STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   『ハッケンLENS 〜リアルテックベンチャーの姿から学び、社会のために小さな一歩を踏み出す〜』 |勝田高等学校・上野中学校での実践事例
  • line

実証事業 報告書

  成果報告 (2022年度)  

成果報告(PDF)を参照いただけます。

テーマB最終報告書 株式会社リバネスPDF:テーマB最終報告書 株式会社リバネス

本事業について

目的

①STEAMライブラリをアントレプレナーシップ教育の文脈で活用できるか検証、②起業ゴールではない起業家”精神”教育に資する教材開発、③反転学習とジグソー法を活用して1コマ完結の授業が実現できるかの検証

概要

研究開発型ベンチャーの創業者の語りから、起業家"精神"を学ぶ

2022年2月岸田内閣総理大臣は、同年をスタートアップ創出元年と宣言し、スタートアップ育成5カ年計画として、起業家教育を明記する方針を発信した。今後、起業することやビジネス創出を目的とした起業家教育が増加することが予想されるが、より本質的に次世代に求められる、社会課題に果敢に挑戦する姿勢「アントレプレナーシップ(起業家”精神”)」を研究開発型ベンチャー創業者の語りから学び、生徒たち自身の視点で言語化する。

反転学習とジグソー法を活用して1コマ完結授業を実現

学校の授業で、STEAMライブラリを活用した探究的な学習やSTEAM教育を実践する上で、コンテンツの必要コマ数が多いと導入しづらいというフィードバックを受け、反転学習とジグソー法を活用して1コマで完結できる授業を開発・実証した。

授業後アンケートを元に、興味関連動画のリコメンド・興味の近い生徒を可視化

授業後のアンケートで興味のあるキーワードを収集し、興味が近い生徒の可視化と関連動画をリコメンドする。

成果

学校現場には新しいアントレプレナーシップ教育を先生主導でも実施可能

学校現場には新しい概念であるアントレプレナーシップ教育を先生主導でも実施可能であることがわかった。まだ定義が曖昧なテーマこそ、生徒と先生が対等な立場で探究できる。

生徒独自の視点で「アントレプレナーシップ」の定義や、概念を理解した上でのアクション宣言が引き出せた

アントレプレナーシップという定義がまだ曖昧なものに対して、生徒独自の価値観・視点で捉えたときの定義や、それを踏まえた上での生徒それぞれのアクション宣言を引き出すことができた。

興味関心が近い生徒同士を可視化し、チームアップを促進

授業後のアンケートで興味のあるキーワードを収集し、興味キーワードが近い生徒同士を階層クラスター分析で可視化することで、探究活動に取り組むチーム組成の参考にできることがわかった。

実証環境

上野中学での実証|中学1~3年生17名が対象。全員が1つの教室に集まった上で、教員によるファシリテーションの元、実施。
勝田高校での実証|高校1年生120名が対象。4種類の動画それぞれの視聴を希望する生徒が40名ずつ教室に集まり動画を視聴。その後、異なる動画を視聴した生徒同士が1班となるよう編成した上で、グループディスカッションを実施。各教室1名の教員によるファシリテーションの元、行なった。


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名『ハッケンLENS 〜リアルテックベンチャーの姿から学び、社会のために小さな一歩を踏み出す〜』 |勝田高等学校・上野中学校での実践事例
受託事業者名株式会社リバネス
実証パートナー名茨城県立勝田高等学校、上野村立上野中学校、茨城県教育委員会
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域茨城県、群馬県上野村
実証校茨城県立勝田高等学校、上野村立上野中学校
対象
対象学年中学1~3年生、高校1~3年生

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • STEAMライブラリーコンテンツを活用した学習...

    社会教育施設や学校外の学習環境においてSTEAMライブラリーのコンテンツを活用し、学習権の保障に寄与するための環境・インフラ作りを行う

    詳しくはこちらSTEAMライブラリーコンテンツを活用した学習環境拡張

  • 教育委員会が学校の伴走者に変わっていくた...

    働き方改革/業務改善の目的は単なる時間削減ではなく「教育の質の向上」にあり、教育委員会の変容(管理から支援・伴走へ)が大きな後押しになる...

    詳しくはこちら教育委員会が学校の伴走者に変わっていくためのプロジェクト型組織変革プログラム

  • 「未来の教室」(学びの場)創出事業〜MaaS...

    AIかつグローバル人材を育成するため、MaaSを題材とし、幅広い層が年間を通じて学べるSTEAM教育のプログラムを構築する

    詳しくはこちら「未来の教室」(学びの場)創出事業〜MaaSをテーマとしたSTEAMコンテンツ実証〜①

  • 特別支援教育における 『 IT クリエイティブ...

    特別支援学校の生徒のITに係る可能性を引き出し、より伸ばすことで、特別支援教育における「ITを使ったクリエイティブ教育」のあり方・実践方法...

    詳しくはこちら特別支援教育における 『 IT クリエイティブ教育 』のあり方を探究する実証事業

  • AIドリル「Qubena」の学習ログを活用した観...

    EdTechサービス(Qubena)と学校現場(新渡戸文化学園)のオープンイノベーションにより、AIドリル「Qubena」の学習ログを用いて学校での観点別評価...

    詳しくはこちらAIドリル「Qubena」の学習ログを活用した観点別評価の検証(Qubena×新渡戸文化学園のオープンイノベーション)

  • 教科学習(授業)の効率化と応用とのサイク...

    ・授業時間と家庭学習へのアダプティブラーニング教材の導入による、学習の効率化と効果についての検証 ・最先端のテクノロジーを使ったSTEAM教...

    詳しくはこちら教科学習(授業)の効率化と応用とのサイクルの実証(AI教材「Qubena」の公教育への導入実証)

  • オンラインでの探究学習による不登校傾向の...

    オンラインで探究学習を行えるようにすることに取り組みました。それによって、コロナ禍においても探究学習を実践し、児童生徒の興味関心を喚起...

    詳しくはこちらオンラインでの探究学習による不登校傾向のある生徒の学習支援

  • 社会課題やSDGsを活用した探究活動と受験勉...

    社会課題やSDGsを活用した探究活動と受験勉強を両立できる教材を開発することで、 教科横断的接続と教科教育のエッセンシャルミニマム化を目指...

    詳しくはこちら社会課題やSDGsを活用した探究活動と受験勉強を両立できる教材の開発実証



  • line



このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら