STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   つくば市での学校施設を活用した収益事業を軸にした部活動の地域移行モデル
  • line
本事業のスポーツクラブロゴのイメージ1
野球クラブ活動の様子のイメージ2
実証事業に対する教員のアンケート結果のイメージ3
パートナーシップ企業のスマートチェックアウト社玉井代表と弊社代表小山のイメージ4

実証事業 報告書

  成果報告 (2022年度)  

成果報告(PDF)を参照いただけます。

テーマD最終報告書 株式会社エンボス企画PDF:テーマD最終報告書 株式会社エンボス企画

本事業について

目的

本プロジェクトではつくば市立みどりの学園義務教育学校の生徒のより良い文化・スポーツ環境の構築とみどりの学園義務教育学校の教員の部活動に係る負担軽減の実現のために、弊社が主管する「みどりのスポーツ&カルチャークラブ」を部活動の受け皿として立ち上げ、スポーツ、文化活動を提供する。また、本プロジェクトの自立的な運営のために、上記以外に児童を対象としたスポーツスクールを実施する。

概要

つくば市みどりので部活動地域移行の受け皿となる地域クラブ&スクールを開校

つくば市みどりのの生徒へより良いスポーツ、文化活動を届けると共に、教員の業務負荷軽減のために、チェーロスポーツグループの主管する地域クラブへ部活動を地域移行を実施すると共に、自立的な運営を目指すため児童向けのスクールを共に立ち上げ、全国に先駆けた部活動地域移行のカタチを実現

成果

地域クラブへの会員数が目標数を達成し、23年度も本事業継続が決定

初年度に部活動に入部する生徒の約80%が受益者負担となる地域クラブ「みどりのスポーツ&カルチャークラブ」に入会し、収益を確保し、スポーツ及び文化活動に取り組む環境を確立できた。この結果23年度も本活動を継続する事が決定した。写真は野球クラブの活動の様子

教員の負担軽減に貢献

本事業の目的であった部活動に係る教員の負担軽減については、多くの教員が負担軽減につながったと回答しており、また本事業に対して賛同し、次年度以降も継続する声が多くあった。本事業が教員の環境改善に繋がった。

スマートチェックアウト社とのパートナーシップにより、経済的な支援を必要とする家庭向けに参加費の支援体制を隔離

弊社パートナー企業である株式会社スマートチェックアウトより協賛金を支援いただき、会費の支払の難しい家庭向けの支援体制を確立。また、スマートチェックアウト社アプリ「Paylight」を導入し、会費徴収の業務負担を大幅に軽減する事に成功。写真左、スマートチェックアウト社玉井代表、写真右弊社代表小山

実証環境

つくば市立みどりの学園義務教育学校の学校施設(グラウンド、体育館、音楽室、テニスコート、多目的室)


お問い合わせ先

future_academy@hakuhodo.co.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名つくば市での学校施設を活用した収益事業を軸にした部活動の地域移行モデル
受託事業者名株式会社エンボス企画
実証パートナー名つくば市教育局、つくば市立みどりの学園義務教育学校、株式会社スマートチェックアウト、株式会社リーバー
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域つくば市みどりの
実証校つくば市立みどりの学園義務教育学校
対象
対象学年義務教育(1年生から9年生)

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 未来の地球学校~創造性の民主化・分断から...

    プレイフルな学びを実現し、誰もが豊かな創造性をもって主体的に活動できる環境を提供。全国、そして世界がつながり、多様なSTEAM探究プログラム...

    詳しくはこちら未来の地球学校~創造性の民主化・分断から共創へ~

  • 学習指導要領に紐づいた体験型授業「ABSL(A...

    企業プログラムや多様な社会教育施設のプログラムなど、児童生徒がわくわくしながら体験的に学べるコンテンツを開発・整理し、将来的には教科の...

    詳しくはこちら学習指導要領に紐づいた体験型授業「ABSL(Active Based Subject Learning)」の開発・実証

  • 音楽×算数×プログラミングの横断的学習プロ...

    プログラミング教育必修化に向け、音楽・算数・プログラミングを横断的に学べるMusic Blocksを小学校で使っていただく。また、教科横断型のMusic...

    詳しくはこちら音楽×算数×プログラミングの横断的学習プログラム(Music Blocksの公教育導入実証)

  • EdTechの学習ログ利活用とPLRによる公共教育...

    学習計画とスタディ・ログをもとに生徒が自らの学習進捗に合わせて学習する、個別最適な指導・学習のユースケース創出を目指し、複数のEdTechサ...

    詳しくはこちらEdTechの学習ログ利活用とPLRによる公共教育内外の連携に関する実証

  • 教員とZ会サポーターによる、AI教材を用い...

    AIと人の指導を掛け合わせた  「修得のスピードアップ」と「理解の深化」の両立を実現を目指します。

    詳しくはこちら教員とZ会サポーターによる、AI教材を用いた、学校での数学の教科指導の最適化

  • 自ら課題を発見・設定するPBLの開発とその実...

    ・中高生がゼロから課題を発見・設定するPBLの開発と提供 ・中高生がゼロから課題を発見・設定することを支援するための社会人向け研修の開発と...

    詳しくはこちら自ら課題を発見・設定するPBLの開発とその実証~地域企業価値最大化プログラム~

  • バーチャル科学館「Virtual Tech World」に...

    詳しくはこちらバーチャル科学館「Virtual Tech World」による新しいサードプレイスの創出

  • 音楽の授業でのSTEAM的探究

    これまであまり実践例のない音楽で「探究学習」の要素を取り込んだりすることで本来の意味での「学びのSTEAM化」事例を創出したいと考えた。

    詳しくはこちら音楽の授業でのSTEAM的探究



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら