プラント業界における「IoT人材」を育成する講座の開発

大学・社会人

目的

プラントの運転や保安などにおける課題に対し、広義のIoT、システムを利活用して解決に取り組む人材を育成する。

概要


化学工場などのプラントでは少子高齢化や人材の流動化などにより、これまで安全を支えてきた現場力などの低下が懸念されています。こうしたなか、いわゆる IoT 機器や解析技術などの導入により、現場における状況判断力を補完するとともに、業務の質を向上させることが期待されています。
また、こうした先進技術を自社のプラントに導入することができる人材の育成が求められています。そのためには、従来の専門人材だけでなく、「現場知見を有し、IoT をツールとして状況判断に利活用できる人材」といった、複数の分野に精通する人材を育成することが必要です。本実証事業では、産学が連携して知見を集め、こうした人材を育成する講座を開発するとともに実証講座を行うことで効果の検証を実施します。



実証環境

なし

お問い合わせ先

サービス情報サイト

なし

事業者サイト

実証事例名

プラント業界における「IoT人材」を育成する講座の開発

受託事業者名

一般社団法人日本能率協会

事業
カテゴリー
種別

産業界が抱える社会課題を解決するための能力・スキル開発

実証地域

東京都

対象者

プラントの運転・保安における課題をIoTの活用を通じて改善・解決しようとする人材