STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   高齢化したニュータウン(リビングラボ)を学び場とした人材育成プログラム
  • line
/existing/verify/image/b0031/031_mv_01.jpg
/existing/verify/image/b0031/031_mv_01.jpg

実証事業 報告書

中間報告 (2018年度)

2018年度 の 中間報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業中間報告:所沢リビングラボ(SEEDx地域未来大学院連携事業共同体)PDF:「未来の教室」実証事業中間報告:所沢リビングラボ(SEEDx地域未来大学院連携事業共同体)

成果報告 (2018年度)

2018年度 の 成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告:所沢リビングラボPDF:「未来の教室」実証事業成果報告:所沢リビングラボ

本事業について

目的

●多世代交流型の様々な事業を通じて、(高齢世代を中心とする) 地域住民に多様な能力発揮の場・貢献機会を創り出すこと。● そのような様々な事業の集合的インパクトで、“健幸まちづくり” を 総合的に推進すること。

概要

都市近郊の典型的なベットタウンである所沢をフィールドとして、企業、行政、市民活動団体など、多様な価値観や行動原理を持つ様々なステイクホルダーどうしが、ビジョンや課題を共有し、効率的・効果的に合意を形成しながらビジョンの実現に向けたアイデア、アクションプランを共創するために必要なワークショップの運営手法を標準化し、リビングラボの学びの場としての効果を検証します。

プログラムオーナーの類型ごとに、①公共課題解決型 ②企業課題解決型 ③住民課題解決 型の3つのプログラムを実施し、その学びの場としての効果を検証します。
また、リビンクラボでの学びを進化させるため、🅐AIを活用した多様な能力発揮の場の創出と 🅑「コミュニティカルテ調査」の手法を活用した「健幸」指標の開発に取り組みます。

成果
実証環境

ワークショップの運営プロセス/手法を標準化し、その学びの場としての効果を検証

短時間で効率的・効果的に合意を形成
マルチステイクホルダー・プロセスを前提に標準化したワークショップの運営プロセス/手法を用いて、ビジョン(あるべき姿/ありたい姿)や課題・論点などを共有し、短時間で効率的・効果的に合意を形成。

公共課題解決型プログラム・フィールドスタディ : テーマ① 農業 × 福祉

農福連携に取り組んでいる現場にて農作業を体験
 農福連携の現場では、農業の側からは「障害者の特性に合わせた作業が分からない」「教え方や接し方が分からない」などの課題が、また福祉の側には「農業の技術や経験、知識がない」などの課題が上がっている。 ここでは、各々の側での人材育成だけでなく、地域の高齢者や学生など、農福連携を支える新たな担い手づくりが求められている。
 このような課題に向き合うため、日本農業遺産となった「武蔵野の落ち葉堆肥農法」を受け継ぐ三富新田の農業法人/三富ライフファームが、ワーカーズコープ/とうふ工房と連携して農福連携に取り組んでいる現場にて農作業(堆肥のもととなる雑木林の整備)を体験。

公共課題解決型プログラム・フィールドスタディ : テーマ④ 情報技術 × 福祉

メンターとして参加
 教育や子ども・子育て支援の現場では、プログラム言語やアプリケーション操作の習得ではなく、主にプログラミング的思考の涵養を目的としており、AIなどによって容易に代替可能な専門的な技術知識よりも、むしろ子供たち一人ひとりの興味・関心に寄り添い、各々の特性を伸ばすサポートが行える人材が求められている。
 このような課題に向き合うため、スクラッチやボードゲームなどを使って、子どもたちが自主的に、遊びながら論理的・数理的思考や他者と協力し合う能力、プレゼンテーション技術などを自然に身につけられる環境を提供しているCoderDojo所沢の活動にメンターとして参加。

お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名高齢化したニュータウン(リビングラボ)を学び場とした人材育成プログラム
受託事業者名SEEDx地域未来大学院連携事業共同体
実証パートナー名株式会社 地域協働推進機構 / 株式会社URリンケージ / 株式会社ラーニングプロセス / 株式会社わらわら
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域埼玉県:所沢市
対象
対象者社会人(実施するプログラムのテーマごとに、企業 / 行政 / 市民・市民活動団体などの参加を募集・調整する。)

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 群馬・高崎、福島・大熊プログラム

    ①群馬県高崎市、②福島県大熊町にて、地域の課題を学習者が発掘・設定し、1ヶ月、3ヶ月、あるいは数ヶ月連続的に同じ地域の方々と関わりながら...

    詳しくはこちら群馬・高崎、福島・大熊プログラム

  • 大地の芸術祭@越後妻有を題材としたチェンジ...

    本プログラムでは、人口減少・高齢化などにより「地域文化・地域コミュニティのサステナビリティ」が脅かされる地域が全国各地で出てくる中、新...

    詳しくはこちら大地の芸術祭@越後妻有を題材としたチェンジ・メーカー育成プログラム

  • ものづくり(FAB)×課題解決のワクワクを学び...

    1.高等学校の情報科目での授業カリキュラム構築と実証 2. 学生サポーター育成のための集中研修(FAB CAMP)プログラム開発と実証 3. チェンジ・...

    詳しくはこちらものづくり(FAB)×課題解決のワクワクを学びへ連結する教育プログラム (FABLABの公教育導入実証)

  • 実社会と学校を繋ぐSTEAMプログラムの開発&...

    学校での学びと実社会で必要とされる考え方や科学技術には未だ大きな乖離がある。そこで、この取り組みでは、学校での学びと実社会を繋げるべく...

    詳しくはこちら実社会と学校を繋ぐSTEAMプログラムの開発&実証実験

  • 音楽×算数×プログラミングの横断的学習プロ...

    STEAM教育を普及させるため、音楽・算数・プログラミングを横断的に学べるMusic Blocksとカリキュラムを開発し、小学校へ無償で配布しています。...

    詳しくはこちら音楽×算数×プログラミングの横断的学習プログラム(Music Blocksの公教育導入実証)

  • アダプティブラーニングによる知識・技能の...

    アダプティブラーニングを活用した学習の効率化(学習時間の短縮)と学習効果の向上を検証する。さらに、効率化によって創出された時間を使い、...

    詳しくはこちらアダプティブラーニングによる知識・技能の習得(AI教材「Qubena」の公教育への導入実証)とSTEAM教育の実践

  • どこでも探究学習プロジェクト(探究学習プ...

    探究学習を普及・促進させるための、全国各地の様々な学びの場における探究学習プログラムの導入実証、及び導入に向けたニーズ・課題の把握・分析。

    詳しくはこちらどこでも探究学習プロジェクト(探究学習プログラムの普及・促進)

  • 音楽×算数×プログラミングの横断的学習プロ...

    プログラミング教育必修化に向け、音楽・算数・プログラミングを横断的に学べるMusic Blocksを小学校で使っていただく。また、教科横断型のMusic...

    詳しくはこちら音楽×算数×プログラミングの横断的学習プログラム(Music Blocksの公教育導入実証)



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?