STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   二宮町の部活動の受け皿としての地域スポーツクラブの創出と地方活性への可能性の検証
  • line
二宮町吾妻山からのイメージ1
フットサルシーン1のイメージ2
フットサルシーン2のイメージ3
フットサルシーン3のイメージ4

実証事業 報告書

  成果報告 (2021年度)  

2021年度 の 成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来のブカツ」実証事業成果報告2021:株式会社JTBPDF:「未来のブカツ」実証事業成果報告2021:株式会社JTB

本事業について

目的

町内スポーツクラブを巻き込み、町の部活動の受け皿としてのスポーツクラブを発足。町が抱える人口減少問題を解消するとともに、地域活性の起爆剤とすることを検討する。

概要

二宮町の現状と課題


(※クリックで拡大表示します)

二宮町は、神奈川県の県西に位置する人口27,583人(2020年5月現在)面積9.08㎢の自治体です。相模湾に面し、温暖な気候で東京から70㎞(約1時間20分)の距離であるが、近年は少子高齢化、人口減少が止まらず2014年の日本創生会議では「2040年に消滅の可能性がある自治体」と指摘されています。

今回の実証事業における二宮町の課題とゴールは3つあります。
①人口減少・少子化に伴う部員数の減少
②学校教員の働き方改革
③地域スポーツクラブの効果的・効率的な運営

ラビッツクラブ湘南二宮


(※クリックで拡大表示します)

ラビッツクラブ湘南二宮は、2015年11月行政と町民有志で設立準備委員会を発足。「町民の町民による町民のためのスポーツクラブ」の理想を掲げ2017年に会活動開始いたしました。今回は、部活動の地域クラブ移行の受け皿に向けた課題抽出と検証、フットサルの種目の実施運営の業務を行いました。

実証概要モデルの検証


(※クリックで拡大表示します)

今回の実証事業の中で、地域の課題をふまえ、まずは目指すべき姿を構築いたしました。地域クラブが継続できるモデルを前提として、産学官がヨコで連携すること、学校教育と社会教育がタテの連携を行うことをポイントとして検討しました。JTBとしては、このスキームの構築に向けてステークホルダーとなるパートナーへヒアリングを行ったり、サステナブルな経営を考えマネタイズ方法を企業側にヒアリンを行い検証を行いました。

実証にあたっての検証ポイント


(※クリックで拡大表示します)

成果

実証事業の運営内容


(※クリックで拡大表示します)

二宮中学校・二宮西中学校の全校生徒に声をかけて、フットサルの種目を実施しました。ラビッツクラブ湘南二宮が指導を行いました。
中学校の学習指導要領に、クラブのコンセプトを組み合わせ、指導マニュアルも作成して実施。指導のクオリティを維持すること、新しい指導者や他の種目の指導者にも共有することで、全体の指導レベルをあげることに努めました。
また、参加生徒からは「初めてフットサルをやったが、とても楽しかった、継続してもらいたい」「フットサルの基本を教わり、サッカーに活かしたい」「ボールをたくさんさわれて、ゴールもたくさん決めれて楽しかった」との声が上がりました。

実施アンケート(教員、生徒、保護者)


(※クリックで拡大表示します)

教員には「部活動の地域クラブ移行」説明後に現状の部活動の取り組みに関する率直な感想やご意見をいただき、今後に向けた課題や多くの示唆をいただきました。
生徒と保護者には、実施事業終了後にアンケートと実施時のインタビューにもとに検証を行いました。生徒からはフットサルの満足度が80%だったこと、部活動に対する姿勢が「スポーツを楽しむ」ことであることがわかりました。また保護者は、部活動に期待することは「友達づくり」や「体力向上」であり、競技レベルを求める方は少ないことがわかりました。
勝利至上主義を求めるよりも、エンジョイ志向の傾向であることが明らかになりました。

目指すべき姿(JTB・ラビッツクラブ湘南二宮 案)


(※クリックで拡大表示します)


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名二宮町の部活動の受け皿としての地域スポーツクラブの創出と地方活性への可能性の検証
受託事業者名株式会社JTB
実証パートナー名ラビッツクラブ湘南二宮
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域神奈川県二宮町
実証校二宮町教育委員会、二宮町立二宮中学校、二宮町立二宮西中学校
対象
対象学年中学校1年〜3年

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • シェア型オンライン教育支援センター room-K

    新しい不登校支援の選択肢である「シェア型オンライン教育支援センター」の導入自治体拡大に向け、「自治体との汎用的な連携スキーム」を開発し...

    詳しくはこちらシェア型オンライン教育支援センター room-K

  • 「すらら」X「坂城高等学校」 地方の公立ス...

    地方の公立スタンダート校で、英数校の3科目の授業に「すらら」を導入、個別最適化学習を実現することで、次の5つの実証を目指します。 1.生...

    詳しくはこちら「すらら」X「坂城高等学校」 地方の公立スタンダード高校における主要3科目での個別最適化学習の実現

  • スポーツのワクワクから学び(数学・理科・...

    “遊び”かつ“ゲーム”であるスポーツのワクワク感を活用し、子ども達の「主体的・対話的で深い学び」に繋げるプログラム(教材、手法)の開発

    詳しくはこちらスポーツのワクワクから学び(数学・理科・プログラミング)への連結プログラム

  • 特別支援教育における 『 IT クリエイティブ...

    特別支援学校の生徒のITに係る可能性を引き出し、より伸ばすことで、特別支援教育における「ITを使ったクリエイティブ教育」のあり方・実践方法...

    詳しくはこちら特別支援教育における 『 IT クリエイティブ教育 』のあり方を探究する実証事業

  • 『OJaCプロジェクト』 「不登校児童生徒を対...

    1. 不登校児童生徒を対象としたICT在宅学習の実施 2. 人的サポートによる学習効果の定量的調査・測定 3. 学校現場の出席・学習評価のガイドラ...

    詳しくはこちら『OJaCプロジェクト』 「不登校児童生徒を対象としたICT在宅学習モデルの構築」

  • 楽しくなければ「STEAM」じゃない!「見て」...

    探究学習に対するニーズはあるものの、準備に時間がかかり、探究学習に使えるツールが整っていない、やり方がわからないなどの課題があるため、...

    詳しくはこちら楽しくなければ「STEAM」じゃない!「見て」、「触って」、「感じる」=【ワクワク体験型】STEAM

  • 【Art×プログラミング】 対話型鑑賞と光空間...

    ・実証実験を増やしコンテンツをブラッシュアップさせる ・認知度を向上させる

    詳しくはこちら【Art×プログラミング】 対話型鑑賞と光空間のプログラミング

  • 学校内オルタナティブ教育に関する実証

    不登校・不登校傾向にある生徒に、ICTを活用した「教室」以外の場(「和ルーム」や自宅)における、個別学習計画の作成や学びの場を提供する。そ...

    詳しくはこちら学校内オルタナティブ教育に関する実証



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら