STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   EdTechサービス導入事例:一覧からさがす
グリッドビューで表示する グリッドビューで表示する  |  フラットビューで表示する フラットビューで表示する

EdTechサービス 導入事例

ワオっち!はじめてのプログラミング|教材販社を通じ、全国の小学校に導入

初めてのプログラミング学習に適したアプリケーション教材2種類を搭載し、メディアで提供 ①ミッションプログラミング・・ステージクリア型プログラミング教材 ②おはなしプログラミング・・創作型プログラミング教材

教材販社を通じて、テクニカルサポートを提供

詳しくはこちらアイコン

EdTechサービス 導入事例

【奈良県・奈良市】 県・市の連携プレーで「学びを止めない」。オンライン学習のスピードスタート ■取材日:5月5日(火)|

2月27日(木)の突然の休校要請に始まり、この数ヶ月さまざまな判断を重ねながら、子ども達の学びを継続するために多くの教育関係者が力を尽くし続けています。

詳しくはこちらアイコン

EdTechサービス 導入事例

【東松島市立鳴瀬未来中学校】Googleサイトで休業中の学習支援と次年度の学習の意欲づけ ■取材日6月19日(金)|

6月1日(月)からほとんどの学校が再開し、授業や児童・生徒同士の触れ合いを通じた学習活動が行われています。一方で、コロナ感染症の影響で、いつ学校が臨時休業になっても不思議ではない状況が続いています。そこで、「#学びを止めない未来の教室」では、臨時休業時に児童・生徒の学びを止めない工夫をされてきた教育委員会や学校の事例を今後もお届けし、児童・生徒の学習活動の支援を続けてまいります。

詳しくはこちらアイコン

EdTechサービス 導入事例

【新渡戸文化小学校】誰でもアクセスできるGoogleサイトでオンラインスクールを開設 ■取材日7月9日(木)|

コロナ感染症の影響で、いつ学校が臨時休業になっても不思議ではない状況が続いています。「#学びを止めない未来の教室」では、臨時休業時に児童・生徒の学びを止めない工夫をされてきた教育委員会や学校の事例を今後もお届けし、児童・生徒の学習活動の支援を続けてまいります。

詳しくはこちらアイコン

EdTechサービス 導入事例

ロイロノート・スクール|神奈川県秦野市教育委員会

秦野市内小学校へのタブレット端末/ロイロノート・スクール導入 ・2016年より、市教育委員会においてICT機器の全校導入取り組み開始 ・モデル校における検証、ロイロノート・スクール研修会を経て2017年9月に全校導入に至る

・デモ(体験会)の実施(導入のきっかけ)
・教員向けの研修会の実施(製品の運用)等

詳しくはこちらアイコン

EdTechサービス 導入事例

スタディサプリ for Teachers|石岡商業高等学校

スタディサプリの導入を通じた家庭学習習慣の形成 ・導入先の高校では当初、生徒の家庭学習時間が不足 ・課外授業の実施を試みるも、教師1人あたりの負荷が膨大になるという課題に直面 ・『スタディサプリ for Teachers』の導入を通じ、無理なく取り組める量と時間を調整し学習習慣を形成

リクルートが主催する高校教員を対象にしたセミナー「高校支援セミナー」も行っております。
詳細: https://teachers.studysapuri.jp/seminar

詳しくはこちらアイコン

EdTechサービス 導入事例

Think!Think!(シンクシンク)|三重県教育委員会

三重県の公立小学校17校へのThink!Think!(シンクシンク)PC版導入

前提として、シンクシンクは、マニュアルや研修がなくとも、どなたでもシンクシンクを教材としてご使用頂けるよう設計しております。それに加えて、必要に応じて以下のようなサポートも用意しています。

・学習教材ソフトのPC導入に関わる技術的サポート
・弊社が持つ数学的思考力の育成に係るノウハウを生かした助言
・指導主事等に対する学習教材を活用した学習指導方法等の研修への講師派遣

詳しくはこちらアイコン

EdTechサービス 導入事例

Springin’|福岡県 新宮町立 立花小学校

「Springin'」を活用したプログラミング授業の実施 ・福岡県の「プログラミング教育公開授業」として実施 ・「Springin'」を使い、児童一人ひとりがゲームなどのデジタル作品を制作

詳しくはこちらアイコン

EdTechサービス 導入事例

DMM英会話|茨城高等学校・中学校

"DMM英会話"の中学・高校への導入 ・週1回の英語の授業時間でレッスン受講に加え、自宅でも利用 ・中学3年生、高校1年生の全学年に導入

・生徒がすぐにサービスを利用できるようにDMM英会話のアカウントは無料でDMM側が作成、生徒がサービスを利用するツールとしてLINE@アカウントを学校向けサービスご利用の生徒様用に開設
・その他、生徒様へのサービス使い方説明等も無料で提供

詳しくはこちらアイコン

EdTechサービス 導入事例

【つくば市】ICT活用の歴史が深いつくば市の休校対応と次の学びのステージ■取材日7月16日(木)|

教育現場でのICT活用に長い歴史のある茨城県つくば市では、新型コロナ対策に伴う休校中に、学校の営みや児童生徒とのつながりを止めない工夫をしてきました。具体的にどのような取り組みを行ってきたのでしょうか。つくば市総合教育研究所 情報担当指導主事の中村めぐみ氏にお話を聞きました。

詳しくはこちらアイコン
このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら