STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   ものづくり(FAB)×課題解決のワクワクを学びへ連結する教育プログラム (FABLABの公教育導入実証)
  • line
/existing/verify/image/a0002/008_mv_01_pc.jpg
/existing/verify/image/a0002/008_mv_02_pc.jpg
/existing/verify/image/a0002/008_mv_03_pc.jpg

実証事業 報告書

中間報告 (2018年度)

2018年度 の 中間報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業中間報告:一般社団法人国際STEM学習協会PDF:「未来の教室」実証事業中間報告:一般社団法人国際STEM学習協会

成果報告 (2018年度)

2018年度 の 成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告:一般社団法人国際STEM学習協会PDF:「未来の教室」実証事業成果報告:一般社団法人国際STEM学習協会

本事業について

目的

1.高等学校の情報科目での授業カリキュラム構築と実証 2. 学生サポーター育成のための集中研修(FAB CAMP)プログラム開発と実証 3. チェンジ・メイカーが制作を進めるための創作空間FAB SPACE (リアル / クラウド制作空間)の設置と授業外での活動サポートの有効性の実証

概要

ものづくり(FAB)×課題解決のワクワク⇒学びへの連結 (FABLABの公教育導入実証)の概要用画像1

ものづくり(FAB)×課題解決のワクワク⇒学びへの連結 (FABLABの公教育導入実証)の概要用画像2

ものづくり(FAB)×課題解決のワクワク⇒学びへの連結 (FABLABの公教育導入実証)の概要用画像3

ものづくり(FAB)×課題解決のワクワク⇒学びへの連結 (FABLABの公教育導入実証)の概要用画像4

成果
実証環境

ノートパソコン(microsoft surface laptop 40台)、3Dプリンタ(AFINIA H400)、レーザーカッター(Trotec )、IoT Kits(SONY MESH)、iPad、Adobe Illustrator、Autodesk App 等

未来に備えるのではなく、未来をつくり出す力を身につける

つくりたいもの、解決したい課題から取り組んでいく
詰め込み型の知識の習得方法とは異なり、FABやSTEMが目指している取り組みは「つくりながら考える」実践型の学習のアプローチが特徴です。それは、必要な知識を必要な時に調べ、身につけていく手法でもあります。主体的な学習として、まず何をしたいか、どんな課題を解決したいか。そのためにどのようなアプローチが有効かを 学習者自身が手を動かし、試行錯誤する姿勢を重要視しています。

一番深刻な課題とは?

“つくりたいものが思いつかない” 問題
テクノロジーはとてもパワフルですが、あくまでもツールです。ツールの使い方を覚えても、「発想できない」「新しいことが思いつかない」という学生が非常に多いです。国際STEM学習協会では、この状況をとりわけ深刻な課題として位置づけています。そのため、アイデアを形にする初期の段階として、発想法に力を入れています。アイデアや発想力は鍛えることができるということを早い段階で知る必要があるからです。

プロトタイピングとドキュメンテーション

アイデアを形にするプロセスを身につける
アイデアを形にするために、どのようなプロセスが必要なのかを実際に手を動かしながら学んできます。マイプロジェクト(オリジナルのアイデア)を起点に、学習者自らがチェンジ・メイカーになるために必要なプロトタイピングスキルと情報リテラシーを身につけていくことを目指しています。制作プロセスをドキュメンテーションしていくことも重要なポイントです。

「つくる・つたえる」 世界中のFABプロジェクトのためのプラットフォーム

制作プロセスを記述し、シェアする文化の一員へ
本事業では、全ての学生がFabble(ファブル)というドキュメンテーションプラットフォームのアカウントを持ち、制作プロセスを記述していきます。他の学生の進捗状況を知るだけでなく、自分のプロジェクトを論理的にまとめ、発信し、伝える力を、ページをつくりながら培っていきます。日々のレポートや画像、動画、モノのデータも共有することが可能です。

お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名ものづくり(FAB)×課題解決のワクワクを学びへ連結する教育プログラム (FABLABの公教育導入実証)
受託事業者名一般社団法人 国際STEM学習協会
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域神奈川県:藤沢市
実証校湘南学園中学校高等学校
対象
対象者湘南学園中学校高等学校 高校1年生
対象学年高校1年生

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 若者の自殺対策@小布施町を題材にした人材...

    複雑で個別化した社会のニーズへの対応を必要とする地域課題を取り上げ、多様な当事者へのヒアリングや調査、事業構想などを通じて、社会変化に...

    詳しくはこちら若者の自殺対策@小布施町を題材にした人材育成プログラム

  • 『OJaCプロジェクト』 「不登校児童生徒を対...

    1. 不登校児童生徒を対象としたICT在宅学習の実施 2. 人的サポートによる学習効果の定量的調査・測定 3. 学校現場の出席・学習評価のガイドラ...

    詳しくはこちら『OJaCプロジェクト』 「不登校児童生徒を対象としたICT在宅学習モデルの構築」

  • Hero Makers 「未来の先生」へ至るEMBA型共...

    「世界のあらゆるテクノロジーを集めた教室」と「ソクラテスが教える空っぽの教室」、どちらに自分の子供を任せたいだろうか? そんな示唆的な...

    詳しくはこちらHero Makers 「未来の先生」へ至るEMBA型共創プログラム

  • 個別教育計画とEdTech教材による不登校傾向...

    EdTech教材を活用することで、生徒一人ひとりの興味・進度・意欲に応じた学習を先生の負担を増やさないように実現したうえで、他校でも再現でき...

    詳しくはこちら個別教育計画とEdTech教材による不登校傾向のある生徒の学習支援

  • オンラインエデュケーションハブ i.Dare(...

    「あなたは、なにがしたい?」 i.Dareでは、オンラインミーティングとオフライン合宿を通じ、自己選択の積み重ねを大事にしています。正解のな...

    詳しくはこちらオンラインエデュケーションハブ i.Dare(イデア)

  • 実社会と学校を繋ぐSTEAMプログラムの開発&...

    学校での学びと実社会で必要とされる考え方や科学技術には未だ大きな乖離がある。そこで、この取り組みでは、学校での学びと実社会を繋げるべく...

    詳しくはこちら実社会と学校を繋ぐSTEAMプログラムの開発&実証実験

  • 企業経営を人材と組織の面から支える「人事...

    経営環境変化に対応して、事業構造や組織を変革を、人材や組織の面から推進できる「人事プロフェッショナル(人や組織に専門性をもったビジネス...

    詳しくはこちら企業経営を人材と組織の面から支える「人事プロフェッショナル」を育成する講座の開発

  • 幼小中統合型 個別最適・自立学習環境 i.Dar...

    年齢縦断型の環境で共有体験を通し自尊感情を育み、発達段階の違いに合わせた学びの機会を自己決定により選択し、自己到達度を更新しながら自ら...

    詳しくはこちら幼小中統合型 個別最適・自立学習環境 i.Dare(イデア)



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら