STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   STEAMライブラリーを活用した地域連携型「探究」授業支援プログラムの開発
  • line
「杜のスタジアム」にみる次世代都市づくり 高校版のイメージ2

実証事業 報告書

  成果報告 (2022年度)  

成果報告(PDF)を参照いただけます。

テーマB最終報告書 株式会社ナスピアPDF:テーマB最終報告書 株式会社ナスピア

本事業について

目的

「探究」活動によって、学んだ知識・技能を活用する力を児童・生徒達に身につけてもらう。
教員はリスキリングによってコーチング・ファシリテーションに集中し、外部機関との連携による働き方改革を実現する。

概要

「働く」とはなんだろう?

「働く」という、これまであまり考えてこなかったことに向き合うことからはじめました。
「そんなの考えたことない」
「どうする?」
などという声がちらほらと聞かれたため、働く場所が地域であるかどうか別として、まずは考えてみるという目的は達せられました。

自分たちの住む街について考える

自分たちの街の「良いところ」と「変えたいところ」を言語化しました。
漠然とした想いではなく言語化することで、街に対しての捉え方が明確化されました。

街の未来について考える

「どんな街にしたいか」を考えていくにあたって、その手順をSTEAMライブラリーのコンテンツで学びます。

いろんな人に訊きにいく

自分たちの考えた未来を外部の大人達にぶつけてみました。市長、教育委員会、消防署、公共交通機関運営企業、商店街などは将来をどの様に考えているのかを知る体験をしました。
「なんか全然関係ないこと言われました」
など、今の大人達の考えに対する不満も多く聴かれました。

発表をする

自分たちが考えた街の将来と、現在のギャップ。そしてインタビューした先で得た知見を基に発表を行いました。
上手くまとめられた班もあればそうでない班もありましたが、他の班の発表を観ることで、刺激を受けたようでした。

成果

探究授業の「ひな形」を外部の協力で実現

支援者が外部から入り、複数のSTEAMライブラリーを組み合わせ、その学校の目的に応じた授業を組み立てた。
その際に間を埋めるコンテンツをつくり、コンテンツのローカライズまで行う事で、教員は「ひな形」を得ることができ、探究授業の進め方に注力できた。

ワークシートで思考の流れを整理

生徒はワークシートに書き込んでいくことで、自分が考えるべきことの順序を知ることができると同時に、これがログとなって発表用のまとめを行う「ひな形」とすることができた。

実証環境

端末:Chromebook 1人1台(1クラス40台+教員用端末)
ネットワーク:校内無線LAN
その他:ビデオプロジェクタ


お問い合わせ先

future_academy@hakuhodo.co.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名STEAMライブラリーを活用した地域連携型「探究」授業支援プログラムの開発
受託事業者名株式会社ナスピア
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域三重県熊野市
実証校三重県立木本高等学校
対象
対象学年高校1年生

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 「奨学金の創設」「持続可能な財源確保」「...

    詳しくはこちら「奨学金の創設」「持続可能な財源確保」「学校施設の有効活用」を通じた持続可能な部活動改革と文化・スポーツ体験格差解消の両立

  • 公教育と民間教育の連携実証 ~「自立学習RE...

    「自立学習RED」の基幹エンジンであり、AIを活用した個別最適化学習プログラムである「eフォレスタ」を公教育向けに再定義した上で、学校現場の...

    詳しくはこちら公教育と民間教育の連携実証 ~「自立学習RED」の公教育導入実証~

  • 温泉旅館街(リビングラボ)を学び場とした...

    全国の温泉街における課題解決を題材としたイノベーション人材教育プログラム 全国にある温泉旅館街に、展開可能な人材教育プログラムとして、...

    詳しくはこちら温泉旅館街(リビングラボ)を学び場とした人材育成プログラム

  • 音楽×算数×プログラミングの横断的学習プロ...

    STEAM教育を普及させるため、音楽・算数・プログラミングを横断的に学べるMusic Blocksとカリキュラムを開発し、小学校へ無償で配布しています。...

    詳しくはこちら音楽×算数×プログラミングの横断的学習プログラム(Music Blocksの公教育導入実証)

  • 音楽の授業でのSTEAM的探究

    これまであまり実践例のない音楽で「探究学習」の要素を取り込んだりすることで本来の意味での「学びのSTEAM化」事例を創出したいと考えた。

    詳しくはこちら音楽の授業でのSTEAM的探究

  • Edtechを利用した探究と教科学習の連動によ...

    詳しくはこちらEdtechを利用した探究と教科学習の連動によるDX人材の育成モデル創出

  • 楽しくなければ「STEAM」じゃない!「見て」...

    探究学習に対するニーズはあるものの、準備に時間がかかり、探究学習に使えるツールが整っていない、やり方がわからないなどの課題があるため、...

    詳しくはこちら楽しくなければ「STEAM」じゃない!「見て」、「触って」、「感じる」=【ワクワク体験型】STEAM

  • 『ハッケンLENS 〜リアルテックベンチャーの...

    ①STEAMライブラリをアントレプレナーシップ教育の文脈で活用できるか検証、②起業ゴールではない起業家”精神”教育に資する教材開発、③反転学習と...

    詳しくはこちら『ハッケンLENS 〜リアルテックベンチャーの姿から学び、社会のために小さな一歩を踏み出す〜』 |勝田高等学校・上野中学校での実践事例



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら