ホーム   >   EdTechサービス   >   すらら
教育に変革を、子どもたちに生きる力を。
世の中には、学力や所得、地域の格差などによって十分な教育を受けることができない子どもたちがいます。
私たちはそうした子どもたちにも、ひとりひとりに合った新しい学習体験を届けます。
この学習体験を通じて、子どもたちは、「大人になっても役に立つ真の学力」と「努力をすれば結果が出るという自信」を身につけることができます。のイメージ5
概要

小学校1年生から高校3年生までの国語、算数/数学、英語の学習を、先生役のアニメーションキャラクターと一緒に、一人一人の理解度に合わせて進めることができるアダプティブなe-learning教材

特徴

すららの特徴1

すららでは、レクチャー機能、ドリル機能、テスト機能により、一人一人の習熟度に応じて理解→定着→活用のサイクルを繰り返し、学習内容の定着をワンストップで実現できます。

すららの特徴2

レクチャーは、初めて学習する生徒でも理解できるよう構成され、フレンドリーに語りかけてくるアニメーションのキャラクターと対話式で学習が進みます。スモールステップで、学習内容の根本的な理解を図ります。

すららの特徴3

ドリルでは、一人一人の理解度に合ったレベルの問題がアダプティブに出題されます(難易度コントロール機能)。解けなかった問題についても丁寧に解説し、定着を図ります。回答内容により一人一人の「弱点」を判定し、学び直しを行うことができます(弱点判定機能)。

すららの特徴4

定期テスト対策、学力診断テストをはじめ、さまざまなテスト機能を活用することにより、レクチャーやドリルで学んだ知識をしっかりと定着させ、アウトプットできるところまで実力を高めます。テストで間違えた問題を復習することにより、自分に必要な学習個所を把握し、効率的な学びを実現できます。

すららの特徴5

学習管理画面により、先生や保護者もリアルタイムに学習状況を把握できます。先生や保護者と一緒に学習計画を立案し、進捗管理を行うことができます。また、他の学習者との横のコミュニケーションを図り、励ましあいながら学習することもできます。すららでは、バーチャルイベント、リアルイベントを用意し、学習者の学習意欲を高めています。

導入条件

一定以上の速度かつ安定したネットワーク環境で動作

 

■Windows
OS Windows 10/8.1/7
アプリケーション Windows 10(Edge)他
■iPad
OS iOS 10 / iOS 11 / iOS12
アプリケーション Safari 他
■Android
OS Android 5.1 / 6.1 / 7.0 / 8.1
アプリケーション Google Chrome

 

(2019年7月時点)詳細は下記参照

https://surala.jp/about/reguirement

導入/調達事例
  • 学童保育と学習塾を併設し、究極のアダプティブ対応を実現(Every Day/Every Day Jr.)

    学童保育と学習塾を併設し、究極のアダプティブ対応を実現(Every Day/Every Day Jr.)

    学童保育と学習塾を併設して開校しました。学童に通う低学年の生徒も、「すらら」で個々の学力に適した先取り学習をしています。学童で基礎学力をつけ、そのまま高学年で学習塾に通う良い流れができています。

  • すららで反転授業!予習→授業で演習問題は通常の2倍に(東京立正中学校・高等学校)

    すららで反転授業!予習→授業で演習問題は通常の2倍に(東京立正中学校・高等学校)

    生徒は家庭で「すらら」を使って予習。授業では、教科書の解説ページはさらりと終わり、ほとんどの時間を演習問題に費やします。教員は専用の管理画面を確認し、事前学習の理解度に応じた個別指導を実現しています。

  • 全員が違う宿題を行うアダプティブラーニングを実現(近畿大学附属高等学校・中学校)

    全員が違う宿題を行うアダプティブラーニングを実現(近畿大学附属高等学校・中学校)

    「すらら」でテスト自動作問、配信、採点、誤答部分の復習設定を行う「小テスト」機能を活用し、一人一人が弱点に応じた復習を行っています。家庭学習時間の増加が見られ、模試の結果にも成果が表れています。

  • 発達障がい、学習障がいを持つ生徒の学習もサポート。放課後等デイサービスでの学習支援としても活用(写真は、放課後等デイサービス グローバルキッズメソッド(栃木県))

    発達障がい、学習障がいを持つ生徒の学習もサポート。放課後等デイサービスでの学習支援としても活用(写真は、放課後等デイサービス グローバルキッズメソッド(栃木県))

    すららの小学校低学年版は、子どもの発達科学研究所監修で、学習障がいの子どもたちにも見やすい画面、理解しやすい説明を盛り込むだけでなく、楽しく集中できる仕組みなども用意しています。

お問い合わせ先

すららカスタマーセンター
0120-441-370
受付時間:平日1000-1300/1400-1900
https://surala.jp/contact/

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名すらら
事業者名株式会社すららネット
種別
対象者小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校、 発達障がい、学習障がい
対象学年小学1年~高校3年
教科 国語、算数/数学、外国語
特徴/用途
料金体系
費用お問い合わせください
利用形態学校での利用、学習塾等での利用、放課後等デイサービスでの利用、個人利用
導入実績150以上の学校、690以上の学習塾で合計58,000名以上の生徒が学習(2018年6月現在) 採用塾:英進館(福岡県)、練成会グループ(北海道)、野田塾(愛知県) 採用校:東海大学菅生高等学校(東京都)、桐蔭学園中学校(神奈川県)、近畿大学附属高等学校・中学校(大阪府)、関西大学北陽中学校・高等学校(大阪府)、 清教学園中・高等学校(大阪府)ほか
最終更新日:2019年08月07日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • ICT授業支援ツール サイバー先生

    一斉資料配布、回収を基本としたシステムに、グループワークやアンケート小テストな...

    詳しくはこちらICT授業支援ツール サイバー先生

  • Lark

    Larkは、オンライン授業を実現するビデオ会議だけでなく、チャット、カレンダー、ド...

    詳しくはこちらLark

  • カイズ

    生徒の認知上の個性を診断して、学習内容へのアプローチの仕方を提案するツール。

    詳しくはこちらカイズ

  • ファミプロ(親子プログラミング教室)

    本格的なコードプログラミングをオリジナルiPhoneアプリ作成から身につきます、ペア...

    詳しくはこちらファミプロ(親子プログラミング教室)

  • Metrolearning Rainbow Digital(メトロラー...

    メトロラーニングは、単語や基本的な文章をメトロノームのリズムに合わせて楽しく繰...

    詳しくはこちらMetrolearning Rainbow Digital(メトロラーニング レインボー デジタル)

  • AI英会話アプリケーション「テラトーク」

    AIの技術を活用した、英会話アプリケーション。アプリが共通試験の面接官に、留学先...

    詳しくはこちらAI英会話アプリケーション「テラトーク」

  • JASP/ジュニアアスリートサポートプロ...

    JASPは医・科学的な知識を持つ専門家やトップアスリートが監修したコンテンツを提供...

    詳しくはこちらJASP/ジュニアアスリートサポートプログラム

  • 証明書自動発行システム『パピルスメイト 6』

    在学証明書や成績証明書、JR学割証など、学生生活や就職活動において必要となる証明...

    詳しくはこちら証明書自動発行システム『パピルスメイト 6』




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?