STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   公立高校における「探究と個別最適化学習が効果的に接続した学び」「進路目標と関連付けた個別学習計画に基づく学びの実践」
  • line
実証事業の取組内容のイメージ1
探究学習ワークのイメージ2
すらら学習中のイメージ3

実証事業 報告書

  成果報告 (2021年度)  

2021年度 の 成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告2021:株式会社すららネットPDF:「未来の教室」実証事業成果報告2021:株式会社すららネット

本事業について

目的

探究学習と知識・技能の学びが相互に循環・発展し続ける学びと、
高校における(進路目標に紐づく)「学習計画の設計」とそれに基づく自律的な学び実現する仕組みの構築

概要

探究(進路先)と関連単元を整理


(※クリックで拡大表示します)

1.「坂城学」(※)において、企業訪問に関する授業とインタビュー対象の企業の業種と、それとすららの単元との関連を整理(すららプレイリスト)し、まずは教員が関連性がひと目で分かるようにしました。
※地元について学び、理解を深める様々な活動を通じて、地元の魅力や歴史などについての知識を深める学校設定科目
※2年生は進路職種ごとに分類し整理。

「関連単元」の学習ハードルを下げる

「関連単元」の学習ハードルを下げる

2.授業のアニメーションを含む「すらら」の特徴上、生徒は学習したいときにいつでも、学習に取り組めますが、いざ「学習したい」と思ったときに、どこを学習したら良いかをすぐに分かるように、”1”で分類した内容を冊子に整理して配布。また、すらら上でも1クリックで学習できるように設定しました。重ねて、「探究」の内容との関連性について教員から伝えることで、科目の内容と実社会(探究)との接続を生徒が意識出来るように支援しました。

学習意義と自己の変化への気づきをサポート

学習意義と自己の変化への気づきをサポート

3.探究や通常の授業で、生徒自身が学んだ内容と次に学ぶべき内容を整理し、アウトプットするための各種ツールを準備、隔週でその記録を行ってもらいました。アウトプット内容に対して教員や大学生メンターからフィードバックを行うことで、学習意義や、自己の変化への「気付き」を得る支援をしました。

学習内容の発表

学習内容の発表

4.1年生は企業見学について、2年生は印象残ったこと等について年度末にプレゼンテーションをすることで、それぞれの学びを締めました。コロナ禍で、一箇所に集合することを避けるため、ビデオ会議を利用し、配信者と視聴者の空間を分けるといったICTを駆使した工夫を行いました。

成果

探究/希望進路と単元の関連を感じ、学習意欲向上


(※クリックで拡大表示します)

アンケートの結果、探究と関連する単元が示されたこと、メンターや先生から助言を受けることで、「教科とのつながりを感じ、自主学習の量が増加した」、との回答が多く得られました。また、学びの振り返りによって、学習した内容が整理されたことで、「身につけたいことがわかった」、と言う回答も多く得られました。

9割以上が自主学習に取り組む


(※クリックで拡大表示します)

意欲の変化の通り、関連単元に両テーマともに多くの生徒が学習に取り組み、特に探究との関連では、9割を超える生徒が自主学習に取り組みました。半数以上はすららにおける総学習時間の1割以上を自主学習が占める結果となり、意識だけでなく行動にも変化が現れました。

未知の課題への基礎スキルセットの獲得


(※クリックで拡大表示します)

坂城独自で設定した”坂城ルーブリック”に基づく自己評価では、未知の課題に取り組む際の「基礎スキルセット」とも言える①解決しようとする力、②知識を広げようとする力 ③基礎学力の向上 を7割の生徒が実感しました。

探究と連動した深い内容のプレゼンテーション


(※クリックで拡大表示します)

学年末の発表では、自分自身の興味を持ったことについての知識を「すらら」で深め、課題提示のみではなく、学んだ内容に基づく根拠を示しながら解決案を提示する、といった素晴らしいプレゼンテーションが見られました。

生徒の変化で教員が変わり、学校が変わる


(※クリックで拡大表示します)

このような一つ一つの仕掛けが、生徒の興味を刺激し、行動に現れ、それを見た教員が変わり、やがて学校が変わっていく、その関係性を示しました。ICT支援にというツールを活用することで、こうした学びが普遍的になることを願っています。

実証環境

1年生:Chromebook 1人1台
2年生:Surface 1人1台
WIFI環境


お問い合わせ先

future_academy@hakuhodo.co.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名公立高校における「探究と個別最適化学習が効果的に接続した学び」「進路目標と関連付けた個別学習計画に基づく学びの実践」
受託事業者名株式会社すららネット
実証パートナー名・東北学院大学 文学部 教授・人間情報学研究科 教授 稲垣 忠氏
・ノートルダム清心女子大学 非常勤講師 三浦 隆志氏
・信州大学 学術研究院 教育学系 助教 佐藤 和紀氏
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域長野県埴科郡坂城町
実証校長野県坂城高等学校
対象
対象学年2021年度高校1年生・高校2年生

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 学校をフィールドにした総合型放課後サービ...

    本事業は、沖縄県うるま市において学校管理下で行われている「部活動」を将来的に地域移行するため、民間事業者が地域スポーツクラブの設置及び...

    詳しくはこちら学校をフィールドにした総合型放課後サービスによる持続可能なクラブ運営のための調査研究事業

  • 幼小中統合型 個別最適・自立学習環境 i.Dar...

    年齢縦断型の環境で共有体験を通し自尊感情を育み、発達段階の違いに合わせた学びの機会を自己決定により選択し、自己到達度を更新しながら自ら...

    詳しくはこちら幼小中統合型 個別最適・自立学習環境 i.Dare(イデア)

  • ルールメイカー育成プロジェクト2022

    生徒が中心となり先生や関係者と対話しながら校則・ルールを見直していく取り組みです。立場や意見の違う人たちと、対話から納得解をつくるプロ...

    詳しくはこちらルールメイカー育成プロジェクト2022

  • エシカルハッカー発掘・育成プロジェクト 2021

    高校生向けのエシカルハッカー講座を開発し、実証校への提供を通じて、高校生の将来のキャリア選択肢の幅を広げる可能性を探る。

    詳しくはこちらエシカルハッカー発掘・育成プロジェクト 2021

  • 教育現場における生成AIの効果的な活用方法...

    詳しくはこちら教育現場における生成AIの効果的な活用方法と現場導入に向けた課題に関する実証事業

  • 地域創生xSDGs イノベーションプロジェク...

    ・地域の社会課題を題材にした実践的能力開発プログラムの構築。 ・主体性、課題設定・発見力や、多様性のある人材との共創を通じて「ビジネス...

    詳しくはこちら地域創生xSDGs イノベーションプロジェクト@徳島県にし阿波地区を題材とした人材育成プログラム

  • 音楽×算数×プログラミングの横断的学習プロ...

    STEAM教育を普及させるため、音楽・算数・プログラミングを横断的に学べるMusic Blocksとカリキュラムを開発し、小学校へ無償で配布しています。...

    詳しくはこちら音楽×算数×プログラミングの横断的学習プログラム(Music Blocksの公教育導入実証)

  • 学校施設を中心とした地域×スポーツクラブ産...

    地域スポーツクラブがサービス業として自立しつつ、部活動の受け皿となりうるための課題抽出し、検証を行う

    詳しくはこちら学校施設を中心とした地域×スポーツクラブ産業の融合による社会システムの検証 ~立教学院版~



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら