ホーム   >   EdTechサービス   >   DQ Test / DQ World / DQワークショップ
概要

DQとは、情報リテラシー/情報モラル/デジタルスキルにおける新世界基準であり、OECDのEducation 2030に準じます。簡易テストツール「DQ Test」とオンラインプラットフォーム「DQ World」を使い、この能力を高めていきます。

特徴

DQ Test / DQ World / DQワークショップ

DQと聞いてもあまりイメージが湧かない人が多いはずです。DQとは簡単に言ってしまえば、IQのデジタル版のことです。DQを学習することで、ネット上のリスクを最小化し、チャンスを最大化することができます。またDQは世界基準であるため、日本国内だけでなく全世界での比較も可能な共通言語になります。

DQ Test / DQ World / DQワークショップ

ネット上の危険(ネット犯罪、ネットいじめ、ネット依存等)に直面している子どもたちは思っている以上に多いです。
日本が他国よりも割合が低い理由としては、携帯をそもそも持ち始める年齢が12-15歳に集中していること。(図は8-12歳対象)そして、携帯を持ち始めてもフィルターをかけアクセスに制限を設けている子が多いことが挙げられます。(制限する=可能性も狭めてしまっている恐れがある)
したがって、日本においてもDQを身につけることは、急務になります。

DQ Test / DQ World / DQワークショップ

DQ Test / DQ World / DQワークショップ

DQは8つのスキルに分けられており、DQ Test およびに DQ World を使うことでそれぞれのスキルを学習し、伸ばすことができます。

導入条件

デジタル端末(スマートフォン、タブレット端末、PC)と Wi-Fi 環境が必要になります。

導入/調達事例
お問い合わせ先

info@cyber-felix.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名DQ Test / DQ World / DQワークショップ
事業者名株式会社サイバーフェリックス
種別
対象者小学校、中学校、高等学校、学習塾、保護者
教科 情報、道徳、総合
料金体系
利用形態学校での利用、個人利用、学習塾での利用
導入実績麹町中学校、インフィニティ国際学院、和光中学校、相模女子小中学校、戸田第二小学校、ウィザス第一学院(塾)、濱川学院(塾)、イデアスポット(学習塾)など、のべ4000人が利用
最終更新日:2019年08月07日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 学研プライムゼミ

    「学研プライムゼミ」は有名予備校で多くの受験生を難関大学に合格させてきた実力抜...

    詳しくはこちら学研プライムゼミ

  • Analytics+(アナリティクスプラス)

    Analytics+は、ラーニングアナリティクス総合サービスです。 学習履歴の分析により、...

    詳しくはこちらAnalytics+(アナリティクスプラス)

  • 学べる生放送コミュニケーションサービス「S...

    株式会社スクーが2012年から運営している、学べる生放送コミュニケーションサービス...

    詳しくはこちら学べる生放送コミュニケーションサービス「Schoo(スクー)」

  • オンライン英会話 vipabc

    「オンライン英会話vipabc」は、英語教育分野で世界最大級のEdTech企業「iTutorGroup...

    詳しくはこちらオンライン英会話 vipabc

  • カイズ

    生徒の認知上の個性を診断して、学習内容へのアプローチの仕方を提案するツール。

    詳しくはこちらカイズ

  • ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワ...

    最大140インチの大画面投影。 2系統の同時出力ができ、デジタル教科書と実物投影機を...

    詳しくはこちらウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」

  • JASP/ジュニアアスリートサポートプロ...

    JASPは医・科学的な知識を持つ専門家やトップアスリートが監修したコンテンツを提供...

    詳しくはこちらJASP/ジュニアアスリートサポートプログラム

  • 「書いて、話す」オンライン英会話 ベスト...

    スピーキング&ライティングを多彩な講師陣から学べる、オンライン英会話スクール。日...

    詳しくはこちら「書いて、話す」オンライン英会話 ベストティーチャー




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?
未来の教室ってなに?