STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   EdTechサービス   >   RepeaTalk(リピートーク)
RepeaTalk(リピートーク)の画像のイメージ1


概要

RepeaTalkは4技能強化のための「教員向け音読指導アプリ」です。教員が出した課題を生徒が録音して提出するなど、音読学習を”見える化”し管理を可能にします。中高一貫校を中心にした導入校では年間10~20時間/人の授業外学習が生まれています。

特徴

特徴①:教材による授業連動

【特徴①:教材による授業連動】
授業と関連のないアプリは継続的に利用されません。リピートークなら普段の教科書や単語集で学習できます。

特徴②:練習方法のカスタマイズ

【特徴②:練習方法のカスタマイズ】
設定できる練習は50パターン以上。
スピーキング試験対策も可能です。
また、音読だけでなく和文英訳/ディクテーション/タイピングなどのWriting機能も充実。
レッスン設定は弊社で行うため先生方の事務作業は不要です。

特徴③:AIと教員のハイブリッド添削

【特徴③:AIと教員のハイブリッド添削】
リピートークはAIが直接生徒にフィードバックを行うのではなく、「AIが教員のフィードバック業務をサポート」します。
AIを使った自動採点だけではモチベーションが続かない生徒たちを、教員の負荷なくケアすることが可能です。

特徴④:オンライン英会話と連動

【特徴④:オンライン英会話と連動】
リピートークでロールプレイしてから英会話レッスンを受講すれば効果は倍増。会話に苦手意識がある生徒のフォローにも最適です。

特徴⑤:結果がでる

【特徴⑤:結果がでる】
音読の習慣化によって学習量が増えるため、生徒の学力が向上します。生徒の年平均音読時間が600分を超える導入クラスでは、英検合格率が過去記録を更新するケースが多いです。結果がでるまで弊社のカスタマーサクセスがサポートします。

導入条件

・PC
 ○【OS】 Windows 7以上, Mac OS X El Capitan 10.11 以降, Google Chrome OS
 ○【ブラウザ】 Google Chrome 最新版
 ○【その他】マイク (PC付属も可)

・iOS
 ○ iPadアプリ、iPhoneアプリ(OSの最新バージョンに対応)
  ※ ブラウザからはご利用いただけません

・ Android
 ○ Androidアプリ(OSの推奨バージョンは8.0.0以上)
 ○ 端末推奨RAM(メモリ)は3GB以上
  ※ ブラウザからはご利用いただけません

導入/調達事例
お問い合わせ先

https://form.run/@contact-repeatalk

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名RepeaTalk(リピートーク)
事業者名コトバンク株式会社
種別
対象者小学校、中学校、高等学校、大学
教科 英語
特徴/用途
料金体系
費用学校法人の場合:月額600円/1ユーザー様 (年間契約時)
利用形態学校での利用、学習塾での利用
導入実績浅野中学校、頌栄女子学院 中学校・高等学校など300校(約2.5万人)
最終更新日:2021年08月04日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 資格スクエア

    難関法律資格に特化した資格取得学習をオンラインで効率的に学ぶことができるサービ...

    詳しくはこちら資格スクエア

  • JMOOC公認プラットフォーム「OpenLearning, ...

    OpenLeanig, Japanは、JMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)の公認学習プ...

    詳しくはこちらJMOOC公認プラットフォーム「OpenLearning, Japan」

  • 高機能デジタルドリルプラットフォーム「ノ...

    アナログ学習とデジタル学習の利点を併せ持った繰り返し学習の効果を最大限に引き出...

    詳しくはこちら高機能デジタルドリルプラットフォーム「ノウン」

  • ナレッジデリ

    ナレッジデリは、知識をわかりやすい形でスピーディに配信するためのASPサービスです。

    詳しくはこちらナレッジデリ

  • タンゴスタ!for 英単語ターゲット

    「タンゴスタ!for 英単語ターゲット」は、Webアプリケーションを活用した英単語学習...

    詳しくはこちらタンゴスタ!for 英単語ターゲット

  • atama+

    一人ひとりの得意、苦手、伸び、つまずき、集中状態などのデータをAIが分析し、その...

    詳しくはこちらatama+

  • Edv Path(エデュパス)

    Edv Pathは、生徒の非認知能力を可視化して、適正なコーチング・生徒管理ができる成...

    詳しくはこちらEdv Path(エデュパス)

  • ハツメイカー研究所

    Makeblock社のmBotを使ったプログラミングを動画に合わせて学び、アウトプットする

    詳しくはこちらハツメイカー研究所




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら