校でのEdtechの導入

地方公立スタンダード校でのEdtechの導入

”2019年度未来の実証事業”のパートナーの”長野県坂城高等学校”は、長野県の上田市と長野市の中間に位置する高校で、当時、学校のICT環境は整備開始まもなく、ICTを利用した授業はほとんどない。近隣の学校においてもEdtechを利用した授業実例は極めて少なかった。そうした中で「学習生産性の向上」、「生徒の学習意欲の向上」、「教員の負荷軽減」の3点を主な目標として2019年9月より、実証事業はスタートした。

学習生産性でも、学習意欲でも成果


(※クリックで拡大表示します)

2019年9月からのわずか半年ばかりの期間であったが、該当単元を通常授業で進めたときと比較して40%程度早い学習進度や、既習範囲の学習前後のテストにおいて大幅にポイントを向上するといった学習効果における成果を始めとして、「生徒の学習意欲向上」や「教員の授業準備時間の削減」といった点で成果を示すことができた。また、参画頂いた教員にはEdtechを利用した授業が成立すること、そして、それが効果をもたらし得ることを実感いただけた。(参考:2019年度未来の教室実証事業)

2019年度の課題

一方で、実証事業の中で課題もみえてきた。
最大の課題は、「学習意欲」。高校において、「特定の科目が苦手」という生徒の多くは、単純に科目として苦手ということではない。多くは、中学までの学習において、その科目についての興味や関心を失している事が少なくない。興味がない科目の学習の生産性は当然あがりにくい。これまで(中学まで)以上に、科目への興味や関心をもたらすための工夫が必要となることを感じた。

「学習意欲の向上」と「対象範囲の拡大」を目指す


(※クリックで拡大表示します)

そこで、今年は以下の2つを主目的と据えて、実証事業を進めた。
ひとつは、先に上げた「学習意欲」を向上させる取り組みの強化。「すらら」を利用することで、より個別最適な学びが提供できるようになったことや、「すらら」に任せる事によって生まれた教員の余力を利用することで「意欲」に働きかける授業を展開する。

「2年目の発展」と「軽井沢高校での実証」


(※クリックで拡大表示します)

そこで、今年は同じ長野県の別の学校、長野県軽井沢高校と組み、1年生において実証事業を進め、昨年度の坂城高校を超える成果の創出を目指した。
また坂城高校のにおいても、今年度は1、2年生を対象に実証事業を進める。2年目となる教員を中心に意欲向上と学力向上を両立する学びの実現を目指した。

成果

新たな「スタンダードな授業の風景」

新たな「スタンダードな授業の風景」

教員が壇上ではなく、生徒の脇にいる風景は2019年度も当たり前となっていたが、今年度は、授業内で生徒同士がコミュニケーションを取りながら進める風景が、坂城高校、軽井沢高校ともに、良く見られた。

「はやく」「成果がでる」学び


(※クリックで拡大表示します)

今年度も、昨年度同様、早さや効果という面で成果を示すことができた。特に効果面においては、外部模試による測定で、より客観的な成果となった。2年目となる坂城高校に限らず、取り組み初年度である軽昨年度同様、学習生産性、早さや効果という面で成果を示すことができた。特に効果面においては、外部模試による測定で、より客観的な成果を示すことができた。2年目となる坂城高校に限らず、初年度である軽井沢高校においても、模試結果による成果を示せたことは、今後AIドリルの導入をすすめる他校にとっての意義が大きいと考える。井沢高校においても、模試結果による成果を示せたことは、今後AIドリルの導入をすすめる他校にとっての意義が大きいと考える。

リーディングスキルテストや外部模試における成果


(※クリックで拡大表示します)

また、国語については、外部模試に加えて、リーディングスキルテストにおいて、”係り受け”、”同義文判定”、”イメージ同定”の3つの項目でスコアの向上成果が見られた。

「学んでいくうちに科目への興味が強くなった」


(※クリックで拡大表示します)

意欲の側面では、”授業の進め方が自分にあっているか”や”授業内容がわかったか”といった質問に対して、今回展開したすべての授業においてポジティブな回答が多く、先生方が「すらら」を利用しながら、多様な生徒にあった授業が展開できたことの示す結果となった。また、学習意欲や興味・関心を問う質問についてもポジティブなものが多く、「学ぶにつれて教科への興味関心が深まった」といった回答が見受けられた

非認知スキル等の能力向上の実感


(※クリックで拡大表示します)

また、2019年度の未来の教室実証事業を経て坂城高校で制作された、「自己肯定力」や「協調性」、「主体性」といった卒業後において活きる能力を、生徒が自ら評価する坂城高校ルーブリックにおいて、実証事業前後の評価平均を比較したところ、全項目でその値が向上。「実証事業」を通じた”新たな学び”が知識や技能・意欲に限らず、効力を持つことを示し、学校における”Edtechを利用した学びの価値”にさらなる可能性と希望が見いだせる結果となった。

実証環境

坂城高等学校2年:Chromebook80台、LTE環境
坂城高等学校1年:Surface
軽井沢高等学校1年:Chromebool80台、LTE環境


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名「AI教材すらら」の公立学校教育への導入と発展
受託事業者名株式会社すららネット
実証パートナー名長野県教育委員会、株式会社NTTドコモ
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域長野県埴科郡坂城、長野県軽井沢市
実証校長野県坂城高等学校、長野県軽井沢高等学校
対象
対象者初中等
対象学年高校1年生、高校2年生

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • オンラインでの探究学習による不登校傾向の...

    オンラインで探究学習を行えるようにすることに取り組みました。それによって、コロナ禍においても探究学習を実践し、児童生徒の興味関心を喚起...

    詳しくはこちらオンラインでの探究学習による不登校傾向のある生徒の学習支援

  • 農業高校で取り組むスマート農業×STEAM学習...

    ・生徒が自らの興味関心等を起点に、解決したい課題や具体的な解決策を考えるSTEAM学習プログラムの実証 ・専門高校が地域のSTEAM学習拠点とな...

    詳しくはこちら農業高校で取り組むスマート農業×STEAM学習プログラム

  • Hero Makers 「未来の先生」へ至るEMBA型共...

    「世界のあらゆるテクノロジーを集めた教室」と「ソクラテスが教える空っぽの教室」、どちらに自分の子供を任せたいだろうか? そんな示唆的な...

    詳しくはこちらHero Makers 「未来の先生」へ至るEMBA型共創プログラム

  • 産業界で求められるコンピテンシーから逆算...

    将来のキャリアに適合した非認知能力と、生徒の能力に適合したプロジェクト型学習システムの構築

    詳しくはこちら産業界で求められるコンピテンシーから逆算したPBLの開発・実証プログラム

  • 教員とZ会サポーターによる、AI教材を用い...

    AIと人の指導を掛け合わせた  「修得のスピードアップ」と「理解の深化」の両立を実現を目指します。

    詳しくはこちら教員とZ会サポーターによる、AI教材を用いた、学校での数学の教科指導の最適化

  • 「未来の教室」(学びの場)創出事業〜MaaS...

    AIかつグローバル人材を育成するため、MaaSを題材とし、幅広い層が年間を通じて学べるSTEAM教育のプログラムを構築する

    詳しくはこちら「未来の教室」(学びの場)創出事業〜MaaSをテーマとしたSTEAMコンテンツ実証〜①

  • 『OJaCプロジェクト』 「不登校児童生徒を対...

    1. 不登校児童生徒を対象としたICT在宅学習の実施 2. 人的サポートによる学習効果の定量的調査・測定 3. 学校現場の出席・学習評価のガイドラ...

    詳しくはこちら『OJaCプロジェクト』 「不登校児童生徒を対象としたICT在宅学習モデルの構築」

  • どこでも探究学習プロジェクト(探究学習プ...

    探究学習を普及・促進させるための、全国各地の様々な学びの場における探究学習プログラムの導入実証、及び導入に向けたニーズ・課題の把握・分析。

    詳しくはこちらどこでも探究学習プロジェクト(探究学習プログラムの普及・促進)



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?