STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業:一覧からさがす
グリッドビューで表示する グリッドビューで表示する  |  フラットビューで表示する フラットビューで表示する

「未来の教室」 実証事業

学校をフィールドにした総合型放課後サービスによる持続可能なクラブ運営のための調査研究事業

本事業は、沖縄県うるま市において学校管理下で行われている「部活動」を将来的に地域移行するため、民間事業者が地域スポーツクラブの設置及び運営を担うことで、市内の子どもたちの運動の機会の創出ならびに教員の負担軽減、新たなビジネスの創出を目指すとともに、中学校の地域スポーツクラブ(地域部活動)の運営だけでなく学校体育施設の指定管理制度を含めた「スポーツ+α」としての総合型放課後サービス展開により新たなビジネスの創出・展開を目指すことで、持続可能な活動の推進に向けた調査・検討を行うことを目的としています。


・受託事業者名    : スポーツデータバンク沖縄株式会社

詳しくはこちら詳しくは「学校をフィールドにした総合型放課後サービスによる持続可能なクラブ運営のための調査研究事業」

「未来の教室」 実証事業

学校施設を中心とした地域×スポーツクラブ産業の融合による社会システムの検証 ~大阪府立箕面東高校版~

地域スポーツクラブがサービス業として自立しつつ、部活動の受け皿となりうるための課題抽出し、検証を行う。


・受託事業者名    : コナミスポーツ株式会社・FirstPenguins株式会社

詳しくはこちら詳しくは「学校施設を中心とした地域×スポーツクラブ産業の融合による社会システムの検証 ~大阪府立箕面東高校版~」

「未来の教室」 実証事業

学校施設を中心とした地域×スポーツクラブ産業の融合による社会システムの検証 ~立教学院版~

地域スポーツクラブがサービス業として自立しつつ、部活動の受け皿となりうるための課題抽出し、検証を行う


・受託事業者名    : コナミスポーツ株式会社・FirstPenguins株式会社

詳しくはこちら詳しくは「学校施設を中心とした地域×スポーツクラブ産業の融合による社会システムの検証 ~立教学院版~」

「未来の教室」 実証事業

私学高等学校・中学校における部活動の新しいプラットフォーム(関学モデル)構築に向けて

部活動を取り巻く教員の働き方改革を進め、持続可能な部活動の仕組み構築を目指す 1.教員の働き方が適正となる部活動を目指す 2.関西学院の目指す「真に豊かな人生」につながる部活動の実現を目指す 3.部活動における私学としての新しい仕組み(プラットフォーム)の構築を目指す


・受託事業者名    : 関西学院高等部・中学部

・実証パートナー名  : スポーツデータバンク株式会社

詳しくはこちら詳しくは「私学高等学校・中学校における部活動の新しいプラットフォーム(関学モデル)構築に向けて」

「未来の教室」 実証事業

“茅ヶ崎市健康文化スポーツクラブコンソーシアム”を核とした産官学民協働による地域スポーツクラブ推進事業 ~新たなスポーツライフと茅ヶ崎文化の創造に向けて~

地域スポーツクラブ形成の実現。


・受託事業者名    : 一般社団法人ブラックキャップス

詳しくはこちら詳しくは「“茅ヶ崎市健康文化スポーツクラブコンソーシアム”を核とした産官学民協働による地域スポーツクラブ推進事業 ~新たなスポーツライフと茅ヶ崎文化の創造に向けて~」

「未来の教室」 実証事業

学習ログを通じた公教育と民間教育の連携による個別最適学習の実現

教育データを、学習者にかかわるあらゆる支援者・指導者が共有可能な状態にしておくことによって、特定の指導者に負荷が集中するという課題を解消し、、学習者にとっても効率的かつ効果的な学習の実現を目指します。


・受託事業者名    : 株式会社すららネット

・実証パートナー名  : 真未来塾(長崎県)、個別指導Good Thing(東京都)、あかり塾(広島県)、learning base WITH(沖縄県)

詳しくはこちら詳しくは「学習ログを通じた公教育と民間教育の連携による個別最適学習の実現」

「未来の教室」 実証事業

公立高校における「探究と個別最適化学習が効果的に接続した学び」「進路目標と関連付けた個別学習計画に基づく学びの実践」

探究学習と知識・技能の学びが相互に循環・発展し続ける学びと、 高校における(進路目標に紐づく)「学習計画の設計」とそれに基づく自律的な学び実現する仕組みの構築


・受託事業者名    : 株式会社すららネット

・実証パートナー名  : ・東北学院大学 文学部 教授・人間情報学研究科 教授 稲垣 忠氏<br>・ノートルダム清心女子大学 非常勤講師 三浦 隆志氏<br>・信州大学 学術研究院 教育学系 助教 佐藤 和紀氏

詳しくはこちら詳しくは「公立高校における「探究と個別最適化学習が効果的に接続した学び」「進路目標と関連付けた個別学習計画に基づく学びの実践」」

「未来の教室」 実証事業

アセスメントとラーニングの学校内外での連携事業

①学校内外での学習ログの連携・活用  実証校における、学習ログの具体的な連携・活用事例の創出 ②連携・活用による効果  学習ログの連携・活用による具体的な効果の検証 ③学習ログデータの連携における課題の抽出  学校内外での連携の障壁になるもの、なり得るものの抽出


・受託事業者名    : atama plus株式会社

・実証パートナー名  : 駿台教育センター

詳しくはこちら詳しくは「アセスメントとラーニングの学校内外での連携事業」

「未来の教室」 実証事業

「旅する学校 みらいハイスクール」

”越境可能な多様で開かれた教育システム”の実現に向けて、「学校・地域」「全日制・通信制」の枠を超えた個別最適で協働的な学びの実証を行う。


・受託事業者名    : 一財)地域・教育魅力化プラットフォーム

・実証パートナー名  : 明蓬館高等学校、渋谷聡子氏(講師)、市川力氏(講師)、中村怜詞氏(相談先)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社、株式会社あしたの寺子屋

詳しくはこちら詳しくは「「旅する学校 みらいハイスクール」」

「未来の教室」 実証事業

エシカルハッカー発掘・育成プロジェクト 2021

高校生向けのエシカルハッカー講座を開発し、実証校への提供を通じて、高校生の将来のキャリア選択肢の幅を広げる可能性を探る。


・受託事業者名    : 株式会社デジタルハーツ

・実証パートナー名  : 一般社団法人ハッシャダイソーシャル

詳しくはこちら詳しくは「エシカルハッカー発掘・育成プロジェクト 2021」

「未来の教室」 実証事業

未来の地球学校~創造性の民主化・分断から共創へ~

プレイフルな学びを実現し、誰もが豊かな創造性をもって主体的に活動できる環境を提供。全国、そして世界がつながり、多様なSTEAM探究プログラムの実践とモデル化を目指す。


・受託事業者名    : 株式会社steAm

詳しくはこちら詳しくは「未来の地球学校~創造性の民主化・分断から共創へ~」

「未来の教室」 実証事業

大学リソースを活用した部活動の地域移行の受け皿整備の検証

大学のリソースを活用した運動部活動の地域移行の実現可能性について、施設などの物理面、人、カネ、学校側の考え方など多面的に検証する。


・受託事業者名    : 大阪成蹊大学スポーツイノベーション研究所

詳しくはこちら詳しくは「大学リソースを活用した部活動の地域移行の受け皿整備の検証」

「未来の教室」 実証事業

プロスポーツチーム等との連携による「新しい放課後スポーツ」に関する実証事業

地域のスポーツ資源の力をフル活用し、市内の子どもたちが、各自の興味・関心・能力に合わせて安全・安心にやりたいスポーツを持続的にできる環境の実現


・受託事業者名    : 一般社団法人さいたまスポーツコミッション

・実証パートナー名  : さいたま市、さいたま市教育委員会、日本政策投資銀行、日本経済研究所、さいたまブロンコス、レッズランド、United Sports Foundation

詳しくはこちら詳しくは「プロスポーツチーム等との連携による「新しい放課後スポーツ」に関する実証事業」

「未来の教室」 実証事業

地域×スポーツクラブによる放課後サービス創出の可能性についての実証

民間スポーツクラブは運動部活動地域移行の受け皿となりうるか。計4回の協議会(「民間スポーツクラブ」「学校教員」「生徒・保護者」「教育委員会」)を開催しそれぞれの視点からメリットや課題について議論した。


・受託事業者名    : 株式会社城南進学研究社

・実証パートナー名  : 株式会社DeNA川崎ブレイブサンダース/ 北海道大学 /産業能率大学

詳しくはこちら詳しくは「地域×スポーツクラブによる放課後サービス創出の可能性についての実証」

「未来の教室」 実証事業

放課後総合サービス業 モデルケース創出プロジェクト

プロスポーツクラブや民間企業など様々な主体が協力し、“学校施設”や"外部施設"を使って、スポーツクラブ=総合型放課後サービス業の創出を目指す


・受託事業者名    : 株式会社システムソフト

詳しくはこちら詳しくは「放課後総合サービス業 モデルケース創出プロジェクト」

「未来の教室」 実証事業

福山市立城東中学校 チーム学校による個別最適化された生徒支援実証

不登校傾向のある生徒に対し、生徒の環境・身体・心理・学習状況に応じて、個別最適化された支援を実践できる体制を整備することを目的としました。また同時に、学校・教員に対し、このような支援を現状以上の負担なく行えるようにすることも目指しています。


・受託事業者名    : 株式会社学研プラス

・実証パートナー名  : 福山市教員委員会、株式会社SPACE など

詳しくはこちら詳しくは「福山市立城東中学校 チーム学校による個別最適化された生徒支援実証」
このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら