ホーム   >   EdTechサービス   >   ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」
/existing/db/img/0082/082_mv_01.jpg
概要

最大140インチの大画面投影。 2系統の同時出力ができ、デジタル教科書と実物投影機を並べて一度に見せるなど、大画面を活かした使い方が可能です。ワイドなプロジェクターが、学びの可能性を広げていきます。

特徴

ウルトラワイド超短焦点プロジェクタ「ワイード」の特徴1

これまでの画面サイズ(4:3)が、ちょうど二つ並ぶワイドな画面サイズで投影できます。
2系統の同時出力ができるので、デジタル教科書と実物投影機を並べて一度に見せるなど、ワイドな画面を活かした使い方が可能です。
板書との相性も抜群の、これまでにないワイドなプロジェクターが、学びの可能性を広げていきます。

【一度にたくさん表示できる。最大140インチのウルトラワイド画面です】
アスペクト比16:6 のウルトラワイド投影が可能です。対応画面サイズは、120~140 インチ。
もちろん、従来のアスペクト比16:9 や 4:3 での投影も可能です。

【左にPC画面、右に実物投影機。別々の機器の画面を並べて表示できます】
例えば、デジタル教科書と実物投影機を並べて見せるなど、PBP機能によって左右に別々の機器の画面をサイズを小さくすることなく表示できます。ワイードにしかできない、これまでにない資料提示の方法です。

【授業に合わせて画面を左右にスライド移動。板書とデジタルを融合させる機能です】
ワイードを黒板の中央に設置するだけで、投影画面をリモコン操作で左・中央・右へとスライドできる、「デジタルスライド機能」付。プロジェクターをスライドさせる為に大きなスライドレールを取付ける必要はもうありません。

導入条件

■プロジェクター本体

特になし

■IRペン&LCTユーティリティソフトウェア(電子ペン操作に必要)

Windows Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10
Mac OS X 10.11 El Capitan ~ macOS 10.14 Mojave

お問い合わせ先

http://www.sakawa.net/contact/

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」
事業者名株式会社サカワ
種別
対象者幼児教育、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、大学、社会人教育、教員、学校管理者
教科
特徴/用途
料金体系
費用
利用形態学校での利用、個人利用、学習塾等での利用、その他
導入実績東海大学付属相模高等学校中等部 中等部3学年の全教室導入、愛媛県立高等学校 計56校 計108台導入
最終更新日:2019年02月28日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • すらら

    小学校1年生から高校3年生までの国語、算数/数学、英語の学習を、先生役のアニメー...

    詳しくはこちらすらら

  • DQ Test / DQ World / DQワークショップ

    DQとは、情報リテラシー/情報モラル/デジタルスキルにおける新世界基準であり、OECD...

    詳しくはこちらDQ Test / DQ World / DQワークショップ

  • 動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」

    J-Stream ミテシルは、動画による繰り返し学習と受講者の到達度管理が手軽に実現でき...

    詳しくはこちら動画eラーニングサービス「J-Stream ミテシル」

  • レアジョブ英会話

    オンラインで受講できるマンツーマンの英会話レッスンサービスです。時間や場所を選...

    詳しくはこちらレアジョブ英会話

  • リアルタイム授業支援アプリ 「MetaMoJi Cla...

    「MetaMoJi ClassRoom」は、子どもの成長や授業内容に合わせ、シンプルなノート機能...

    詳しくはこちらリアルタイム授業支援アプリ 「MetaMoJi ClassRoom」

  • N予備校

    N予備校は、今の時代の受験勉強スタイルに合わせ、生放送授業・教材全てをスマホに最...

    詳しくはこちらN予備校

  • プレイスタディーゴー!

    忍者、海賊、宇宙人など400を超えるオリジナルキャラクターとハマる世界観!シンプル...

    詳しくはこちらプレイスタディーゴー!

  • 登降園管理システム

    『登降園管理システム』は、ICカードを用いて、園児の登降園時間をシステム上に記録...

    詳しくはこちら登降園管理システム




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?
未来の教室ってなに?