STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   EdTechサービス   >   Z会Asteria英語4技能講座
Z会Asteria英語4技能講座のメイン画像1
/existing/db/img/0027/027_mv_01_pc.jpg

概要

単語や表現を覚え始めた初学者から、帰国子女の英語力維持まで、iPad1台で英語4技能学習のすべてが完結する講座です。

特徴

Z会Asteria英語4技能講座の特徴

史上初、CEFR-J準拠の英語4技能講座です。各技能「Training」と呼ばれるアダプティブ学習を進め、Can-doを積み上げます。発信技能は「Brush Up」と称したWritingの添削課題とOnline Speakingで学習の総仕上げを行います。
年齢・学年を問わず、学習者の各技能の実力から学習をスタートし、レベルを高めていくことができます。同じくCEFR-Jベースで英語力を測るアセスメント「英語CAN-DOテスト」と成績連携しており、実力測定→学習→実力測定→更なる学習、という学習のスパイラルを実現しています。

導入条件

iPad(2017年3月発売モデル/2018年3月発売モデル)
iPad Air/iPad Air2
iPad Pro(9.7インチ/10.5インチ/12.9インチ)
iPad mini2/iPad mini4
※ 2018年4月20日現在

 

導入/調達事例
  • 日大三島高等学校・中学校:土曜補習と短期留学前の集中特訓

    日大三島高等学校・中学校:土曜補習と短期留学前の集中特訓

    土曜補習:中1~高2までの約100名を一堂に集め、個々のレベル・進度に沿った個別補習を実現 、短期留学前の集中特訓:アメリカ留学を控えた約30名の高校生の家庭学習用教材として利用

お問い合わせ先

〒411-0033静岡県三島市文教町1-9-11 
Z会文教町ビル9FZ会ソリューションズ
Tel:0120-7575-40
Mail:z-school@zkai.co.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名Z会Asteria英語4技能講座
事業者名(株)Z会
種別
対象者小学校(高学年)、中学校、高等学校、大学・社会人
教科 外国語(英語)
料金体系
費用有料。個人向け7,800円~11,800円。学校向け特別価格あり。
利用形態個別学習。家庭学習としても学校利用としても利用できます。
導入実績日本大学三島高等学校・中学校
最終更新日:2018年08月27日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • easel(イーゼル)

    ー 感性(センス)と論理(ロジック)をともに磨くー プログラミングの学習に「アー...

    詳しくはこちらeasel(イーゼル)

  • Metrolearning Rainbow Digital(メトロラー...

    メトロラーニングは、単語や基本的な文章をメトロノームのリズムに合わせて楽しく繰...

    詳しくはこちらMetrolearning Rainbow Digital(メトロラーニング レインボー デジタル)

  • 安心ナビ

    お子さまをいつでも見守れる、探せる、安心サービスとなっております。お子さまの居...

    詳しくはこちら安心ナビ

  • NEW TREASURE Digital Textbook

    全国の多くの中学・高校でご利用いただいている英語教科書NEW TREASUREのデジタル教...

    詳しくはこちらNEW TREASURE Digital Textbook

  • プログミー

    プログミーは、業界初の複数人で操作できるビジュアルプログラミングアプリです。 ...

    詳しくはこちらプログミー

  • MobiConnect for Education

    ”教育現場には教育現場に必要な管理”を第一に考え、「子どもたちが安全にタブレット...

    詳しくはこちらMobiConnect for Education

  • ハイスクール@will(アット・ウィル)

    目標や希望に応じて、意のままに受講カリキュラムを設定できる映像授業システム

    詳しくはこちらハイスクール@will(アット・ウィル)

  • 証明書自動発行システム『パピルスメイト 6』

    在学証明書や成績証明書、JR学割証など、学生生活や就職活動において必要となる証明...

    詳しくはこちら証明書自動発行システム『パピルスメイト 6』




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら