STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   地域移行における課題解決を目指したツールの導入効果検証
  • line
BUKATOOLの利用画面のイメージ1
花園近鉄ライナーズによる指導者育成、派遣のイメージ2
学校施設を活用した活動費還元のイメージ3

実証事業 報告書

  成果報告 (2022年度)  

成果報告(PDF)を参照いただけます。

テーマD最終報告書 First Penguins CompanyPDF:テーマD最終報告書 First Penguins Company

本事業について

目的

①デジタルツールによる指導者の負担減:BUKATOOLによる外部指導員委託時の業務効率化
②指導者・管理者の確保:地元スポーツ団体と連携による指導者派遣と指導者育成のシステム構築
③事業生(≒自走性可能性)の確率:グッズ販売や協賛企業のサービス提供支援による収益確保

概要

デジタルツールによる指導者の負担減

BUKATOOLによる外部指導員委託時の業務効率化

指導者・管理者の確保

地元スポーツ団体と連携による指導者派遣と指導者育成のシステム構築

事業性(≒自走可能性)の確率

グッズ販売や協賛企業のサービス提供支援による収益確保

成果

デジタルツールによる指導者の負担減

活動費に関する業務負担は、物理的にも精神的にも負担が大きく、ツールによる負担の軽減が見込まれる。ただし、負担軽減効果の評価には少なくとも1年以上通じた利用での検証の上で評価が必要。

指導者・管理者の確保

トップコーチの指導者向けアカデミーは、有償開催でも参加者は一定数確保が出来る見込み。部活動指導委託側との指導候補者の交流実現には時間を要する
トップチームの選手/スタッフの派遣は、派遣する側、される側双方に一定のニーズがある。

事業性(≒自走可能性)の確率

ライナーズのグッズ、チケット販売を実施。保護者、部員、OBOG全てのカテゴリにおいて実績が残せた。引き続き検証が必要。
学校施設を利用する有償事業は、採算性が十分にあることを確認できたが、実施するには環境整備に時間を要する。

実証環境

BUKATOOL:Webブラウザでの利用となります。PC、スマートフォン双方でのご利用が可能です。


お問い合わせ先

future_academy@hakuhodo.co.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名地域移行における課題解決を目指したツールの導入効果検証
受託事業者名First Penguins Company
実証パートナー名花園近鉄ライナーズ/久保雄一郎氏/大阪府教育委員会
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域大阪府
実証校常翔啓光学園/大阪府立大手前高校
対象
対象学年高校1−2年(実証期間中に3年生はすでに引退していたため不参加)

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • ルールメイカー育成プロジェクト 〜ルールを...

    学校における慣習・ルールなど変えられないものと思い疑ってこなかったものを題材に、生徒・先生・保護者が対話を重ね、その存在意義や捉え直し...

    詳しくはこちらルールメイカー育成プロジェクト 〜ルールを学び、対話的に課題解決する力を育む実証事業〜

  • 学びへの意欲を引き出す科学のワクワクコン...

    サイエンスの動画コンテンツとインタラクティブコンテンツを作成し実証することによりワクワクするサイエンスプラットフォームを構築します

    詳しくはこちら学びへの意欲を引き出す科学のワクワクコンテンツプラットフォーム開発

  • 生成AIサービスを活用し、学校教職員の授業...

    詳しくはこちら生成AIサービスを活用し、学校教職員の授業準備・事務業務の効率化を図る実証事業

  • Hero Makers

    私たちが考えるヒーローとは「配られたカード以上の未来を切り開ける存在」です。これからの激動の時代を生きる若者たちは、須らくヒーローであ...

    詳しくはこちらHero Makers

  • STEAM化ごんぎつね普及計画

    STEAM化ごんぎつねは、情報活用能力、学びのSTEAM化、仮説演繹を用いた探究学習の3本柱で構成されます。 本件で、授業でのSTEAM化を深化させ学...

    詳しくはこちらSTEAM化ごんぎつね普及計画

  • 「STEAMプログラムハッカソン」事業

    学校現場に根付くSTEAMプログラムの開発。合わせて、学校現場に根付くSTEAMプログラムに共通するデザイン原則の開発。

    詳しくはこちら「STEAMプログラムハッカソン」事業

  • 好奇心・探究心に応えるサードプレイスの拡...

    詳しくはこちら好奇心・探究心に応えるサードプレイスの拡充:新聞社と連携した幅広い子どもたちに開かれた学びの場の創出・普及事業

  • 教科学習(授業)の効率化と応用とのサイク...

    ・授業時間と家庭学習へのアダプティブラーニング教材の導入による、学習の効率化と効果についての検証 ・最先端のテクノロジーを使ったSTEAM教...

    詳しくはこちら教科学習(授業)の効率化と応用とのサイクルの実証(AI教材「Qubena」の公教育への導入実証)



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら