STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   音楽の授業でのSTEAM的探究
  • line
のイメージ1
のイメージ2

実証事業 報告書

  成果報告 (2022年度)  

成果報告(PDF)を参照いただけます。

テーマB最終報告書 ブレーン株式会社PDF:テーマB最終報告書 ブレーン株式会社

本事業について

目的

これまであまり実践例のない音楽で「探究学習」の要素を取り込んだりすることで本来の意味での「学びのSTEAM化」事例を創出したいと考えた。

概要

「音のバリアフリー」とは?

社会にある様々なバリアー。「音のバリアフリー」は、音を使い、いかにそのバリアーを取り除くことが来出るかを考えていくきっかけとなるように開発したコンテンツです。

筑波大学附属視覚特別支援学校での実践

「実践的な成果を出し、実社会に還元する」という目標を設定し取り組んだ。

宇品小学校での実践

全3コマでの授業を展開。
1コマ目の道徳の授業では、共生社会を実現するためにどのようなことができるかを考えるきっかけとなった。
2、3コマ目の音楽の授業では、共生社会の実現のためにどこに、誰のために、どのような音サインがあるといいのかを考え、音サインを作成した。

成果

授業を終えて ①指導教諭より

☆指導教諭の役割は、適切なテーマ設定及び議論の先導!
音楽的なアドバイスよりも、考え方や議論の方向性を整理することが重要。
答えではなく発想のヒントを出す意識で。 
 
☆評価については、「過程」を重視!
サインが完成しなくとも、議論の過程が大切!
取り組む姿勢や創意工夫、発想のフレームワーク…気づきなどに価値がある。

☆教材はあくまで考えるきっかけ。成果が形になりにくい怖さはあるが、新たな課題や疑問が生まれることを楽しむべき!

授業を終えて ②生徒より

・教材に取り組むことで、日常生活の改善について新たな視点が生まれた。
・もしかしたら将来本当に実社会に改善をもたらせるかもしれないというモチベーションが生まれた
・そもそも音を意識していなかったが、一度立ち止まって考えることで色んな事が見えてきて、面白かった
・もともと、こんなのがあるといいなとは思っていたが、あらためて考えると音があることの良し悪し、整理について考えるきっかけになった。

作成された音サイン① 宇品小学校

実際に作成された音サイン①
https://musiclab.chromeexperiments.com/Song-Maker/song/5210636160335872

作成された音サイン② 宇品小学校

実際に作成された音サイン②
https://musiclab.chromeexperiments.com/Song-Maker/song/6021922834087936

実証環境

筑波大学附属視覚特別支援学校 音楽科:各生徒に電子キーボード(ローランド)
広島市立宇品小学校:各児童にiPad


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名音楽の授業でのSTEAM的探究
受託事業者名ブレーン株式会社
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域東京都、広島県
実証校筑波大学附属視覚特別支援学校 音楽科、広島市立宇品小学校
対象
対象学年筑波大学附属視覚特別支援学校 音楽科、広島市立宇品小学校(小学校4年生)

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 部活動向け”STEAM Sports”教材開発

    教育現場の指導者のみならず、部活動に所属する生徒自らが活用することを念頭に、体育よりも専門性の高い部活動向けの"STEAM Sports"教材を開発...

    詳しくはこちら部活動向け”STEAM Sports”教材開発

  • 教科学習にSTEAMライブラリを活用した探究的...

    公立校の教科学習にSTEAM教育の視点を取り入れた探究的・教科横断的な学びの実践を目的として、「STEAM化で拡張された学びを教科に揺り戻した深...

    詳しくはこちら教科学習にSTEAMライブラリを活用した探究的・教科横断的学びの実践と評価

  • シェア型オンライン教育支援センター事業

    オンラインを活用し人材やプログラムを自治体を超えてシェアすることで、不登校支援のリソース不足を補い、データの蓄積・分析によりノウハウを...

    詳しくはこちらシェア型オンライン教育支援センター事業

  • 幼小中統合型 個別最適・自立学習環境 i.Dar...

    年齢縦断型の環境で共有体験を通し自尊感情を育み、発達段階の違いに合わせた学びの機会を自己決定により選択し、自己到達度を更新しながら自ら...

    詳しくはこちら幼小中統合型 個別最適・自立学習環境 i.Dare(イデア)

  • 認知症ケア施設(リビングラボ)を学びの場...

    チェンジメイクを業務目的とする担当社員に対して、大牟田リビングラボを舞台にサービス開発の実践を通じ、Marketing4.0を超える人間観、コミュ...

    詳しくはこちら認知症ケア施設(リビングラボ)を学びの場とした人材育成プログラム

  • 地域課題を題材とした企業研修プログラム

    STEAM人材育成のための企業研修として、地域の社会課題を題材としたプログラムの実証を行う。 また、研修会社と連携し、自走化のための企業の費...

    詳しくはこちら地域課題を題材とした企業研修プログラム

  • 大学リソースを活用した部活動の地域移行の...

    大学のリソースを活用した運動部活動の地域移行の実現可能性について、施設などの物理面、人、カネ、学校側の考え方など多面的に検証する。

    詳しくはこちら大学リソースを活用した部活動の地域移行の受け皿整備の検証

  • 公立高校における「探究と個別最適化学習が...

    探究学習と知識・技能の学びが相互に循環・発展し続ける学びと、 高校における(進路目標に紐づく)「学習計画の設計」とそれに基づく自律的な...

    詳しくはこちら公立高校における「探究と個別最適化学習が効果的に接続した学び」「進路目標と関連付けた個別学習計画に基づく学びの実践」



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら