STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   EdTechサービス   >   作ってみよう!
作ってみよう!のイメージ2
概要

3Dスキルを楽しく学べるSTEAM教材です。自由に立体を造形でき、3Dプリンタから自分のアイデアを印刷できます。
中学校技術科目で使用できる板材加工機能も充実しています。

特徴

円柱や立方体などの基本図形をあらかじめ準備しています。

円柱や立方体などの基本図形をあらかじめ準備しています。基本図形を選び、位置や大きさ等のパラメータを指定する事によって、数値で立体物を表すトレーニングを行います。また、基本図形を移動・回転・切断・演算する事によって、様々な形に変化する事を体験して学びます。

練習問題を解くことによって、立体図形の基礎を学ぶことができます。

練習問題を解くことによって、立体図形の基礎を学ぶことができます。問題は簡単なレベルから始まり、順々に高度なレベルに移行します。また、採点機能を持っており、作成したモデルの得点を知ることができます。個人のレベルに応じてゲーム感覚で取り組む事ができます。

作成した立体モデルは3Dの世界標準であるSTL形式でファイル保存でき、3Dプリンタから印刷することができます。

作成した立体モデルは3Dの世界標準であるSTL形式でファイル保存でき、3Dプリンタから印刷することができます。お手元に3Dプリンタがあれば、自分で作った立体モデルを実際に立体物として手に取ることができます。

サンプルデータが登録されている戸棚からデータを自由に読み込めるので、お子様でも簡単に3D図形を作成することができます。

サンプルデータが登録されている戸棚からデータを自由に読み込めるので、お子様でも簡単に3D図形を作成することができます。サンプルデータはユーザーが自由に登録することができます。

作ってみよう!

中学校の技術・家庭科の技術分野「(A)材料と加工の技術」の新機能を追加しました。木材などを簡単にマウス操作で切断や組立できます。また、材料取り図(木取図)や第三角法と取り入れた組み立て図、部品表などもサポートしています。
https://avalontech.co.jp/toppage/concept/woodworking/

導入条件

■クラウド版
Google Chrome・Microsoft Edge・Mozilla Firefox・Safari
インターネット環境 必要

■Windows版
OS:Windows10(32bit/64bit)/ Windows11
Webブラウザ:Google Chrome・Microsoft Edge
CPU Intel Core i5/i7(2.6GHz)以上 / AMD Phenom Ⅱ(2.6GHz)以上
搭載メモリ 4GB(8GB推奨)
HD空き容量 100MB以上
モニタ 解像度 1280×1024以上
マウス スクロール・ホイール付(または3ボタン)
インターネット環境 不要

導入/調達事例
お問い合わせ先

03-5934-7286
info@avalontech.co.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名作ってみよう!
事業者名株式会社アバロンテクノロジーズ
種別
対象者小学校、中学校、高等学校、特別支援学校(知的、その他)
対象学年小学校2年生以上
教科 美術・図画工作、技術・家庭、総合、その他
特徴/用途
料金体系
費用お問い合わせください。
利用形態学校での利用、個人利用、学習塾等での利用
導入実績日本全国236団体
https://avalontech.co.jp/toppage/concept/results/
最終更新日:2023年04月25日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 登降園管理システム

    『登降園管理システム』は、ICカードを用いて、園児の登降園時間をシステム上に記録...

    詳しくはこちら登降園管理システム

  • Monoxer(モノグサ)

    「Monoxer」は、AIによって一人ひとりの記憶状況から得意、不得意を把握。英単語、漢...

    詳しくはこちらMonoxer(モノグサ)

  • プログミー

    プログミーは、業界初の複数人で操作できるビジュアルプログラミングアプリです。 ...

    詳しくはこちらプログミー

  • okke

    「okke」(オッケ)は、誘惑なく授業動画、用語・公式、記事を効率よく検索でき、マイ...

    詳しくはこちらokke

  • AI Training+

    語学教育に求められる4技能「聞く、話す、読む、書く」AIの活用により、この全てをト...

    詳しくはこちらAI Training+

  • 英語手書き認識採点システムSiF

    AIが英語の手書きライティングを文字認識・文法添削して評価します  ペーパーテ...

    詳しくはこちら英語手書き認識採点システムSiF

  • 地図太郎Lite for Education

    「地図太郎Lite for Education」は世界中から集めた地図データを使って「見る」・「...

    詳しくはこちら地図太郎Lite for Education

  • 画像を使ってAI開発を学ぶ Humanome Eyes(...

    Humanome Eyes探究学習プランは、ノーコードツール(プログラムを一切書かずにAIをつ...

    詳しくはこちら画像を使ってAI開発を学ぶ Humanome Eyes(ヒューマノーム・アイズ)探究学習プラン




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら