幅広く多様な生徒層へのよりよく生きる力を育むことができるPBLの開発/提供とその実証

高等学校

目的

21世紀型ライフスキルプログラムの開発と効果の実証

概要


21世紀型ライフスキルプログラムの概要

現代の中高生が生きていくことになる21世紀は「正解がなくなる時代」と言われています。AIやIoTなどの第四次産業革命で「人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる」(オックスフォード大学マイケル・A・オズボーン准教授)、「子供たちが大人になる頃、その65%はまだ存在していない職業に就く」(デューク大学キャシー・デビッドソン)と予想されています。

今回の取り組みでは、そうした「正解のない不確実な未来」をより良く生きるためのスキル、21世紀型ライフスキルを育むためのプログラムを開発し、
様々な層の中高生に提供していくことを目指します。



21世紀型ライフスキルプログラムの全体像

21世紀型ライフスキルプログラムは講義や映像とグループワークによる「基礎力をつける」パート、ワークショップ形式での協同と共創の活動を行う
「練習する」パート、そして、基礎と練習で身につけた「他者と協同する力」「正解のない課題に取り組む力」を活用して、課題解決や価値創造に挑戦する「実践する」パートからなる3部構成のプロジェクト学習を想定しています。


実証環境

・教室とその周辺環境
・課題先進地域

お問い合わせ先

サービス情報サイト

事業者サイト

実証事例名

幅広く多様な生徒層へのよりよく生きる力を育むことができるPBLの開発/提供とその実証

受託事業者名

学校法人角川ドワンゴ学園

実証
パートナー名

筑波大学大学院教授 相川充氏 東京学芸大学教授 小林正幸氏 精神科医 / 慶應義塾大学 保健管理センター元教授 / 医学博士 大野裕氏 ワークショップデザイン研究 / 東京大学 大学院 情報学環特任助教 / 株式会社ミミクリデザイン代表取締役 安斎勇樹氏 株式会社ミミクリデザイン NPO法人元気プログラム作成委員会/学舎ブレイブ

事業
カテゴリー
種別

「未来の教室」創出

実証地域

山口県

実証校

N高等学校

実証地域

群馬県

実証校

N高等学校

対象者

N高に在籍する高校生