ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   企業経営を人材と組織の面から支える「人事プロフェッショナル」を育成する講座の開発


目的

経営環境変化に対応して、事業構造や組織を変革を、人材や組織の面から推進できる「人事プロフェッショナル(人や組織に専門性をもったビジネスリーダー)」の要件定義とその育成プログラムの開発

概要

グローバル競争、少子高齢化、第4次産業革命による技術・ビジネスモデルの破壊的イノベーションの出現といった大きな変化の中で、事業構造や組織変革を人材や組織の面から支える人事部門には、これまで以上に、経営戦略の実行を担い、事業に貢献する役割が求められています。
一方で、多様な人材が働く職場では、個を理解し、その強みを引き出せる人事が一層重要になっています。
本プロジェクトは、こうした認識を踏まえ、社会、会社、働く人々に対して価値を提供できる「人事プロフェッショナル」に必要なスキル、知識、能力の標準を明らかにするとともに、それらを習得するための育成プログラム体系を開発・整備することを目的としています。
また、その普及・定着に努めていくことによって、プログラム参加者が相互に交流を図り、切磋琢磨する人事プロフェッショナルのネットワークを構築していくことを狙っています。

中間報告

『「未来の教室」実証事業中間報告:一般社団法人日本能率協会(人事)』の中間報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業中間報告:一般社団法人日本能率協会(人事)PDF:「未来の教室」実証事業中間報告:一般社団法人日本能率協会(人事)

成果報告

『「未来の教室」実証事業成果報告:一般社団法人日本能率協会(人事)』の成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告:一般社団法人日本能率協会(人事)PDF:「未来の教室」実証事業成果報告:一般社団法人日本能率協会(人事)

実証環境


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名企業経営を人材と組織の面から支える「人事プロフェッショナル」を育成する講座の開発
受託事業者名一般社団法人日本能率協会
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域東京都
対象
対象者将来、日本国内外の企業において人事部門の責任者、Chief Human Resource Officerになることが期待される人事パーソン

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 「未来の教室」(学びの場)創出事業〜MaaS...

    AIかつグローバル人材を育成するため、MaaSを題材とし、幅広い層が年間を通じて学べるSTEAM教育のプログラムを構築する

    詳しくはこちら「未来の教室」(学びの場)創出事業〜MaaSをテーマとしたSTEAMコンテンツ実証〜②

  • 公教育と民間教育の連携実証 ~「自立学習RE...

    「自立学習RED」の基幹エンジンであり、AIを活用した個別最適化学習プログラムである「eフォレスタ」を公教育向けに再定義した上で、学校現場の...

    詳しくはこちら公教育と民間教育の連携実証 ~「自立学習RED」の公教育導入実証~

  • 先生と企業人の交換留学プログラム ~社会...

    教師と企業人が異文化体験を通じ共に学び合うことで「未来の教室」ビジョン第二次提言内「新しい学習基盤づくり 課題3:教師が学び続け、外部...

    詳しくはこちら先生と企業人の交換留学プログラム ~社会的人事異動により知性を磨くリーダーシッププログラム

  • Hero Makers

    私たちが考えるヒーローとは「配られたカード以上の未来を切り開ける存在」です。これからの激動の時代を生きる若者たちは、須らくヒーローであ...

    詳しくはこちらHero Makers

  • CHANGE-MAKER’s Lab.

    本事業の目的は、これまでの一社一プログラム・教科単元連動型の教育支援から、産官学連携・専門性を有する複数企業協働による分野横断型・探究...

    詳しくはこちらCHANGE-MAKER’s Lab.

  • 部活動向け”STEAM Sports”教材開発

    教育現場の指導者のみならず、部活動に所属する生徒自らが活用することを念頭に、体育よりも専門性の高い部活動向けの"STEAM Sports"教材を開発...

    詳しくはこちら部活動向け”STEAM Sports”教材開発

  • 群馬・高崎、福島・大熊プログラム

    ①群馬県高崎市、②福島県大熊町にて、地域の課題を学習者が発掘・設定し、1ヶ月、3ヶ月、あるいは数ヶ月連続的に同じ地域の方々と関わりながら...

    詳しくはこちら群馬・高崎、福島・大熊プログラム

  • 「すらら」X「坂城高等学校」 地方の公立ス...

    地方の公立スタンダート校で、英数校の3科目の授業に「すらら」を導入、個別最適化学習を実現することで、次の5つの実証を目指します。 1.生...

    詳しくはこちら「すらら」X「坂城高等学校」 地方の公立スタンダード高校における主要3科目での個別最適化学習の実現




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?