STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   「未来の教室(学びの場)創出事業)〜Robotics×Media Arts 社会課題解決・創造STEAMS PBLプログラム 全国の高校・中学校とともに〜
  • line
のイメージ1
メイン画像①

実証事業 報告書

  成果報告 (2020年度)  

2020年度 の 成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告2020:NPO法人TOKUSHIMA雪花菜工房PDF:「未来の教室」実証事業成果報告2020:NPO法人TOKUSHIMA雪花菜工房

本事業について

目的

本事業ではNYアカデミーのメンター制度の仕組みを参考に、学生にとって新たな仕事機会、キャリア構築を目指すとともに、高校生以下の創造的な学習意欲の拡大・教師が孤立しないためのエコシステム醸成を模索する。

概要

メディアアート

メディアアート

ビジュアルコーディングの基礎やアニメーション・インタラクションなどを(創ると知るの循環の中で)学び、 一方でアート思考・コンセプトメイキングなどをしっかり醸成することで、社会課題解決ソリューションの 新たな表現・マーケティングなどの可能性を具体例を通じて模索する(創造型・プロジェクト型)プログラム

ロボティクス

ロボティクス

EV3レゴマインドスストームを活用したプログラミングプログラムを実施。プログラミングの起訴を学んだ後、専門高校が抱える学校の課題や地域課題、生活の悩みなどをプログラミングを通して解決を目指す。

大学生メンター

大学生メンター

本事業では「大学生メンター」の活用を実証。専門家によるオンライン講義を補う形で、地元の大学生を活用したサポートを実施。生徒の身近な存在となり、また、教員の負担軽減につながり、大学生メンターの可能性が大きく広がった。

プロトタイプモデルの作成

プロトタイプモデルの作成

プログラミングの基礎を「遊び」を通して学び、生徒の学ぶ意欲を刺激しつつ能力を育成。基礎部分を活かし、参加各校が抱える学校ごとの課題に対して仕様書およびプロトタイプモデルの作成を通して想いを形にしていく。

オンラインシステム

オンラインシステム

新型コロナウイルスカンセ印象の影響もあり、全授業がオンラインとなった。予定とは異なるが、オンラインによる遠隔授業が十分に成立することが実証された。

成果

生徒制作作品(メディアアート)


(※クリックで拡大表示します)

徳島商業高項において、「総合実践」を受講する16名がメディアアートプログラムに参加。授業で実施するホームページ作成とコラボし、企業のホームページにアニメーションの組み込み等を行った。

実証環境

【端末種別】学校のデスクトップPC240台(本事業では80台程度を主に使用)
【利用教材】EV3、p5js


お問い合わせ先

future_academy@hakuhodo.co.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名「未来の教室(学びの場)創出事業)~Robotics×Media Arts 社会課題解決・創造STEAMS PBLプログラム 全国の高校・中学校とともに~
受託事業者名特定非営利活動法人TOKUSHIMA雪花菜工房
実証パートナー名株式会社steAm
実証年度
事業カテゴリー種別
実証校徳島県立徳島商業高等学校 徳島県立吉野川高等学校 沖縄県立沖縄水産高等学校 沖縄県立真和志高等学校 北海道立旭川農業高等学校  北海道倶知安農業高等学校
対象
対象者初中等
対象学年高校2年生・高校3年生

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • プロスポーツチーム等との連携による「新し...

    地域のスポーツ資源の力をフル活用し、市内の子どもたちが、各自の興味・関心・能力に合わせて安全・安心にやりたいスポーツを持続的にできる環...

    詳しくはこちらプロスポーツチーム等との連携による「新しい放課後スポーツ」に関する実証事業

  • 「GIGAスクール時代のテクノロジーとメディ...

    1.教員が個人で主導するだけではなく、組織単位で広くSTEAM教材活用を進めるためのプロセスを整備し、そのネットワークを全国に拡大していく。...

    詳しくはこちら「GIGAスクール時代のテクノロジーとメディア~デジタル・シティズンシップから考える創造活動と学びの社会化~」国公立学校を対象とした授業実証

  • 教育長が主導する学校や学びの転換プログラム

    詳しくはこちら教育長が主導する学校や学びの転換プログラム

  • 「(仮称)さいたま市地域部活動統括団体」...

    さいたま市では部活動を学校から完全に切り離し、地域部活動「統括団体」の元で活動を実施することを目指している。本実証事業では、さいたまス...

    詳しくはこちら「(仮称)さいたま市地域部活動統括団体」による部活動指導者派遣モデルの創出事業

  • 探究学習を進学・就職につなぐ制度設計に関...

    詳しくはこちら探究学習を進学・就職につなぐ制度設計に関する実証実験

  • 「旅する学校 みらいハイスクール」

    ”越境可能な多様で開かれた教育システム”の実現に向けて、「学校・地域」「全日制・通信制」の枠を超えた個別最適で協働的な学びの実証を行う。

    詳しくはこちら「旅する学校 みらいハイスクール」

  • AIドリル「Qubena」の学習ログを活用した観...

    EdTechサービス(Qubena)と学校現場(新渡戸文化学園)のオープンイノベーションにより、AIドリル「Qubena」の学習ログを用いて学校での観点別評価...

    詳しくはこちらAIドリル「Qubena」の学習ログを活用した観点別評価の検証(Qubena×新渡戸文化学園のオープンイノベーション)

  • 旅のミライへ!地域と紡ぐ「観光」教育プロ...

    小学校から高校まで、観光産業の知識や構造に関する知識を習得し、仮想旅行や観光政策の検討など、観光への取組みが経済効果をもたらすのか、「...

    詳しくはこちら旅のミライへ!地域と紡ぐ「観光」教育プログラム



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら