STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   すらら / すららドリル
  • line
「すらら」「すららドリル」は全国の小、中、高校で幅広く導入されています。のイメージ3
PCやタブレットで学習できるAI×アダプティブ教材です。のイメージ4
場所や時間を選ばず学校でも家庭でも学習できる教材です。のイメージ5
授業の一部として取り入れる学校が増えています。のイメージ6
概要

「すらら」は、アニメーションキャラクターと一緒に、一人一 人の理解度に合わせて学習できるアダプティブな AI教材です。「すららドリル」は「すらら」の姉妹版として主に公立小中学校で活用されています。

特徴

アニメーションによるレクチャー機能

アニメーションによるレクチャー機能

「見て」「聞いて」「参加して」学べることが大きな特徴です。アニメーションキャラクターが先生役となり、わかりやすい講義を行います。根本的・概念的な深い理解が得られるよう、スモールステップで講義を展開し、学校の進度に関わらずゼロから内容を理解できます。一方的な講義ではなく、途中でクイズなどの参加型アクティビティを取り入れ、インタラクティブに学習を進めます。

AIドリル機能

AIドリル機能

基礎学力向上には「知識を正しく理解する」、「理解した知識を定着させる」ステップを繰り返すことが大切です。「すらら」「すららドリル」は60,000問以上の豊富な問題数に加え、特許取得の「つまずき診断」機能により問題が解けない根本的な原因を自動で見つけ出し、「難易度コントロール」機能により一人ひとりの理解度に合った問題を出題するため、一人でも自分に合った学習を進めることができます。

自動作問・自動採点のテスト機能

自動作問・自動採点のテスト機能

自由に学習単元を選択できる「小テスト」、学年、学期ごとの学習単元の理解度と必要な復習が一目でわかる「学力診断テスト」、教科書と学習範囲を選んで腕試しできる「定期テスト」の3つのテストを用途に応じて使い分け活用できます。自動作問・自動採点機能により、実施直後に結果を診断し、テスト結果に基づく専用の個別カリキュラムを提示するため自分に合った学習を進めることができます。

先生の学習管理機能

先生の学習管理機能

先生用の学習管理画面では「何を学習するのか」「いつまでにやるのか」といった目標設定を簡単に児童・生徒に配信することができます。また、目標の達成状況や学習状況(目標に対する進捗率、学習時間、ドリルの正答率、つまずき診断の有無)などを一目で把握できます。学習管理機能により、教科の先生以外の担任の先生など多くの先生が学習状況を共有でき、児童・生徒への手厚いサポートを実現できます。

ゲーミフィケーション機能

ゲーミフィケーション機能

ゲームで取り入れられている要素を学習分野に応用し、ユーザーのモチベーションを高め、行動を活発化させるゲーミフィケーション機能を取り入れています。学習によりポイントを貯めてアバターの設定、パートナーの育成などを行い、全国の学習者と交流することもできます。児童・生徒が学習を頑張る動機の一つとして活用されています(学校管理者によるオン・オフも可能です)。

導入実績 等

【自治体】
・鳥取県
・大分県
・大阪市

【学校】
・静岡県立清水南高等学校・中等部
・福島県西会津町立西会津中学校
・鹿児島県徳之島町立手々小・中学校

導入効果

東海大学菅生高等学校(東京都あきる野市)

東海大学菅生高等学校(東京都あきる野市)

東海大学菅生高等学校(東京都あきる野市)では2018年度から「すらら」を導入しています。中間層をいかに伸ばすことができるかが、全体のレベル向上にもつながることから、中間層を重視した学習を強化しています。高校1年生の英語において、2学期と3学期に学力診断テストで効果測定を実施したところ、低得点層が大幅に減少し、高得点層にシフトしていることがわかりました。

関東学院六浦中学校・高等学校(神奈川県横浜市)

関東学院六浦中学校・高等学校(神奈川県横浜市)

関東学院六浦中学校・高等学校(神奈川県横浜市)では2018~2019の2年間で、中2、中3のベネッセ スタディサポート GTZ値のD、C層が底上げされB、C層が主体となりました。従来の方法ではなかなか上がらなかったものが『すらら』で上がったので衝撃を受けた先生もいました。

先生・生徒の声

先生の声

すらら / すららドリル

関東学院六浦中学校・高等学校
(「すらら」導入前には)教師たちは一生懸命補習をやっていたが、学力幅が広いので全員に個別対応することができない。先生の労力を削減し、生徒が「自学」で取り組める教材としては「すらら」が一番だと確信し、導入しました。導入した年に、夏休みの宿題の一部として、「すらら」の課題を出しました。わからないところは「すらら」が教えてくれるので自学できる。戻って再学習することもできる。そうしたら、それまで7割ぐらいだった課題の提出率が95%~97%になりました。教員からも驚きの声が上がりました。夏休みの課題提出率に「革命」が起こりました。
(黒畑勝男校長)

詳細を見る 

生徒の声

すらら / すららドリル

福島県西会津町立西会津中学校
「塾だと時間が決まっていて夜遅くなってしまうけど、すららになってから自分のペースでできるようになりました。何度も繰り返せるので覚えやすく、成績も上がったと思います。いろいろメニューを見ていたら英検対策があったので、それも取り組んでいます」(2年生女子)
「テキストやドリルだと何度もできないけど、すららだと何度もできるのがいいです。ランダムに問題が出てくるので、『次はどんなものが出てくるんだろう』とワクワク感もあります。勉強の終わりにやった量がわかるので、達成感があるし、明日は今日よりも頑張ろう、とやる気が出ます」(1年生女子)

詳細を見る 



実証事業

2019年度

2019年度 の 成果報告(PDF)

地方の公立スタンダート校で、英数国の3科目の授業に「すらら」を導入、個別最適化学習の実現を目指しました。生徒は各々のペースで学習を進められるため、同じ授業内でも一人ひとり異なる単元を学習していきました。「ティーチング」をすららに預けることで、AIではまだ代替不可能な、先生でなければできないこと、「コーチ」や「ファシリテーター」といった役割に教員がその能力を発揮しました。

実証事業の詳細を見る  報告書PDFを見る 

導入事例
導入をご検討の方へ
サービス情報サイト
https://surala.jp/school/lp/solution/
事業者サイト
https://surala.jp/
サービス料金
詳細はお問い合わせください。
サービスサンプル素材
https://surala.jp/school/trial/
導入に関するお問い合わせ
https://surala.jp/school/contact/inquiry/
サービス名すらら / すららドリル
小・中・高向けAI×アダプティブ教材
事業者名株式会社すららネット
対象学年
  • 小学校
  • 小学校 低学年
  • 小学校 中学年
  • 小学校 高学年
  • 中学校
  • 高等学校
  • 特別支援
教科(詳細)
  • 国語
  • 算数/数学
  • 理科(物理・化学・生物・地学を含む)
  • 社会(地理歴史・公民を含む)
  • 外国語
特徴・用途
  • 基礎学力をつける
  • 受験対応
  • 特別支援向け
  • 資格試験向け
利用場面
  • 個別学習
教材タイプ
  • 動画教材
  • ドリル型教材
  • ゲーム教材・シミュレーション教材
料金体系
  • 有償
  • 月額課金制
費用詳細はお問い合わせください。
動作環境「すらら」「すららドリル」はパソコン、タブレットで学習できるマルチデバイス対応の教材です。スマートフォン(iPhoneなど)は推奨環境外です。

詳細は下記をご参照ください。
https://surala.jp/about/reguirement.html
最終更新日:2021年01月24日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • STEAM タグラグビー

    小・中・高等学校を対象にした新しい体育教材です。タグラグビーを起点に、算数・数...

    詳しくはこちらSTEAM タグラグビー

  • ライフイズテックレッスン

    ライフイズテックレッスンは、中高累計導入校数【No.1】、1,100校で導入され、18万人...

    詳しくはこちらライフイズテックレッスン

  • GROW Academy

    探究に必要な思考の型を身に着け、深い思考を可能にするコンピテンシー育成コンテン...

    詳しくはこちらGROW Academy

  • 観光予報DS(Data Science)/ 未来探究ゼミ...

    観光ビッグデータをベースに、街や地域の課題を見つけ、データを掛け合わせ分析し、...

    詳しくはこちら観光予報DS(Data Science)/ 未来探究ゼミナール

  • デキタス

    学校の勉強を確実に理解するために開発されたオンライン学習教材です。教科書に沿っ...

    詳しくはこちらデキタス

  • Studyplus for School

    Studyplus for Schoolは、生徒と先生をクラウドでつなぎ、生徒の日々のスタディログ...

    詳しくはこちらStudyplus for School

  • Music Blocks

    Music Blocks(ミュージック・ブロックス)は、音楽と算数とプログラミングをいっし...

    詳しくはこちらMusic Blocks

  • Inspire High

    世界中の多様な大人たちの生き方・考え方にふれ、学校内外の10代と一緒に答えのない...

    詳しくはこちらInspire High



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら