STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   「データ利活用による教育DXの原資創出システム」実証事業
  • line
広告出稿費を公教育に配分する、ESG型広告モデル 「ONGAESHI」														のイメージ1
生徒・保護者・実証に参加希望する社会人が広告を見ることで、企業の広告出稿費の一部が教材費として、学校・生徒・社会人に配分される仕組み														のイメージ2
教育情報サイト「Me-Lab」のイメージ3

実証事業 報告書

  成果報告 (2021年度)  

2021年度 の 成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告2021:Institution for a Global Society株式会社PDF:「未来の教室」実証事業成果報告2021:Institution for a Global Society株式会社

本事業について

目的

①格差解消の実現:公教育でSTEAM教育を補助金なく継続可能とすること
②個人情報を安全に扱いながら、持続可能な新しい資金の流れをつくる:
 広告を高校生にリーチさせ、かつセキュアな環境を作ること

概要

広告配信システム コンセプト設計及び構築

広告配信システム コンセプト設計及び構築

Edtech教材を無料もしくは安価で受講するための広告配信モデルを構築しました。生徒・保護者・実証に参加希望する社会人が広告を見ることで、企業の広告出稿費の一部が教材費として、学校・生徒・社会人に配分される仕組みとなっています。

広告配信先の構築

広告配信先の構築

生徒、保護者の個人情報保護に配慮した広告の閲覧を可能としました。また広告最適配信システム構築と、企業と連携した広告配信運用を行い、既存メディアに広告料を支払うことなく閲覧できる環境を整備しました。

教材・講座提供

教材・講座提供

広告視聴によって得たコインを、「思考力」「表現力」「実行力」などを育むアニメ形式の動画コンテンツ教材、英語4技能型 e-Learning教材、データサイエンス教材、実証パートナー企業のEdtech教材と交換し、利用可能としました。一部の教材では広告配信を行い、学びながらコインを貯めることで、さらなる学びに繋がる仕組みとなっています。

教育情報サイトの構築

教育情報サイトの構築

子育てや教育にまつわる有益な知識・情報を得られる教育情報サイトを開始しました。教育情報サイトには広告が配信され、学びながらコインを貯めることが可能です。

成果

ユーザーの関心

ユーザーの関心

コンセプトの受け入れ、広告に対する受容性について確認ができました。
ターゲットの設定と周知方法、ブロックチェーンの特性(情報蓄積とトレーサビリティ)を活かした上での快適なUXの実現、参加者(特に保護者)周知についてはさらなる向上を目指します。

モデルの有効性

モデルの有効性

公教育でSTEAM教育を補助金なく継続可能とするため、企業が教育費を負担する広告配信モデルの構築を行い、その妥当性を検証しました。現行法において、広告閲覧によって発生するトークン(≒寄付金)を教材に交換できることを公教育で実施可能であることが実証できました。
一方で、コインを貯めるUX等快適な利用に向けた改善を目指します。

実証環境

・端末:スマートフォン、タブレット、PC
・OS:iOS、Android、Windows、macOS 等 
・台数:参加人数分の台数


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名「データ利活用による教育DXの原資創出システム」実証事業
受託事業者名Institution for a Global Society株式会社
実証パートナー名さいたま市教育委員会、三重県教育委員会、大塚製薬株式会社、河合塾グループ、株式会社セガ、三井住友信託銀行株式会社、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域全国
実証校三重県(公立高校8校)、さいたま市(公立高校2校、中等教育学校1校)
対象
対象学年中学校:1年生・2年生・3年生、高等学校:1年生・2年生、保護者、社会人

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • コーチングとフィードバックで実現する世界...

    世界の名門大学出身者やバイリンガルなど高い英語力を持つ教師による質の高い添削と、学校の教員によるコーチングを組み合わせることにより、生...

    詳しくはこちらコーチングとフィードバックで実現する世界基準の英語教育

  • スポーツのワクワクから学び(数学・理科・...

    “遊び”かつ“ゲーム”であるスポーツのワクワク感を活用し、子ども達の「主体的・対話的で深い学び」に繋げるプログラム(教材、手法)の開発

    詳しくはこちらスポーツのワクワクから学び(数学・理科・プログラミング)への連結プログラム

  • STEAM化ごんぎつね普及計画

    STEAM化ごんぎつねは、情報活用能力、学びのSTEAM化、仮説演繹を用いた探究学習の3本柱で構成されます。 本件で、授業でのSTEAM化を深化させ学...

    詳しくはこちらSTEAM化ごんぎつね普及計画

  • スポーツのワクワクから学びを拡げる新しい...

    昨年度の実証事業の評価をもとに、教員向け指導教本と児童向け副読本を作成の上、教員向け研修を事前に実施。今年度は、小学校授業への導入を前...

    詳しくはこちらスポーツのワクワクから学びを拡げる新しい体育(STEAM Tag Rugbyプログラム)

  • AI機械学習(画像認識)を活用した課題解決...

    機械学習(画像認識)を活用して他者の困りごとを解決するワークショップを通して、機械学習の活用方法と課題解決スキルを身につける。

    詳しくはこちらAI機械学習(画像認識)を活用した課題解決学習プログラムの開発・製作・実証

  • 学校内オルタナティブ教育に関する実証

    不登校・不登校傾向にある生徒に、ICTを活用した「教室」以外の場(「和ルーム」や自宅)における、個別学習計画の作成や学びの場を提供する。そ...

    詳しくはこちら学校内オルタナティブ教育に関する実証

  • 探求学習と教科学習のサイクルを回す「知の...

    ・5ケ年計画で「知のナビゲーター」による探究学習を全国(+海外)で可能にする ・探究的な学びと教科学力の両立が可能であることを示す

    詳しくはこちら探求学習と教科学習のサイクルを回す「知のナビゲーター」

  • ものづくり(FAB)×課題解決のワクワクを学び...

    1.高等学校の情報科目での授業カリキュラム構築と実証 2. 学生サポーター育成のための集中研修(FAB CAMP)プログラム開発と実証 3. チェンジ・...

    詳しくはこちらものづくり(FAB)×課題解決のワクワクを学びへ連結する教育プログラム (FABLABの公教育導入実証)



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら