ホーム   >   EdTechサービス   >   ハイスクール@will(アット・ウィル)


概要

目標や希望に応じて、意のままに受講カリキュラムを設定できる映像授業システム

特徴

カリキュラムをオーダーメイド。

カリキュラムをオーダーメイド。

映像授業アット・ウィルの最大の特長は、受講生のニーズに応じて学習する科目・単元を自由に選択できること。一定の進度で学ぶ一斉授業とは異なり、自分の目標・志望する学校にぴったり合ったカリキュラムで、時間を有効に使って効率よく学習することができます。受講する講座数やレベル変更の要望にも、フレキシブルに対応します。

教科・科目ごとに学習内容が細分化されており、すべての単元のあらゆる学習内容をカバーしています。

大学受験界の一流講師陣による映像授業

講座ラインナップは基礎レベルからハイレベルまで、600講座・21,000講義以上のラインナップが揃っています。教科・科目ごとに学習内容が細分化されており、すべての単元のあらゆる学習内容をカバーしています。
現在の自分の学力・志望校・ニーズにぴったり合った授業を選択できるため、無理なく着実に学力を身につけられます。

ハイスクール@will(アット・ウィル)

「講義」+「テスト」の反復復習。

アット・ウィルの学習システムは、確実な学力アップを実現します。「わかる」「解ける」という段階的な目標を達成できるよう、授業後にアウトプット学習を徹底することが重要です。「講義」+「テスト」の反復学習により、最終目標である得点力を鍛え上げます。

ハイスクール@will(アット・ウィル)

家でも、学校でも、スマートフォンで学べる”Webトレ”!

入試で必須となる各教科(英語・数学・国語・理科・地歴公民)の単元・分野・項目(用語・単語の知識)を繰り返し学習。タブレットやスマートフォンを活用し学習できます。

リスニング学習システム

リスニング力を向上させるためには『英語を聴くこと』、『聞いた音を自分で再現すること』が不可欠です。「リスニング学習システム」では、リスニング講座で使用されている音声と英語長文読解講座で使用されている英文の音声が収録されていますので、繰り返し聴き、音読練習することができます。『リスニング力』の向上は『読解力』の向上にもつながります。

導入条件

映像授業:教室ではネット接続必須。ウィンドウズ8以上推奨。
ご家庭での視聴はご遠慮いただいております。

導入/調達事例
お問い合わせ先

■お電話での問い合わせ
 03-3868-3761

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名ハイスクール@will(アット・ウィル)
事業者名株式会社さなる
種別
対象者高校生
対象学年高校1年生から3年生
教科 国語・数学・理科(物理・化学・生物・地学)・社会(地理歴史・公民)・英語
特徴/用途
料金体系
費用お問い合わせください。(03-3868-3761)
利用形態学習塾での利用
導入実績教場数:1,000以上
最終更新日:2019年12月17日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • すらら

    小学校1年生から高校3年生までの国語、算数/数学、英語の学習を、先生役のアニメー...

    詳しくはこちらすらら

  • 人工知能型教材Qubena(キュビナ)

    AI(人工知能)を搭載した「Qubena」は、生徒ひとりひとりの学習中の操作ログや計算...

    詳しくはこちら人工知能型教材Qubena(キュビナ)

  • アドミッションズ

    中高生限定のSNSアプリです。勉強関連のプロフィールやスペックを繋がっている友達と...

    詳しくはこちらアドミッションズ

  • ELST

    英語のスピーキングでAIが細かな点の発音のチェックや、問題に対する自由発話を瞬時...

    詳しくはこちらELST

  • 安心ナビ

    お子さまをいつでも見守れる、探せる、安心サービスとなっております。お子さまの居...

    詳しくはこちら安心ナビ

  • DQ Test / DQ World / DQワークショップ

    DQとは、情報リテラシー/情報モラル/デジタルスキルにおける新世界基準であり、OECD...

    詳しくはこちらDQ Test / DQ World / DQワークショップ

  • ストアカ、オフィスク、講師派遣定額サービス

    学びたい人と教えたい人をつなげる「大人の学びのマーケット」。スキルシェアでは国...

    詳しくはこちらストアカ、オフィスク、講師派遣定額サービス

  • 登降園管理システム

    『登降園管理システム』は、ICカードを用いて、園児の登降園時間をシステム上に記録...

    詳しくはこちら登降園管理システム




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?