ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   自ら課題を発見・設定するPBLの開発とその実証~地域企業価値最大化プログラム~
/existing/verify/image/a0013/027_mv_pc_01.jpg
目的

・中高生がゼロから課題を発見・設定するPBLの開発と提供 ・中高生がゼロから課題を発見・設定することを支援するための社会人向け研修の開発と提供 ・教科教育接続を視野に入れたPBL開発への仮設検討

概要

自ら課題を発見・設定するPBLの開発とその実証~地域企業価値最大化プログラム~の概要用画像1

PBLや探究学習のなかで最も難しいとされるのが、大人や教師が課題を設定するのではなく「生徒が自ら課題を発見・設定する」というプロセスです。14年以上にわたって探究型の学習を開発し、現在年間で全国140校、2万5千人に提供している実績とノウハウを活かして、地域企業の課題をテーマにしたPBLを開発します。地域企業の課題に取り組む前に学校を使って課題解決に取り組むステップを設定したり、学習理論を用いて生徒の情動が動くことを学びのプロセスに盛り込むことで、生徒の「主体性」を育み、社会に存在する課題や可能性を発見する目を養います。

自ら課題を発見・設定するPBLの開発とその実証~地域企業価値最大化プログラム~の概要用画像2

教育と探求社は、社会全体が学びの場となり「価値」・「知」・「人材」を創造し続ける学習者を核とするエコシステムが『未来の教室』であると考えます。社会にある全てのリソースを教育コンテンツ化すること、学習者である生徒がそれらに対して興味関心を抱くよう出会いの機会と出会い方を教育プログラムのなかで設計すること、そして活動を通して学びへの意欲を高め、体系化された知に触れて学びを深めるとともに、知を創造していくことを目指します。

自ら課題を発見・設定するPBLの開発とその実証~地域企業価値最大化プログラム~の概要用画像3

協力いただく企業人に対して研修を行ったうえで学校に訪問していただき、中高生に対する授業の実施や生徒の企画検討のファシリテーション、講評、学び合いの中で、働く意欲の向上とサーバント・リーダーシップの形成を実現します。中高生の学びを支援するのではなく、「学びの当事者」として授業に関わっていただく中で、中高生自身の大人に対する意識の変容を促すとともに、企業人と企業への価値を最大化します。

自ら課題を発見・設定するPBLの開発とその実証~地域企業価値最大化プログラム~の概要用画像3

台本のようにデザインされたワークブックや、生徒の心を動かすワークシートを用意し、授業実施の前には、授業を行っていただく教員の方への研修を実施します。年間130校、千人を超える先生の探求学習をサポートしている弊社学校コーディネーターが、先生の授業実践をサポートすることで、生徒たちの学びの最大化を実現します。

自ら課題を発見・設定するPBLの開発とその実証~地域企業価値最大化プログラム~の概要用画像3

中高生が生活している地域の企業を「学びのリソース」として扱うことで、中高生の課題解決力や発見力を育成するだけではなく、地域企業への理解促進や、地域自体への愛着の醸成、課題認識の確立を目指します。また地域の企業人とともに学び合ったり、発表の場を地域に開かれた場とすることで知意識民の意識を教育に向け、「マルチステークホルダーで次世代を育てる地域」の基盤づくりも行います。

中間報告

『「未来の教室」実証事業中間報告:株式会社教育と探求社』の中間報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業中間報告:株式会社教育と探求社PDF:「未来の教室」実証事業中間報告:株式会社教育と探求社

成果報告

『「未来の教室」実証事業成果報告:株式会社教育と探求社』の成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告:株式会社教育と探求社PDF:「未来の教室」実証事業成果報告:株式会社教育と探求社

実証環境

普通教室において実施

実証事業に協力いただく学校と企業が決定しました!

高まる地元企業、学校からの期待
福岡市立東光中学校と福岡舞鶴高等学校と株式会社岩田屋三越、ラブエフエム国際放送株式会社、Webマーケティングのアンダス株式会社の今回の実証事業への協力が決定しました。企業人の授業を受けたり、職場をフィールドワークしたりしながら、生徒は企業が持つ資源にフォーカスし、そこから企業にどのような可能性があるのか探求していきます。生徒を学びの主人公に据えることで、彼らの主体性と創造性を引きだし、企業人が思いもつかないような提案を目指します。8月1日、2日で関係者との打ち合わせを終えましたが、先生方も企業のみなさんもやる気十分。9月からの取り組みに対する期待が高まっています。

お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名自ら課題を発見・設定するPBLの開発とその実証~地域企業価値最大化プログラム~
受託事業者名株式会社教育と探求社
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域福岡県:福岡市
実証校 福岡市立東光中学校、川島学園 福岡舞鶴高等学校
対象
対象者中学校、高等学校(社会人教育)
対象学年中学1年生~高校3年生

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • CHANGE-MAKER’s Lab.

    本事業の目的は、これまでの一社一プログラム・教科単元連動型の教育支援から、産官学連携・専門性を有する複数企業協働による分野横断型・探究...

    詳しくはこちらCHANGE-MAKER’s Lab.

  • 旅のミライへ!地域と紡ぐ「観光」教育プロ...

    小学校から高校まで、観光産業の知識や構造に関する知識を習得し、仮想旅行や観光政策の検討など、観光への取組みが経済効果をもたらすのか、「...

    詳しくはこちら旅のミライへ!地域と紡ぐ「観光」教育プログラム

  • 学習指導要領に紐づいた体験型授業「ABSL(A...

    企業プログラムや多様な社会教育施設のプログラムなど、児童生徒がわくわくしながら体験的に学べるコンテンツを開発・整理し、将来的には教科の...

    詳しくはこちら学習指導要領に紐づいた体験型授業「ABSL(Active Based Subject Learning)」の開発・実証

  • 顧客の「横断的体験」を生み出せる「システ...

    産業構造の大きな変化の中で求められる横断的な体験を作り出すための”システムとしてデザインする”という新しいスキルについて定義し、これを習...

    詳しくはこちら顧客の「横断的体験」を生み出せる「システムデザイン人材」を育成する講座の開発

  • 公教育と民間教育の連携による、個別最適化...

    Society5.0で実現されるべき「個別に最適化された学び」には、学校教育と民間教育の協力・連携が理想的であり、そのひとつの形を実証するため。

    詳しくはこちら公教育と民間教育の連携による、個別最適化された学びの未来の形

  • 震災復興からのSDGs@釜石を題材にした人材...

    ・現実の社会課題を題材とした、実践的能力開発プログラムの構築。 ・主体性、課題設定・発見力等を身につけた「課題解決・変革型人材」の育成。

    詳しくはこちら震災復興からのSDGs@釜石を題材にした人材育成プログラム

  • 認知症ケア施設(リビングラボ)を学びの場...

    チェンジメイクを業務目的とする担当社員に対して、大牟田リビングラボを舞台にサービス開発の実践を通じ、Marketing4.0を超える人間観、コミュ...

    詳しくはこちら認知症ケア施設(リビングラボ)を学びの場とした人材育成プログラム

  • 公教育と民間教育の連携実証 ~「自立学習RE...

    「自立学習RED」の基幹エンジンであり、AIを活用した個別最適化学習プログラムである「eフォレスタ」を公教育向けに再定義した上で、学校現場の...

    詳しくはこちら公教育と民間教育の連携実証 ~「自立学習RED」の公教育導入実証~




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?