STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   EdTechサービス   >   ジャパンナレッジSchool
ジャパンナレッジSchoolのイメージ1


概要

出版各社から提供された中高生の学習に役立つ辞事典や参考書、新書、統計資料などを一括検索・閲覧できるインターネットサービスです。生徒の学習利用のみならず、先生方の教材作成や研究にもご活用いただけます。

特徴

ジャパンナレッジSchool

日本が誇る二大百科事典をはじめ、国語、外国語辞書から新書にいたるまで、中高生の学習に特化した超一流のコンテンツが勢ぞろい。確かな知識や情報で教科学習から探究まで生徒の学びをしっかりサポートします。

ジャパンナレッジSchool

生徒一人ひとりがアカウントをもち、パソコン・タブレット・スマートフォン、いずれの端末からもアクセス可能。学校・自宅・通学途中などあらゆる学習シーンで利用できるので、調べたいことにいつでもどこでもたどりつけます。ICT教育推進校、BYOD導入校に欠かせない学習ツールです。

ジャパンナレッジSchool

教科学習ではティーチャー、探究学習では生徒のやる気を引き出すファシリテーター、そして個別にフィードバックするアドバイザーとしての役割を担う先生方。膨大で確かな知識のリソースが忙しい先生の授業づくり、教材づくりをお手伝いします。

ジャパンナレッジSchool

主体的で深い学びから生徒一人ひとりの思考力・判断力・表現力の育成を目的とする「探究学習」。中学校では「総合的な学習の時間」、高等学校では「総合的な探究の時間」などの授業で導入されます。探究学習は「課題の設定」「情報の収集」「整理・分析」「まとめ・表現」の4つの過程を繰り返しながら進められます。中高生の学習に特化したジャパンナレッジSchoolの各コンテンツがシーンごとに活躍してくれます。

ジャパンナレッジSchool

基礎的な知識を養い、理解の質を高める教科学習。各教科の本質を理解し、学び方や考え方を育みます。ジャパンナレッジSchoolのコンテンツが各教科の興味関心を高め、基礎的な学力を向上させるお手伝いをします。

導入条件

【パソコンでのご利用】
・Windows 10:Google Chrome 最新版 Microsoft Edge 最新版
・Windows 8.1:Google Chrome 最新版
・Chrome OS:Google Chrome 最新版
・macOS 11:Safari 最新版
・macOS 10.15:Safari 最新版

 ※スマートフォン・タブレットでのご利用の場合、サービス情報サイトをご参考ください。

導入/調達事例
お問い合わせ先

【メールアドレス】
 school@japanknowledge.com
【電話番号】
 03-5213-0872
【URL】
 https://school.japanknowledge.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名ジャパンナレッジSchool
事業者名株式会社ネットアドバンス
種別
対象者中学校、高等学校
教科
特徴/用途
料金体系
費用お問い合わせください
利用形態学校、学年単位での利用(特定の学科、コースでも可)
導入実績20,000人、40校
最終更新日:2021年05月12日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • SPACEBLOCK(スペースブロック)

    専用マイコンボードとビジュアルプログラミングに触れることで、ゲーム感覚でプログ...

    詳しくはこちらSPACEBLOCK(スペースブロック)

  • ストアカ、オフィスク、講師派遣定額サービス

    学びたい人と教えたい人をつなげる「大人の学びのマーケット」。スキルシェアでは国...

    詳しくはこちらストアカ、オフィスク、講師派遣定額サービス

  • リトルプラネット

    遊びが学びに変わる星、「テクノロジー」×「遊び」の新しい体験を通して、 子どもた...

    詳しくはこちらリトルプラネット

  • Clica(クリカ)

    Clicaは、アンケートの実施・収集、意見の投稿・閲覧機能をもつ45万人以上が利用する...

    詳しくはこちらClica(クリカ)

  • 資格スクエア

    難関法律資格に特化した資格取得学習をオンラインで効率的に学ぶことができるサービ...

    詳しくはこちら資格スクエア

  • AI Training+

    語学教育に求められる4技能「聞く、話す、読む、書く」AIの活用により、この全てをト...

    詳しくはこちらAI Training+

  • メロディカロワイヤル

    ゲーム風ビジュアルで77の鍵盤ハーモニカスキルが習得できる映像教材

    詳しくはこちらメロディカロワイヤル

  • Pepper 社会貢献プログラム2

    ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」をプログラミング教育の教材とし...

    詳しくはこちらPepper 社会貢献プログラム2




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら