ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   震災復興からのSDGs@釜石を題材にした人材育成プログラム
/existing/verify/image/b0023/016_mv_01.jpg
/existing/verify/image/b0023/016_mv_02.jpg
/existing/verify/image/b0023/016_mv_03.jpg
/existing/verify/image/b0023/016_mv_04.jpg
/existing/verify/image/b0023/016_mv_05.jpg
目的

・現実の社会課題を題材とした、実践的能力開発プログラムの構築。 ・主体性、課題設定・発見力等を身につけた「課題解決・変革型人材」の育成。

概要

震災復興からのSDGs@釜石を題材にした人材育成プログラムの概要用画像1

震災復興から「持続可能な社会の実現」を目指している岩手県釜石市。
ここを舞台とした、現実の社会課題解決に取り組む実践的能力開発プログラムの構築をする。

東日本大震災から7年。東北沿岸部でまだ課題が山積するものの初期の応急期を終え、 1000年に1度といわれる「復興」から「創生」に向かうまちづくりが行われている。
10ヶ年計画として策定した復興まちづくり基本計画の中で、真の復興に向けた最重要課題とされているのは「持続可能な社会の実現」。

「人口減少」「少子高齢化」「産業衰退」といった課題が山積する中、地域内外から様々なプレイヤーが集結し、持続可能な産業創造やイノベーション創出に取り組んでいる。
この地域課題に本気で取り組んでいる環境に飛び込こみ、行政、民間、市民、さまざまなセクターと協力しながら課題解決に取り組むことで、参加者が「課題解決・変革型人材 / チェンジメーカー」へと変化していく。

本事業では、これからの社会に求められる「主体性」「課題設定・発見力」などを身につけ、活動終了後も各々のフィールドで活躍できるようキャリアコンサルティングまで含めたプログラム開発を行う。

震災復興からのSDGs@釜石を題材にした人材育成プログラムの概要用画像2

古くから津波被害、基幹産業であった鉄鋼業の縮小など、さまざまな困難を、地域内外の多様な人材を受入れながら協力し合って発展する文化がある釜石市。社会・経済情勢の変化を受容し、しなやかにまちを作ってきた「変化に対して開かれている」DNAが脈々と受け継がれてきている。

震災復興からのSDGs@釜石を題材にした人材育成プログラムの概要用画像3

震災後、10万人以上の方がボランティアやインターンとして釜石を訪れている。さらに、企業から転職、移住、起業した方や大学生インターン、地域の大学、NPO、自治体、さまざまな方とのコラボレーションが進み、「持続可能な社会の実現」に向けて取り組んでいる。

震災復興からのSDGs@釜石を題材にした人材育成プログラムの概要用画像4

今回のプログラムは、東京と釜石、2箇所でのプログラムで構成される。
初めに、東京でチェックイン(講義&ワークショップ)を行い、チームビルディングやフィールドワークに向けての基礎的なインプットを行う。
その後、実際に釜石に行き、フィールドワークを2回開催し、釜石の課題発見・設定・解決に取り組む。
最後に、東京でチェックアウト(講義&ワークショップ)を行い、今回の体験が今後のキャリアに接続するようリフレクション行う。
プログラム中は、4~5名でチームを編成し、1チームにつき1人のメンターが伴走することで、プログラムの効果を高める。

中間報告

『「未来の教室」実証事業中間報告:株式会社PASONA』の中間報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業中間報告:株式会社PASONAPDF:「未来の教室」実証事業中間報告:株式会社PASONA

成果報告

『「未来の教室」実証事業成果報告:株式会社PASONA』の成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告:株式会社PASONAPDF:「未来の教室」実証事業成果報告:株式会社PASONA

実証環境


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名震災復興からのSDGs@釜石を題材にした人材育成プログラム
受託事業者名株式会社パソナ
実証パートナー名株式会社パソナ東北創生、キャプラン株式会社、株式会社Ridilover
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域岩手県:釜石市
対象
対象者社会人教育

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 学習指導要領に紐づいた体験型授業「ABSL(A...

    企業プログラムや多様な社会教育施設のプログラムなど、児童生徒がわくわくしながら体験的に学べるコンテンツを開発・整理し、将来的には教科の...

    詳しくはこちら学習指導要領に紐づいた体験型授業「ABSL(Active Based Subject Learning)」の開発・実証

  • ルールメイカー育成プロジェクト 〜ルールを...

    学校における慣習・ルールなど変えられないものと思い疑ってこなかったものを題材に、生徒・先生・保護者が対話を重ね、その存在意義や捉え直し...

    詳しくはこちらルールメイカー育成プロジェクト 〜ルールを学び、対話的に課題解決する力を育む実証事業〜

  • EdTech時代におけるアナログな「レジデンシ...

    EdTech時代に必要な、居住型教育機関としての寮 「レジデンシャル・カレッジ」を日本で実現し、根付かせるための基礎づくりを行います。

    詳しくはこちらEdTech時代におけるアナログな「レジデンシャル教育」の実施と開発

  • 公教育と民間教育の連携による、個別最適化...

    Society5.0で実現されるべき「個別に最適化された学び」には、学校教育と民間教育の協力・連携が理想的であり、そのひとつの形を実証するため。

    詳しくはこちら公教育と民間教育の連携による、個別最適化された学びの未来の形

  • 「未来の教室」(学びの場)創出事業〜MaaS...

    AIかつグローバル人材を育成するため、MaaSを題材とし、幅広い層が年間を通じて学べるSTEAM教育のプログラムを構築する

    詳しくはこちら「未来の教室」(学びの場)創出事業〜MaaSをテーマとしたSTEAMコンテンツ実証〜①

  • 自ら課題を発見・設定するPBLの開発とその実...

    ・中高生がゼロから課題を発見・設定するPBLの開発と提供 ・中高生がゼロから課題を発見・設定することを支援するための社会人向け研修の開発と...

    詳しくはこちら自ら課題を発見・設定するPBLの開発とその実証~地域企業価値最大化プログラム~

  • 企業におけるロボット活用を促進する「ロボ...

    ロボットシステム全体の設計を統括する「ロボットシステムエンジニア」のスキル標準を策定するとともに、ロボットシステムエンジニアの早期育成...

    詳しくはこちら企業におけるロボット活用を促進する「ロボットシステムエンジニア」を育成する講座の開発

  • 公教育と民間教育の連携実証 ~「自立学習RE...

    「自立学習RED」の基幹エンジンであり、AIを活用した個別最適化学習プログラムである「eフォレスタ」を公教育向けに再定義した上で、学校現場の...

    詳しくはこちら公教育と民間教育の連携実証 ~「自立学習RED」の公教育導入実証~




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?