STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   EdTechサービス   >   日本語.COM
日本語.COMのイメージ1
メイン画像

概要

日本語での会話コミュニケーションを中心に自習用教材や管理機能なども兼ね備えた日本語学習LMSサービス

特徴

日本語.COM

日本語を母語としない小学生〜社会人を対象に、日本人ネイティブ講師と1:1オンライン会話で日本語会話を学習できます。最適な開始レベルを測定してスタートできるので、無駄なく効率的に学習を進めることができます。また、会話教材には語彙・文法・敬語表現・日本人的コミュニケーション傾向などを考慮した独自の会話能力指標(JOT)を基準として作成しているため、より実践的な学習を計画的に進めることが可能です。

日本語.COM

日々の学習の履歴を学習者本人や管理者(先生や企業の教育担当者など)のどちらからも閲覧できるので、定期的な学習の振り返りや今後の学習計画の立案などを正しく行うことが可能です。

日本語.COM

登録している講師陣は日本語教育としての専門家だけではなく、様々な分野に精通した講師から選抜し、研修を経て登録を行っている為、幅広い分野に対応可能な指導能力の高い講師から自由に選択してレッスンを受講することができます。

日本語.COM

講師とのオンライン日本語会話レッスンだけでなく、自学自習用の教材も豊富にご利用頂けます。単語の学習・文法の学習など基礎的なインプット学習はもちろん、読解演習などアウトプット学習も可能です。また、全教材には確認テストが付属しており、学習履歴から振り返ることが可能になっています。

導入条件

PC、タブレット、スマートフォン、インターネットブラウザとネット接続環境。

導入/調達事例
お問い合わせ先

info@ge-partners.co.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名日本語.COM
事業者名GEパートナーズ株式会社
種別
対象者小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、大学、社会人教育、学校管理者
対象学年小学生、中学生、高校生、大学生、社会人
教科 その他(日本語)
特徴/用途
料金体系
費用一般会員の場合:有料 1ヶ月12,000円(1:1オンライン話レッスン10回に加えて単語学習教材・文法学習教材・読解学習教材の利用が可能) 学校向けプランの場合:お問い合わせ下さい。
利用形態学校での利用、個人利用
導入実績現時点では法人向け・個人向けサービスとして販売しており、学校向けの導入はありません。
最終更新日:2020年10月08日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 高機能デジタルドリルプラットフォーム「ノ...

    アナログ学習とデジタル学習の利点を併せ持った繰り返し学習の効果を最大限に引き出...

    詳しくはこちら高機能デジタルドリルプラットフォーム「ノウン」

  • Monaca Education

    HTML5やJavaScriptといったWeb標準言語でスマートフォンアプリを作りながらプログラ...

    詳しくはこちらMonaca Education

  • Virtual Internships

    自宅や学校から海外の企業と繋がり、グローバルに活躍するための一歩となるインター...

    詳しくはこちらVirtual Internships

  • 小テストジェネレーター

    小テストジェネレーターは教員の小テスト作成業務や成績管理を効率化するサービスで...

    詳しくはこちら小テストジェネレーター

  • スナップアスク

    小中高生がスマホ1つでどこにいてもすぐに優秀なチューターに対して学校でつまづいた...

    詳しくはこちらスナップアスク

  • ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」

    ハイブリッド黒板アプリKocri(コクリ)を使えば、今まで通り黒板で授業を行いながらタ...

    詳しくはこちらハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」

  • HENNGE One for Education

    GIGAスクール構想では、クラウド活用を前提に一人一台の端末が利用されます。 本サ...

    詳しくはこちらHENNGE One for Education

  • 学べる生放送コミュニケーションサービス「S...

    株式会社スクーが2012年から運営している、学べる生放送コミュニケーションサービス...

    詳しくはこちら学べる生放送コミュニケーションサービス「Schoo(スクー)」




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら