ホーム   >   EdTechサービス   >   AI英会話SpeakBuddy
AI英会話SpeakBuddyのメイン画像1
AI英会話SpeakBuddyのメイン画像2
AI英会話SpeakBuddyのメイン画像3
概要

音声認識を利用しスマホでいつでも英語スピーキング練習ができます。日常からビジネスまで、ネイティブの使う英会話表現を、シナリオに基づきAIキャラクターとの対話形式で楽しく学べます。

特徴

AI英会話SpeakBuddyの特徴1

AIキャラクターが相手なので恥がなく、 対人より気軽に話せます。コンテンツは100超のシチュエーションに500超のシナリオがあり、随時更新します。
話の展開によりキャラクター2人とユーザーの3人でトークするなど、実践的なトーク内容で楽しく会話できます。

AI英会話SpeakBuddyの特徴2

学習目的、レベル、学習時間を選んで、一人一人に合わせたカリキュラムを設定することができます。毎日リマインドしますので学習が習慣化します。

AI英会話SpeakBuddyの特徴3

毎週更新のランキング機能で学習結果のランクを確認でき、モチベーションアップにつながります。

AI英会話SpeakBuddyの特徴4

英会話シナリオは、リスニングモードや単熟語モードで学習内容の定着をはかります。また、AIキャラクターとフリートークを楽しめるスモールトークモード、日本人の苦手な発音練習ができる発音モードがあります。

企業で導入の際には、管理画面より管理者の方がユーザーの利用状況を把握し管理することができます。

導入条件

iOS iPhone、iPad、iPod touchに対応/iOS11.0以上
Android android4.1以上

導入/調達事例
  • 東京電機大学の教材として導入

    東京電機大学の教材として導入

    2018年度の英語授業の教材として導入いただき、6名の先生方、約250名の学生が英語学習に利用中です。授業後のアンケートには「英語を話す抵抗感が減った」という回答がありました。

お問い合わせ先

info@apparray.biz

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名AI英会話SpeakBuddy
事業者名appArray株式会社
種別
対象者小学校、中学校、高等学校、大学、社会人教育
教科
特徴/用途
料金体系
費用個人プラン:月額1,950円 1ヶ月間、全機能が利用出来る無料トライアル期間があります。 企業・学校プラン:ご利用金額はお問い合わせください。
利用形態個人利用 企業研修での利用 学校の授業での利用
導入実績個人利用:累計10万超ユーザーが利用 企業研修での利用実績 東京電機大学様で2018年度の英語授業の教材として導入、250名の学生が利用(※AI英会話が大学の授業に導入されたのは国内初)
最終更新日:2018年12月06日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 高機能デジタルドリルプラットフォーム「ノ...

    アナログ学習とデジタル学習の利点を併せ持った繰り返し学習の効果を最大限に引き出...

    詳しくはこちら高機能デジタルドリルプラットフォーム「ノウン」

  • 学べる生放送コミュニケーションサービス「S...

    株式会社スクーが2012年から運営している、学べる生放送コミュニケーションサービス...

    詳しくはこちら学べる生放送コミュニケーションサービス「Schoo(スクー)」

  • 英語手書き認識採点システムSiF

    AIが英語の手書きライティングを文字認識・文法添削して評価します  ペーパーテ...

    詳しくはこちら英語手書き認識採点システムSiF

  • 受験コンパス

    大学受験生のための「個別カリキュラム作成」「学習管理」ができる学習塾専用アプリ...

    詳しくはこちら受験コンパス

  • Z会オンライン個別指導

    家庭やインターネット接続が可能な場所であればどこででも、PC・タブレット・スマホ...

    詳しくはこちらZ会オンライン個別指導

  • コドモン

    「CoDMON(コドモン)」は園長や保育士の日々の業務負担軽減を目的とした、保育園専...

    詳しくはこちらコドモン

  • Tech Kids School(テックキッズスクール)

    「AbemaTV」など多数のサービスを開発するIT企業サイバーエージェント運営。本格的な...

    詳しくはこちらTech Kids School(テックキッズスクール)

  • Video+(ビデオプラス)

    「Video+」は、動画教材作成配信サービスです。 インタラクティブで教育効果の高いビ...

    詳しくはこちらVideo+(ビデオプラス)




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?