ホーム   >   「未来の教室」 実証事業   >   「化学分野におけるデジタル人材」を育成する講座の開発


目的

化学分野を担う産官学関係者が本事業を通じて、化学の専門性に加え「データ科学」を活用し、情報とのインターフェースを担う人材を育成するし、新素材の創生や、産業創生・促進に貢献することを目的とする

概要

音楽のワクワクから学びへの連結(Music Blocksの公教育導入実証)の概要用画像1

■今後のビジネス環境の変化に鑑み、化学分野における開発段階での「デジタル人材」育成が急務と議論されているところ
■本取組は、①産業界とアカデミアが密に連携しての産業ニーズの具体化、②将来の自走的運用方法まで見据えた検討、の2点を主眼に置き、既存の先進的取組をベースに、有識者と連携・協業しつつ、検討を進める

中間報告

『「未来の教室」実証事業中間報告:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社』の中間報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業中間報告:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社PDF:「未来の教室」実証事業中間報告:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

成果報告

『「未来の教室」実証事業成果報告:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社』の成果報告(PDF)を参照いただけます。

「未来の教室」実証事業成果報告:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社PDF:「未来の教室」実証事業成果報告:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

実証環境

利用教材等については詳細を本事業で検討するものです


お問い合わせ先

Future_academy@bcg.com

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
実証事例名「化学分野におけるデジタル人材」を育成する講座の開発
受託事業者名三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
実証年度
事業カテゴリー種別
実証地域東京都
対象
対象者主に化学産業に従事する若手~中堅研究開発者

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • STEAM / PBL 教員研修プログラム with High ...

    求められる人材像が大きく変わる中、今世界で注目されている教育手法が、教科横断型で課題を解決する力を育む、STEAM に重点を置いたプロジェク...

    詳しくはこちらSTEAM / PBL 教員研修プログラム with High Tech High

  • 音楽×算数×プログラミングの横断的学習プロ...

    STEAM教育を普及させるため、音楽・算数・プログラミングを横断的に学べるMusic Blocksとカリキュラムを開発し、小学校へ無償で配布しています。...

    詳しくはこちら音楽×算数×プログラミングの横断的学習プログラム(Music Blocksの公教育導入実証)

  • 農業高校で取り組むロボティクスとIoT/IPM体...

    農業高等学校に適したSTEAM学習プログラムを構築することで、農業高等学校からチェンジメーカーを輩出するとともに、農業高等学校が地域のSTEAM...

    詳しくはこちら農業高校で取り組むロボティクスとIoT/IPM体験プログラム

  • 「STEAMプログラムハッカソン」事業

    学校現場に根付くSTEAMプログラムの開発。合わせて、学校現場に根付くSTEAMプログラムに共通するデザイン原則の開発。

    詳しくはこちら「STEAMプログラムハッカソン」事業

  • 未来の教室STEAMアイディアソン

    CHANGE-MAKER育成につながるSTEAM型プロジェクトを、企業人、研究者、教員が一同に会する場で、産官学のリソースの融合させ企画立案、最終的に企...

    詳しくはこちら未来の教室STEAMアイディアソン

  • 震災復興からのSDGs@釜石を題材にした人材...

    ・現実の社会課題を題材とした、実践的能力開発プログラムの構築。 ・主体性、課題設定・発見力等を身につけた「課題解決・変革型人材」の育成。

    詳しくはこちら震災復興からのSDGs@釜石を題材にした人材育成プログラム

  • ルールメイカー育成プロジェクト 〜ルールを...

    学校における慣習・ルールなど変えられないものと思い疑ってこなかったものを題材に、生徒・先生・保護者が対話を重ね、その存在意義や捉え直し...

    詳しくはこちらルールメイカー育成プロジェクト 〜ルールを学び、対話的に課題解決する力を育む実証事業〜

  • アダプティブラーニングによる知識・技能の...

    アダプティブラーニングを活用した学習の効率化(学習時間の短縮)と学習効果の向上を検証する。さらに、効率化によって創出された時間を使い、...

    詳しくはこちらアダプティブラーニングによる知識・技能の習得(AI教材「Qubena」の公教育への導入実証)とSTEAM教育の実践




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?