STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   観光予報DS(Data Science)/ 未来探究ゼミナール
  • line
観光予報DS(Data Science) / 未来探究ゼミナールのイメージ3
観光予報DS(Data Science) / 未来探究ゼミナールのイメージ4
観光予報DS(Data Science) / 未来探究ゼミナールのイメージ5
概要

観光ビッグデータをベースに、街や地域の課題を見つけ、データを掛け合わせ分析し、相関を調べ、エビデンスを元に効果や影響を考えながら解決アイデアの創出までをサポートするSTEAM学習アプリケーションです。

特徴

世界はデータで動いている

世界はデータで動いている

現在の社会経済におけるデータの重要性を、映像を通して、身近な「観光」データや活用事例から学びます。観光予報プラットフォームDS(Data Science)では、観光予報プラットフォームの宿泊データに加え、RESAS・気象庁など「観光」に資するデータを閲覧できます。

データから街や地域の特徴(課題)を見つける

データから街や地域の特徴(課題)を見つける

自治体ごとに人口・産業・気象などの基礎データを確認することで、地域のデータ的な特徴や全国ランキング、平均値との比較を可能とし、観光課題の討議を実施します。

データを掛け合わせ、分析し、相関を調べる

データを掛け合わせ、分析し、相関を調べる

複数データによる相関分析・他都市との比較が可能です。 「データを見る」から「データを活用し分析する」ことを目的としています。異なるデータを組み合わせてみることによって相関関係を調査したり、街や地域間での宿泊推移を比較することで、異なる街や地域でもどのような相関性があるかを調べることができます。

解決策の波及効果を分析する

解決策の波及効果を分析する

仮説案の経済的波及効果予測が可能です。 作成したプランやアイデアが観光資源や、体験イベントなどからどのくらい街や地域に対する還元率があるのかをみることができ、観光がもたらす経済効果について学ぶことができます。また、経済効果をみたら、今度は街や地域全体にどうやって観光客を呼び込みどのくらいの経済効果につながるのかまで調べることができます。

地域社会と観光の関係を知り分析から施策の効果を考える

地域社会と観光の関係を知り分析から施策の効果を考える

学習成果として、ポスターの製作・発表を実施します。ポスターには根拠に用いたデータを掲載するため、3つの機能を使って仮説を立て、更に地域の課題や魅力を裏づけるデータを探し出し、それらを組み合わせてグループで結論を導き出す一連の学びが実現可能です。

導入実績 等

【自治体】
北海道教育庁

【学校】
・三浦学苑高等学校
・同志社中学校
・奈良女子大学附属中等教育学校
(その他20校にて実施)

導入効果

今回導入した中学・高校24校におけるアンケート結果

今回導入した中学・高校24校におけるアンケート結果です。 16項目中13項目「当てはまる&部分的に当てはまる」と80%以上の生徒が回答しています。Q9「自分の役割を果たすことができた」、Q10「同じチームの仲間を支援することができた」の項目において、「当てはまる&部分的に当てはまる」の合計数が最も多かったことから、探究活動の目的の一つである『協働』は『未来探究ゼミナール』により、十分に達成できたことがわかりました。

地域の課題解決策を提案できたと回答した生徒のうち、約2/3の生徒が地域に対する意識が変わりました

地域の課題解決策を提案できたと回答した生徒のうち、約2/3の生徒が地域に対する意識が変わりました。フリーコメントにおいても「街の魅力を再発見できた」「地域の事を調べて詳しく分かったことで、私達の知らない部分もたくさん出てきたし、良い点は伸ばしていき、改善点はしっかり改善していかなければいけないなと思った」など、前向きなコメントも多く、今後の地域活性化の取り組みや行動変容に繋がることが期待されます。

先生・生徒の声

先生の声

観光予報DS(Data Science) / 未来探究ゼミナール

同志社中学校 教諭
「⽣徒が自ら課題を⾒つけ、その課題についてのデータ収集、調査を⾏った上で、エビデンスに裏付けられた形で自分たちなりの解決策を⾒出すことができ、PBLや探究的な学びの体験の場となったと思います。」

修道高等学校 教諭
「生徒は、データと結びつけることで思っていた印象と変わったり、説得力が増したりするということを直に体験できたと思うし、教員のほうもデータをそういう視点でみるのか。それと合わせてこんな見方ができるのかなど、生徒の発想に驚くところもあり、勉強になった。」

生徒の声

観光予報DS(Data Science) / 未来探究ゼミナール

奈良 中学生
フリーコメントを残した389名の生徒のコメント内容を、形容詞と動詞でテキストマイニングしたものです。フリーコメントでも「⾃分たちで課題を⾒つけそれに対しての解決策を出すのはとても⼤切だと思う。プレゼンテーションなど⾃分の意⾒を主張することはこれからの社会では必要なことだと思います。とてもためになる授業でした。」

大分 高校生
「自分の住んでいる町だけれども知らない魅力がたくさんあった。探究ゼミナールをしたから地域の魅力を再発見することができた。」



実証事業

2018年度

『観光教育用教材アプリ』を作成・活用し、小学校から高校までを基本に専門学校や大学まで、段階的に観光産業の知識や、観光産業の構造に関する知識を習得するだけでなく、仮想旅行や観光政策の検討など、観光に関する取り組みを行うことで、地域にどのような経済波及効果をもたらすのかを、「気づき」から楽しみを「発見」しながら学ぶことのできる教育環境の実現を目指し、実証を行いました。

実証事業の詳細を見る  報告書PDFを見る 

2019年度

観光ビックデータを使い、エビデンスを作成し、根拠とともに「表現」するチカラを養う実証を行いました。「観光」切り口に社会だけでなく理科、数学、地理など探究型の学習を即すことのできるアプリの開発、学習プログラムを構築し、観光ビックデータから全国のどこでも学べる、統計・マーケティングとSTEAM教育の確立しました。

実証事業の詳細を見る  報告書PDFを見る 

導入事例
  • 「未来探究ゼミナール×ZOOM」完全オンライン型探究学習/同志社中学校

    「未来探究ゼミナール×ZOOM」完全オンライン型探究学習/同志社中学校

    中学校1年⽣から3年⽣までの異学年のメンバーでグループを構成。オンラインとパワーポイントを駆使して、WITHコロナにおける先進事例として取り組みました。

  • 「県内屈指の進学校」でICT活用を推進/修道高等学校

    「県内屈指の進学校」でICT活用を推進/修道高等学校

    生徒数300名以上による実施。情報を体系的につなげ、因果・関連性を考える力・プレゼンテーションツールを効果的に活用する力を学びました。

  • 「修学旅行受け入れ地域の視点」確かなデータ活用による魅力と課題の発見/奈良女子大学附属中等教育学校

    「修学旅行受け入れ地域の視点」確かなデータ活用による魅力と課題の発見/奈良女子大学附属中等教育学校

    高いICTスキルを活用し、「地域の魅力」を発信する取り組みを実施しました。

  • 「ビッグデータ活用」による満足度の向上を図る活用事例/大分舞鶴高等学校

    「ビッグデータ活用」による満足度の向上を図る活用事例/大分舞鶴高等学校

    「未来探究ゼミナール」導入の目的の一つである「ビッグデータ活用」により満足度の向上につながっています。

導入をご検討の方へ
サービス料金
・生徒おひとり様の場合:¥6,000(税別)50名様以上
・50名様未満の場合:一律¥300,000(税別)となります
 ※詳細はお問い合わせください
サービスサンプル素材
導入に関するお問い合わせ
上記サービス情報サイトお問い合わせよりご連絡をお願い致します。
その他お問い合わせ
株式会社JTB霞が関事業部
観光予報プラットフォームDS(Data Science)
担当者宛
visitjapan2020@jtb.com
サービス名観光予報DS(Data Science) / 未来探究ゼミナール
観光ビッグデータ×STEAM学習×探究プログラム
事業者名STEAM学習アプリケーションを活用した観光人材育成推進協議会 代表企業:株式会社 JTB
対象学年
  • 中学校
  • 高等学校
教科(詳細)
  • 社会(地理歴史・公民を含む)
  • 総合
  • その他
特徴・用途
  • 新たな学習テーマへの出会い(ワクワク)
  • 学びを深める(探究学習)
利用場面
  • 協働学習
  • プロジェクト学習
教材タイプ
  • 実験観察・体験用教材
料金体系
  • 有償
費用・生徒おひとり様の場合: ¥6,000(税別)50名様以上
・50名様未満の場合  :一律¥300,000(税別)となります

 ※詳細はお問い合わせください
動作環境推奨環境
◆P C推奨ブラウザ:Google Chrome(最新バージョン)、Safari(最新バージョン)
◆タブレット推奨OS: iPadOS13.1.X以降
◆タブレット推奨ブラウザ:Safari(最新バージョン)、Google Chrome(最新バージョン)
(Microsoft Edge、Internet Explorer11は非推奨となります(一部正しく動作しない可能性があります))
最終更新日:2021年02月15日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • すらら / すららドリル

    「すらら」は、アニメーションキャラクターと一緒に、一人一 人の理解度に合わせて学...

    詳しくはこちらすらら / すららドリル

  • ライフイズテックレッスン

    ライフイズテックレッスンは、中高累計導入校数【No.1】、1,100校で導入され、18万人...

    詳しくはこちらライフイズテックレッスン

  • Studyplus for School

    Studyplus for Schoolは、生徒と先生をクラウドでつなぎ、生徒の日々のスタディログ...

    詳しくはこちらStudyplus for School

  • Music Blocks

    Music Blocks(ミュージック・ブロックス)は、音楽と算数とプログラミングをいっし...

    詳しくはこちらMusic Blocks

  • Ai GROW

    IAT(潜在バイアス測定)技術を活用した信頼性の高い気質診断と360°コンピテンシー評...

    詳しくはこちらAi GROW

  • navima

    navimaは個別最適化されたドリルと、学び合いを促進する協働学習支援ツールが一体化...

    詳しくはこちらnavima

  • STEAM タグラグビー

    小・中・高等学校を対象にした新しい体育教材です。タグラグビーを起点に、算数・数...

    詳しくはこちらSTEAM タグラグビー

  • デキタス

    学校の勉強を確実に理解するために開発されたオンライン学習教材です。教科書に沿っ...

    詳しくはこちらデキタス



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら