STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   ルールメイカー育成プロジェクト2021
  • line
ルールメイカー育成プロジェクト2021のイメージ1
ルールメイカー育成プロジェクト2021のイメージ2
ルールメイカー育成プロジェクト2021のイメージ3
のイメージ4

実証事業 報告書

  成果報告 (2021年度)  

2021年度 の 成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告2021:認定特定非営利活動法人カタリバ PDF:「未来の教室」実証事業成果報告2021:認定特定非営利活動法人カタリバ

 資料 

資料『みんなのルールメイキング宣言』を参照いただけます。

みんなのルールメイキング宣言PDF:教員用ガイドライン 

本事業について

目的

既存の校則やルールに対して生徒が主体となり、先生・保護者などの関係者との対話を重ね納得解をつくること(ルールメイキング)を通して、課題発⾒・合意形成・意思決定をする⼒(市民性”シティズンシップ”)を育むプロジェクトです。

概要

プログラム開発・先進事例づくり

プログラム開発・先進事例づくり

昨年度開発したプログラムを元に、多種多様な学校に対応できるルールメイキングプログラムを開発しました。本プロジェクトの実証事業校募集に応募・採用された、私立、公立、都会、地方、大規模、小規模など、様々な特徴を持った11の新規実証事業校にてプログラムを実施することで、多種多様な学校に対応できるルールメイキングプログラムとして完成させることを目指し、ルールメイキングコーディネーターを派遣する個別伴走支援を行いました。

交流支援

交流支援

ルールメイキングに取り組む生徒が学校を超えて交流する環境を構築し、オンライン上で合計140名以上が集まりました。同世代の友人の活動に刺激を受け、多様な意見に触れることで視野を広げる学び合いの機会を作りました。

学校自走支援モデル開発

学校自走支援モデル開発

校則見直しに取り組みたい先生・学校・自治体・学校関係者の方へに対して、ルールメイキングの導入支援サポート(教材提供・研修)を提供するパートナー校を募集し、ルールメイキングの自走が可能となるよう、非ハンズオン支援を行いました。個別伴走しない支援モデルを開発することで、次年度以降の自走モデルの一つとなることを目指しました。

ムーブメントづくり

ムーブメントづくり

ルールメイキングの認知拡大および情報発信を行うためTwitter、YouTube、note等のSNSアカウントの開設・運用を実施。
さらに公式サイトのリニューアルやSEO対策により、検索流入・SNS流入を獲得を図りました。
ルールメイキングの認知施策として新聞、WEBメディア、TV、ラジオ等のメディアへの取材・掲載を目的とした広報活動のほか、note株式会社と連携したキャンペーンを実施し、校則にまつわる考えやアイデアを広く募集しました。

自治体伴走支援モデル開発

自治体の教育委員会職員にノウハウを提供することで、効率的にルールメイキングを広めるモデルを開発しました。
2つのの自治体で異なる体制をつくりながら、自治体内での自律的な取り組みへの発展に向けた知見を生み出しました。

成果

ルールメイキング宣言の策定

ルールメイキング宣言の策定

校則見直しに携わる生徒や先生、一般公募で集まった中高生有志メンバー、さまざまな専門分野の有識者サポーターらの約半年にわたる検討の末、ルールメイキングに関わるすべての人が立ち帰れるような指針をまとめた宣言として「ルールメイキング宣言」を策定しました。

実証事業校の実践

実証事業校の実践

校則の見直しが実現した学校があっただけでなく、ルールメイキングへの参加を通して、自分の意見を考えや価値観の異なる他者への傾聴の姿勢が生まれ、対話を通して互いの意見の背景を理解しようとする生徒の様子が見受けられました。1年間を振り返るルールメイキングフォーラム2021では、各校がルールメイキング実践から得た学びを言語化し、発信しました。

実証環境

・端末:各実証事業校で通常使用するPC、タブレット
・その他:遠隔での活動の際はオンラインミーティングサービスZoomを使用


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名ルールメイカー育成プロジェクト2021
受託事業者名認定特定非営利活動法人カタリバ
実証パートナー名広島県教育委員会/福井県教育委員会
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域全国
実証校・泉大津市立小津中学校 ・大垣市立大垣東中学校 ・大阪夕陽丘学園高等学校 ・駒場学園高等学校 ・四條畷学園中学校 ・自由学園中等科高等科 ・千葉県立姉崎高等学校 ・栃木県立足利清風高等学校 ・ドルトン東京学園中等部 ・ノートルダム女学院中学高等学校 ・山形県立遊佐高等学校
対象
対象学年中学校1年生~高校3年生

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • アントレプレナーシッププログラムの汎用化...

    <学びの効果の視点>「探究的学び」の一形態としてのアントレプレナーシップ教育の効果を実証すること <展開可能性の視点>上記を高等学校の...

    詳しくはこちらアントレプレナーシッププログラムの汎用化に向けた実証事業

  • 顧客の「横断的体験」を生み出せる「システ...

    産業構造の大きな変化の中で求められる横断的な体験を作り出すための”システムとしてデザインする”という新しいスキルについて定義し、これを習...

    詳しくはこちら顧客の「横断的体験」を生み出せる「システムデザイン人材」を育成する講座の開発

  • 企業幹部(候補)向けの社会的企業派遣プロ...

    日本経済を牽引する大企業役員・役員候補を社会課題の前線で活動するNPOに派遣し、企業役員には実践を通じたリカレント学習、NPOには経営改善の...

    詳しくはこちら企業幹部(候補)向けの社会的企業派遣プログラム~Executives For Change

  • 新しい「教員向けファシリテーション研修」事業

    社会問題をテーマとした生徒の探究を支援する教員の育成を通じて、中高生および教員における社会問題に対する視点やモチベーション、課題設定力...

    詳しくはこちら新しい「教員向けファシリテーション研修」事業

  • 就学前からチェンジ・メイカーを育てる 「シ...

    チェンジメイカーを育む上で重要と考えられている「システム思考」教育を就学前段階から導入している米国の先進事例を参考にICTを活用して提供で...

    詳しくはこちら就学前からチェンジ・メイカーを育てる 「システム思考」教育実証

  • 二宮町の部活動の受け皿としての地域スポー...

    町内スポーツクラブを巻き込み、町の部活動の受け皿としてのスポーツクラブを発足。町が抱える人口減少問題を解消するとともに、地域活性の起爆...

    詳しくはこちら二宮町の部活動の受け皿としての地域スポーツクラブの創出と地方活性への可能性の検証

  • 学校内オルタナティブ教育に関する実証

    不登校・不登校傾向にある生徒に、ICTを活用した「教室」以外の場(「和ルーム」や自宅)における、個別学習計画の作成や学びの場を提供する。そ...

    詳しくはこちら学校内オルタナティブ教育に関する実証

  • 地域課題を題材とした企業研修プログラム

    STEAM人材育成のための企業研修として、地域の社会課題を題材としたプログラムの実証を行う。 また、研修会社と連携し、自走化のための企業の費...

    詳しくはこちら地域課題を題材とした企業研修プログラム



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら