ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   高校生向けインターン普及を通じた地方中小企業×教育のムーブメントの創出


目的

地域社会・産業界と教育現場を繋ぎ、高校生が自身のキャリアを考えながら地域産業や社会を知ることができる「フィールドスタディプログラム」の構築。

概要

本実証事業は、高校生の身近にある企業や住んでいる地域の経済圏を“リアルな教材“として扱い、学びの題材として“地域企業が抱える課題”に焦点を当てたプログラムです。本プログラムを通して、高校生は自身のキャリアを考えながら地域や社会を知ることができ、地域への関わり方を『自分事化』して考えることができます。これにより、将来的な地域経済の担い手の育成のほか、Uターン就職といった地域企業への人材還流なども期待できるプログラムとなっています。

今回の実証対象としては、地域企業と接する機会が少ない「進学希望」の高校生を想定しており、早い時期からの地域企業・産業界との接点の創出を目指します。また、高校生を受け入れる地域の企業は、地域未来牽引企業や商工会議所に所属する企業を中心にご協力いただき、最終的には学生・企業双方における、将来の地域産業活性化に繋げていきます。

高校生が訪問する企業は、AIを活用し選定します。高校生の興味関心やパーソナリティなどに基づき企業をマッチングさせることで、高校生がまだ気付いていない地域の魅力ある企業への気付きを促進します。

<後援>前橋市、熊本市

成果報告

『「未来の教室」実証事業成果報告:株式会社マイナビ』の成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告:株式会社マイナビPDF:「未来の教室」実証事業成果報告:株式会社マイナビ

実証環境

高等学校の教室、地域の企業


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名高校生向けインターン普及を通じた地方中小企業×教育のムーブメントの創出
受託事業者名株式会社マイナビ
実証パートナー名札幌市役所、前橋市役所、前橋商工会議所、浜松商工会議所、熊本市役所
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域熊本県:熊本市
対象
対象者高校生、高校教諭、社会人

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • アダプティブラーニングによる知識・技能の...

    アダプティブラーニングを活用した学習の効率化(学習時間の短縮)と学習効果の向上を検証する。さらに、効率化によって創出された時間を使い、...

    詳しくはこちらアダプティブラーニングによる知識・技能の習得(AI教材「Qubena」の公教育への導入実証)とSTEAM教育の実践

  • 地域課題を題材とした企業研修プログラム

    STEAM人材育成のための企業研修として、地域の社会課題を題材としたプログラムの実証を行う。 また、研修会社と連携し、自走化のための企業の費...

    詳しくはこちら地域課題を題材とした企業研修プログラム

  • 「化学分野におけるデジタル人材」を育成す...

    化学分野を担う産官学関係者が本事業を通じて、化学の専門性に加え「データ科学」を活用し、情報とのインターフェースを担う人材を育成するし、...

    詳しくはこちら「化学分野におけるデジタル人材」を育成する講座の開発

  • 認知症ケア施設(リビングラボ)を学びの場...

    チェンジメイクを業務目的とする担当社員に対して、大牟田リビングラボを舞台にサービス開発の実践を通じ、Marketing4.0を超える人間観、コミュ...

    詳しくはこちら認知症ケア施設(リビングラボ)を学びの場とした人材育成プログラム

  • 公教育と民間教育の連携による、個別最適化...

    Society5.0で実現されるべき「個別に最適化された学び」には、学校教育と民間教育の協力・連携が理想的であり、そのひとつの形を実証するため。

    詳しくはこちら公教育と民間教育の連携による、個別最適化された学びの未来の形

  • ルールメイカー育成プロジェクト 〜ルールを...

    学校における慣習・ルールなど変えられないものと思い疑ってこなかったものを題材に、生徒・先生・保護者が対話を重ね、その存在意義や捉え直し...

    詳しくはこちらルールメイカー育成プロジェクト 〜ルールを学び、対話的に課題解決する力を育む実証事業〜

  • 学校体育向け”STEAM Tag Rugby”...

    "STEAM Tag Rugby"の学校体育での普及に向け、全国の教員・指導者が活用できるデジタル教材(指導教本および児童向けワークブック等)を開発する。

    詳しくはこちら学校体育向け”STEAM Tag Rugby”デジタル教材開発

  • 「STEAMプログラムハッカソン」事業

    学校現場に根付くSTEAMプログラムの開発。合わせて、学校現場に根付くSTEAMプログラムに共通するデザイン原則の開発。

    詳しくはこちら「STEAMプログラムハッカソン」事業




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?