STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   教育現場における生成AIの効果的な活用方法と現場導入に向けた課題に関する実証事業
  • line
教育現場における生成AIの効果的な活用方法と現場導入に向けた課題のイメージ1


実証事業 報告書

  成果報告 (2023年度)  

成果報告(PDF)を参照いただけます。

最終報告書 株式会社ベネッセコーポレーションPDF:最終報告書 株式会社ベネッセコーポレーション

本事業について

背景

教員オリジナルの授業実施や学力多層化が存在する中、全国一律の購入テスト活用が主流となっている現状に対し
生成AIを活用したテスト作問により、個別最適な学びに繋がる教育の質向上と業務負担削減を図る。

目指す姿

最終的に「学びの自律化」として子どもが生成AIを活用し学びの成果や疑問に対して瞬時にフィードバックや学習方法が提案されるフェーズ3の実現を目指す。
本実証はフェーズ1として教材の質進化の検証を行った。

概要

プロンプトの研究開発

テスト作問の効率化を目的として、生成AIを利用したテスト問題作成において必要な入力と出力を定義し、汎用的に使えるテンプレートを作成した。さらに授業内容範囲をベースとしたテストや児童の習熟度に合わせた発展内容の作問、学習指導要領を踏まえたテストを作問するプロンプトを開発した。

フィールドでの実証実施

小学校2校にご協力いただき、生成AIでのテスト作問の実証を行った。教員の皆様には、開発したプロンプトを使用したり、ご自身の学年に合わせてカスタマイズしたりしながら、作問を実際に体験してもらった。アンケートやディスカッションを通して、テスト作問に生成AIが有用であるかどうかについて意見を集めた。

成果

①教育の質向上
生成AIのテスト作問に対して、「学校現場に何らかの利点をもたらす」と感じた教員はアンケート結果で96%に上った。具体的には、習熟度や難易度の考慮、授業の内容・進度を反映するなどのカスタマイズ性に期待感があることが明らかになった。学習指導要領などをプロンプトに入れることで問題の質が向上したと感じる教員が多かった一方で、それらのソースを探すのに時間がかかるという課題も指摘された。そのため、教育用生成AI(事前に学習指導要領等を読み込んだものなど)の提供を期待する声も寄せられた。

②業務効率化
「テストを自作する場合と比べて作業時間が削減される」と感じた教員が64%に上り、生成AIがテスト作問の効率化に一定程度寄与することが明らかになった。プロンプト例があると、時間的・心理的な負担が軽減され、期待に近い出力が得られるという意見が多く寄せられた。 しかし、自身の教科・学年のプロンプトを一から作成する場合、それが新たな業務負荷となり、時間削減の幅は小さくなるとの意見もあった。 今後は、プロンプトの作成自体の効率化を図るとともに、画像などを含めた入出力形式の多様化が実現できれば、さらに業務時間の短縮に繋がるとの期待が寄せられた。

実証環境

外部にデータが流出しないセキュアなチャットボット環境を用意し、教員の皆様にはご自身の端末からアクセスしていただき実証を行った。


お問い合わせ先

氏名(フリガナ) :國吉 啓介 (クニヨシ ケイスケ)
メールアドレス:kuniyoshi@mail.benesse.co.jp
電話番号:080-6643-9742

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名教育現場における生成AIの効果的な活用方法と現場導入に向けた課題に関する実証事業
受託事業者名株式会社ベネッセコーポレーション
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域埼玉県蕨市、千葉県市川市
実証校蕨市立北小学校、私立昭和学院小学校
対象
対象学年小学校1年生~6年生

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 地域の企業・大学が小中高生に学びの機会を...

    地域の中で企業や大学、教育関係者が一丸となって人材育成を進めるための仕組みの構築

    詳しくはこちら地域の企業・大学が小中高生に学びの機会を与えるサードプレイス

  • 『OJaCプロジェクト』 「不登校児童生徒を対...

    1. 不登校児童生徒を対象としたICT在宅学習の実施 2. 人的サポートによる学習効果の定量的調査・測定 3. 学校現場の出席・学習評価のガイドラ...

    詳しくはこちら『OJaCプロジェクト』 「不登校児童生徒を対象としたICT在宅学習モデルの構築」

  • 「デキタス」を利用した将来的に公認可能な...

    あらゆる事情により学力のサポートが必要とされる生徒に対して、「個別学習計画」を作成。その計画に沿ってICT教材「デキタス」を活用し、生徒の...

    詳しくはこちら「デキタス」を利用した将来的に公認可能な「学校外教育サービス(オルタナティブ教育)」の実証

  • 社会課題やSDGsを活用した探究活動と受験勉...

    社会課題やSDGsを活用した探究活動と受験勉強を両立できる教材を開発することで、 教科横断的接続と教科教育のエッセンシャルミニマム化を目指...

    詳しくはこちら社会課題やSDGsを活用した探究活動と受験勉強を両立できる教材の開発実証

  • 新しい「教員向けファシリテーション研修」事業

    社会問題をテーマとした生徒の探究を支援する教員の育成を通じて、中高生および教員における社会問題に対する視点やモチベーション、課題設定力...

    詳しくはこちら新しい「教員向けファシリテーション研修」事業

  • 探究学習を進学・就職につなぐ制度設計に関...

    詳しくはこちら探究学習を進学・就職につなぐ制度設計に関する実証実験

  • 「動くガンダム」から学ぶエンジニアリング...

    18mの「動くガンダム」を起点としたSTEAMコンテンツ、アニメ発信のプロジェクトを題材にして、興味関心を促し、普段の生活の中にも学びがあると...

    詳しくはこちら「動くガンダム」から学ぶエンジニアリングとキャリア教育

  • 温泉旅館街(リビングラボ)を学び場とした...

    全国の温泉街における課題解決を題材としたイノベーション人材教育プログラム 全国にある温泉旅館街に、展開可能な人材教育プログラムとして、...

    詳しくはこちら温泉旅館街(リビングラボ)を学び場とした人材育成プログラム



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら