STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   学習ログを通じた公教育と民間教育の連携による個別最適学習の実現
  • line
中学校でのAIドリル活用により、生徒一人ひとりの学習ログを蓄積のイメージ1
蓄積した学習ログを学校・塾・保護者で共有し、子どもたちの学習を多角的に支援のイメージ2
学校と塾が同一のLMSを利用することにより、シームレスな学習を目指すのイメージ3

実証事業 報告書

  成果報告 (2021年度)  

2021年度 の 成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告2021:株式会社すららネットPDF:「未来の教室」実証事業成果報告2021:株式会社すららネット

本事業について

目的

教育データを、学習者にかかわるあらゆる支援者・指導者が共有可能な状態にしておくことによって、特定の指導者に負荷が集中するという課題を解消し、、学習者にとっても効率的かつ効果的な学習の実現を目指します。

概要

学力状況把握テスト

学力状況把握テスト

事業期間中および終了時に、「すららドリル」のテスト機能を活用して、既習内容の基礎力確認テストを、各単元につき2回ずつ行いました。

学習必要単元の抽出・選定


(※クリックで拡大表示します)

1回目の基礎力確認テストの結果から、単元別の正答率をもとに、復習すべき単元を抽出、選定しました。

学習計画策定支援・弱点単元の学習支援


(※クリックで拡大表示します)

①②の状況に基づき、学習塾の講師が、生徒・保護者に対して学習カウンセリングを実施し、学習計画の策定等、弱点克服のための支援を行いました。

学習ログ・学習計画に基づく個別学習


(※クリックで拡大表示します)

①~③に基づき、生徒が自身が必要とする単元の学習に、個別に取り組みました。

成果

弱点の量は生徒により8.4倍の差、個に応じた学習を支援


(※クリックで拡大表示します)

実証期間中、中学校において、学校で学習済みの範囲について2週間に1回(計5回)、すららドリルを利用して英語の基礎力確認テストを実施したところ、生徒により計13~110個の弱点や復習を必要とする箇所が発見されました。

個別最適な学習により、単元正答率が最大30ポイント向上


(※クリックで拡大表示します)

基礎力確認テストの平均得点率と、最後に実施したまとめテストの得点率を比較して、得点率の伸びを算出したところ、学習塾講師から配信された復習課題(目標)の達成率と正の相関が見られ、AI教材と学習塾講師の支援による個別最適化された学習に取り組むことにより、学習内容の定着度が高まっていることがうかがえます。

全範囲を網羅的に学習するのに比べて学習量を6割に削減


(※クリックで拡大表示します)

すららに搭載された学習リコメンデーション機能や学習塾講師による個別の学習アドバイスによって、生徒が復習を必要とする単元は、全単元を網羅的に学習する場合と比べて約6割の学習量で済みました。

教員・保護者に加えて第3の存在がポジティブな効果


(※クリックで拡大表示します)

実証終了時の生徒アンケートの結果では約8割の生徒が英語の学習に対してポジティブな気持ちを持つようになりました。さらに、本実証に参加した多くの生徒が、英語に限らず「実証事業を通じて勉強の仕方が分かるようになった」と回答しました。

9割の保護者が学習ログ連携に有用性を実感


(※クリックで拡大表示します)

保護者が自身の子どもの学習状況を確認できる学習管理画面のアカウントを付与し、学習に対する励ましや声掛けをするように促しました。その結果、実証終了時の保護者アンケートに回答した全員が適宜学習に関する声掛けを行ったと回答しました。

実証環境

ICT環境が整備されており、2020年には生徒1人1台のChromebookを導入。EdTech導入補助制度によって、AIドリル「すららドリル」の活用も始まった。2021年には大分県の「授業のイノベーションを促すフロンティア校」に認定されICTを効果的に活用する授業を推進している。


お問い合わせ先

future_academy@hakuhodo.co.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名学習ログを通じた公教育と民間教育の連携による個別最適学習の実現
受託事業者名株式会社すららネット
実証パートナー名真未来塾(長崎県)、個別指導Good Thing(東京都)、あかり塾(広島県)、learning base WITH(沖縄県)
実証年度
事業カテゴリー種別
実証校玖珠町立くす星翔中学校(大分県)
対象
対象学年中学1年生

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 栄養教諭が学校・教員を繋ぐ架け橋となる 食...

    “栄養教諭“に着目し、学習者にとって身近で自分ごとにしやすく、他分野に個別探究が発展する「食(チョコ)」を題材に学びのSTEAM化を目指す。

    詳しくはこちら栄養教諭が学校・教員を繋ぐ架け橋となる 食から始まる「学びのSTEAM化」促進事業

  • 教育現場における生成AIの効果的な活用方法...

    詳しくはこちら教育現場における生成AIの効果的な活用方法と現場導入に向けた課題に関する実証事業

  • 「STEAMプログラムハッカソン」事業

    学校現場に根付くSTEAMプログラムの開発。合わせて、学校現場に根付くSTEAMプログラムに共通するデザイン原則の開発。

    詳しくはこちら「STEAMプログラムハッカソン」事業

  • ルールメイカー育成プロジェクト2022

    生徒が中心となり先生や関係者と対話しながら校則・ルールを見直していく取り組みです。立場や意見の違う人たちと、対話から納得解をつくるプロ...

    詳しくはこちらルールメイカー育成プロジェクト2022

  • フィールドスタディ(インターンシップ)を...

    企業について情報収集をする「視点」を身につけた上で ●地域の企業が、地域や社会の課題を解決していることに気づくこと ●自分の言葉で質問で...

    詳しくはこちらフィールドスタディ(インターンシップ)を含む「総合探究学習支援プログラム【locus】」

  • 探究学習を進学・就職につなぐ制度設計に関...

    詳しくはこちら探究学習を進学・就職につなぐ制度設計に関する実証実験

  • 「(仮称)さいたま市地域部活動統括団体」...

    さいたま市では部活動を学校から完全に切り離し、地域部活動「統括団体」の元で活動を実施することを目指している。本実証事業では、さいたまス...

    詳しくはこちら「(仮称)さいたま市地域部活動統括団体」による部活動指導者派遣モデルの創出事業

  • 教育⽀援コミュニティのデータベース化及び...

    詳しくはこちら教育⽀援コミュニティのデータベース化及びその活用と多様な伴⾛者の学校参画促進に関する実証事業



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら