ホーム   >   「未来の教室」 実証事業:一覧からさがす
グリッドビューで表示する グリッドビューで表示する  |  フラットビューで表示する フラットビューで表示する

「未来の教室」 実証事業

「STEAMプログラムハッカソン」事業

学校現場に根付くSTEAMプログラムの開発。合わせて、学校現場に根付くSTEAMプログラムに共通するデザイン原則の開発。

・受託事業者名:株式会社ベネッセコーポレーション

・事業カテゴリー種別:

詳しくはこちら詳しくは「「STEAMプログラムハッカソン」事業」

「未来の教室」 実証事業

ものづくり(FAB)×課題解決のワクワクを学びへ連結する教育プログラム (FABLABの公教育導入実証)

1.高等学校の情報科目での授業カリキュラム構築と実証 2. 学生サポーター育成のための集中研修(FAB CAMP)プログラム開発と実証 3. チェンジ・メイカーが制作を進めるための創作空間FAB SPACE (リアル / クラウド制作空間)の設置と授業外での活動サポートの有効性の実証

・受託事業者名:一般社団法人 国際STEM学習協会

・事業カテゴリー種別:

詳しくはこちら詳しくは「ものづくり(FAB)×課題解決のワクワクを学びへ連結する教育プログラム (FABLABの公教育導入実証)」

「未来の教室」 実証事業

企業幹部(候補)向けの社会的企業派遣プログラム~Executives For Change

日本経済を牽引する大企業役員・役員候補を社会課題の前線で活動するNPOに派遣し、企業役員には実践を通じたリカレント学習、NPOには経営改善の機会を提供します。

・受託事業者名:NPO法人クロスフィールズ

・事業カテゴリー種別:

詳しくはこちら詳しくは「企業幹部(候補)向けの社会的企業派遣プログラム~Executives For Change」

「未来の教室」 実証事業

旅のミライへ!地域と紡ぐ「観光」教育プログラム

小学校から高校まで、観光産業の知識や構造に関する知識を習得し、仮想旅行や観光政策の検討など、観光への取組みが経済効果をもたらすのか、「気づき」から楽しみを「発見」しながら学ぶことのできる教育環境の実現を目指しています。

・受託事業者名:株式会社JTB

・実証パートナー名:株式会社オープントーン・株式会社創建 観光予報プラットフォーム推進協議会((公社)日本観光振興協会)・三浦学苑高等学校・東京都中野区立第八中学校・東京都中野区立新井小学校

・事業カテゴリー種別:

詳しくはこちら詳しくは「旅のミライへ!地域と紡ぐ「観光」教育プログラム」

「未来の教室」 実証事業

EdTech教科書・ドリル「新やるKey」の公教育導入実証

多様な子供の集う公教育において、子供たち一人ひとりの資質・能⼒に適応する学習プログラムを提供していくことで子供たち全員が、各々の資質を開花させてゆくことを目指す

・受託事業者名:凸版印刷株式会社

・実証パートナー名:静岡県袋井市、袋井市教育委員会

・事業カテゴリー種別:

詳しくはこちら詳しくは「EdTech教科書・ドリル「新やるKey」の公教育導入実証」

「未来の教室」 実証事業

認知症ケア施設(リビングラボ)を学びの場とした人材育成プログラム

チェンジメイクを業務目的とする担当社員に対して、大牟田リビングラボを舞台にサービス開発の実践を通じ、Marketing4.0を超える人間観、コミュニケーション、 アプローチを学ぶプログラムを開発し、効果を検証する。

・受託事業者名:NPO法人ドットファイブトーキョー(大牟田リビングラボ)

・実証パートナー名:NPO法人ドネルモ、株式会社YOUI

・事業カテゴリー種別:

詳しくはこちら詳しくは「認知症ケア施設(リビングラボ)を学びの場とした人材育成プログラム」

「未来の教室」 実証事業

探求学習と教科学習のサイクルを回す「知のナビゲーター」

・5ケ年計画で「知のナビゲーター」による探究学習を全国(+海外)で可能にする ・探究的な学びと教科学力の両立が可能であることを示す

・受託事業者名:(株)Z会

・事業カテゴリー種別:

詳しくはこちら詳しくは「探求学習と教科学習のサイクルを回す「知のナビゲーター」」

「未来の教室」 実証事業

プラント業界における「IoT人材」を育成する講座の開発

プラントの運転や保安などにおける課題に対し、広義のIoT、システムを利活用して解決に取り組む人材を育成する。

・受託事業者名:一般社団法人日本能率協会

・事業カテゴリー種別:

詳しくはこちら詳しくは「プラント業界における「IoT人材」を育成する講座の開発」

「未来の教室」 実証事業

幅広く多様な生徒層へのよりよく生きる力を育むことができる「21世紀型ライフスキルプログラム」

21世紀型ライフスキルプログラムの開発と効果の実証

・受託事業者名:学校法人角川ドワンゴ学園

・実証パートナー名:筑波大学大学院教授 相川充氏 東京学芸大学教授 小林正幸氏 精神科医 / 慶應義塾大学 保健管理センター元教授 / 医学博士 大野裕氏 ワークショップデザイン研究 / 東京大学 大学院 情報学環特任助教 / 株式会社ミミクリデザイン代表取締役 安斎勇樹氏 株式会社ミミクリデザイン NPO法人元気プログラム作成委員会/学舎ブレイブ

・事業カテゴリー種別:

詳しくはこちら詳しくは「幅広く多様な生徒層へのよりよく生きる力を育むことができる「21世紀型ライフスキルプログラム」」

「未来の教室」 実証事業

公教育と民間教育の連携実証 ~「自立学習RED」の公教育導入実証~

「自立学習RED」の基幹エンジンであり、AIを活用した個別最適化学習プログラムである「eフォレスタ」を公教育向けに再定義した上で、学校現場の実態にあわせたカリキュラムおよびオペレーションのあるべき姿を構築し、公教育と民間教育の連携を実証します。

・受託事業者名:株式会社スプリックス

・事業カテゴリー種別:

詳しくはこちら詳しくは「公教育と民間教育の連携実証 ~「自立学習RED」の公教育導入実証~」
このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?