STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   Qubena(キュビナ)小中5教科対応版
  • line
Qubena5教科のイメージ3
概要

AIを搭載し生徒一人ひとりの学習中の計算過程や解答を分析することでつまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し効果的で効率的な学習を実現するアダプティブラーニング教材です。

特徴

AIが一人ひとりに合わせて最適な問題を出題

AIが一人ひとりに合わせて最適な問題を出題

生徒によって間違え方はそれぞれであり、解決方法もそれぞれです。Qubenaでは、間違いの原因をAI (人工知能)が解析し、搭載している数万問から一人ひとりに個別最適化された問題を出題します。たとえ過去の単元や前の学年の分野につまずきポイントがあったとしても、 AIがそれに気付き、その問題へ連れていってくれます。生徒間の学力に課題がある場合や習熟度別のクラスでも、基礎から応用まで様々なレベルに応じた学習ができます。

勉強に夢中になれるわかりやすい解説と操作性

勉強に夢中になれるわかりやすい解説と操作性

Qubenaは、学習を快適にするいくつもの機能を備えています。例えば、実際のノートと同じようにペンを使って手書き※で学習を進めていきます。自動の文字認識、正誤判定、メモ機能によってタブレット1つですべての学習が完結。ヒントや解説アニメーションが充実しているので、上級学年の単元へ進むことも、難易度の高い問題へ挑戦することもできます。反転学習や家庭学習でもひとりで学習を進めることができます。

学習に必要なすべての操作に対応

学習に必要なすべての操作に対応

タブレットでは実現が困難だった「定規・コンパス・分度器を使った作図」や「関数のグラフ作成」にも対応。わかりやすいシンプルな操作で、余計なストレスを感じることなく本質的な学習が可能です。

学習データできめ細やかな学習指導を

学習データできめ細やかな学習指導を

生徒が解いている問題、解答時間、正答率などの学習データは、専用の管理システムによってリアルタイムに収集・分析されています。それぞれの生徒の理解度を瞬時に把握できるので、質問があった場合もわかりやすい学習指導を可能にします。授業中の問題演習やテスト、家庭学習など生徒の学習を全て把握することで、生徒一人ひとりにきめ細やかな指導や成績評価ができます。

あらゆる学習シーンで先生を強力にサポート

あらゆる学習シーンで先生を強力にサポート

演習・テスト・宿題などを先生がクラスの学習進度や学力レベルに応じた内容で、プリント代わりにQubena上で簡単に作成して生徒に配信できます。回収や採点を先生がしなくても、クラス全体の学習進度や理解度、問題ごとの正答率などをリアルタイムに把握することができます。これにより、クラス全体の課題を捉えた授業づくりが可能になります。

導入実績 等

【自治体】
・宮城県仙台市
・愛知県名古屋市
・京都府京都市

【学校】
・開智中学校・高等学校
・近畿大学附属中学校
・青翔開智中学校

導入効果

従来の半分の時間で授業が進む!

従来の半分の時間で授業が進む!

2018年に千代田区麹町中学校で行った未来の教室実証事業では、1年生から3年生までの基礎クラスで2・3学期の間、Qubenaを授業の中心にすえて、先生は一斉授業はせずに、個々のサポートにあたるという授業を行いました。結果、学力は維持向上した上で、教科書に設定されている授業時数の半分の時間で学習を終えることできました。更に創出された時間を使い、先取り学習や探求学習を実施することができました。

Qubena導入前の昨年対比で平均点が40%高くなるという結果が得られました。

Qubenaは、生徒一人ひとり合わせて問題が最適化されるため、短期間でそれぞれの苦手を克服、学力の向上をはかることができます。ある私立学校での結果では、Qubenaを活用して16日間の学習を行った後、単元テストを実施した際に、Qubena導入前の昨年対比で平均点が40%高くなるという結果が得られました。利用する学年にもよりますが、きちんと活用をすれば短期間でも一定の効果があることが証明されました。

先生・生徒の声

先生の声

Qubena(キュビナ)小中5教科対応版

・授業中の演習問題をQubenaに置き換えると、通常よりも多くの問題数に取り組めるようになりました。教科書のみの場合、問題のバリエーションに限りがありますが、いろいろな種類の問題に取り組めるのも良い点です。また、使い始めてから生徒の問題への取り組み方が全般的に良くなりました。紙では全く手がつかなかったのが、定着度に応じて問題が出題されるQubenaだと取り組める生徒がおり、苦手な子たちのベースアップにつながっているように思います。
・教師が生徒の学習状況を把握してこれまで以上に声掛けができるようにもなりました。授業でわからなかったところも、Qubenaで学習することで、理解が深まったという生徒もいました。
・問題配信の準備は授業前に数分で済み、紙ではできないスピード感で、かなり作業時間が軽減されています。

生徒の声

Qubena(キュビナ)小中5教科対応版

Qubenaの利用している生徒の皆さんに実施しているアンケートでは、”数学の学習は楽しい” ”数学の学習に積極的に取り組んでいる” ”数学の学習が「得意」である” という項目に対して、Qubena利用前後では平均13ポイントほどポジティブな結果が得られました。Qubenaは、解けば解くほどAIが個々人の習熟度や苦手なポイントを学習していくため、生徒の皆さんには間違えること怖がらないでまずはテンポよくどんどん解いていくことを推奨しているため、取り組み姿勢もあがっていると考えられます。また、間違えた場合にさかのぼって学習をしたり、よくできている場合は応用問題が出されるため、常にちょうど良い難易度の問題が出題されることもこのアンケート結果につながっているものと思われます。



実証事業

2018年度

授業時間と家庭学習へのアダプティブラーニング教材の導入による、学習の効率化と効果についての検証 ・最先端のテクノロジーを使ったSTEAM教育を通した基礎学習の実践的な活用に関する検証を行いました。結果として、学力を維持向上しながら授業時間を約半分に短縮することができ、その創出された時間を使って、STEAMの授業を行うと共に先取り学習等を行うことができました。

実証事業の詳細を見る  報告書PDFを見る 

2019年度

英語・数学の2教科でアダプティブラーニングを活用した学習の効率化と学習効果の向上の検証を行いました。さらに、効率化によって創出された時間を使い、合科されたSDGs教育とSTEAM教育を通して、実社会における社会課題と教科学習の必要性を学ぶプロジェクト型学習を実施しました。結果として、英語でも学力を維持向上しながら授業時間を2~3割短縮することができプロジェクト型学習に時間を充てることができました。

実証事業の詳細を見る  報告書PDFを見る 

2020年度

コロナ休校の影響もあり、浸透しつつあるEdTechサービスの更なる普及に向けて、学校現場での意見を取り入れてEdTechサービスをもう一段進化させる取り組みを行いました。Qubena×学校現場(新渡戸文化学園)のオープンイノベーションにより、AIドリルを活用した学校での評価方法について検証を実施しました。

導入事例
  • 戸田市教育委員会

    戸田市では「世界で活躍できる人間」の育成を目的とした教育改革の一環で「EdTechの推進」等に取り組んでおり、 Qubenaを導入していただいています。

    詳しくはこちら

  • 初芝富田林中学校

    生徒や教員の時間確保のツールとして、生徒一人ひとりに合わせた、個別最適化学習の実現に向けてQubenaを導入しました。

    詳しくはこちら

  • 立命館小学校

    子どもたちの興味や理解度に応じたきめ細かな指導対応を行うと共に, それに伴う教員の業務負荷の削減のためにQubenaを導入しました。

    詳しくはこちら

  • さとえ学園小学校

    「宿題をなくす」という目標から自分で単元や問題を“選ぶ”ことのできるQubenaにその可能性を感じ導入しました。

    詳しくはこちら

導入をご検討の方へ
サービス情報サイト
https://qubena.com/
事業者サイト
https://qubena.com/
サービス料金
例)
自治体一括採用:月額1アカウント当り~600円、学校採用:月額1アカウント当り~1,000円
サービスサンプル素材
導入に関するお問い合わせ
こちらからお問い合わせください
サービス名Qubena(キュビナ)小中5教科対応版
個別最適化学習(アダプティブラーニング)を実現するAIドリル
事業者名株式会社COMPASS
対象学年
  • 小学校
  • 小学校 低学年
  • 小学校 中学年
  • 小学校 高学年
  • 中学校
教科(詳細)
  • 国語
  • 算数/数学
  • 理科(物理・化学・生物・地学を含む)
  • 社会(地理歴史・公民を含む)
  • 外国語
特徴・用途
  • 基礎学力をつける
  • 受験対応
  • 特別支援向け
利用場面
  • 個別学習
教材タイプ
  • ドリル型教材
料金体系
  • 有償
費用例)
自治体一括採用:月額1アカウント当り~600円
学校採用:月額1アカウント当り~1,000円
動作環境【ブラウザ】
Google Chrome 最新バージョン、Microsoft Edge(Chromium)最新バージョン、Mobile Safari 最新バージョン

【ネットワーク】
アプリ利用端末1台あたり1.5Mbps以上
最終更新日:2021年01月26日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • navima

    navimaは個別最適化されたドリルと、学び合いを促進する協働学習支援ツールが一体化...

    詳しくはこちらnavima

  • Music Blocks

    Music Blocks(ミュージック・ブロックス)は、音楽と算数とプログラミングをいっし...

    詳しくはこちらMusic Blocks

  • Studyplus for School

    Studyplus for Schoolは、生徒と先生をクラウドでつなぎ、生徒の日々のスタディログ...

    詳しくはこちらStudyplus for School

  • すらら / すららドリル

    「すらら」は、アニメーションキャラクターと一緒に、一人一 人の理解度に合わせて学...

    詳しくはこちらすらら / すららドリル

  • ライフイズテックレッスン

    ライフイズテックレッスンは、中高累計導入校数【No.1】、1,100校で導入され、18万人...

    詳しくはこちらライフイズテックレッスン

  • STEAM タグラグビー

    小・中・高等学校を対象にした新しい体育教材です。タグラグビーを起点に、算数・数...

    詳しくはこちらSTEAM タグラグビー

  • Inspire High

    世界中の多様な大人たちの生き方・考え方にふれ、学校内外の10代と一緒に答えのない...

    詳しくはこちらInspire High

  • Ai GROW

    IAT(潜在バイアス測定)技術を活用した信頼性の高い気質診断と360°コンピテンシー評...

    詳しくはこちらAi GROW



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?