ホーム   >   EdTechサービス   >   AI Training+


概要

語学教育に求められる4技能「聞く、話す、読む、書く」AIの活用により、この全てをトレーニングする教材を作成するのが『AI Training+』です。※AI Training+は、KnowledgeDeliverのオプションです。

特徴

■AIトレーニング型の特長

▼POINT 1
AI活用により、ネイティブと遜色ない発音を出題に組み込む事ができる。

▼POINT 2
スピーキング・ライティングに対してAIが次のトレーニングを促すように対応。

▼POINT 3
出題に応じて、「意味・文法」の2つの評価軸でAIが回答の適切さを判断。

▼POINT 4
LCMS機能により、素材を自由に組み合わせて、独自の語学教材が作成できる。
KnowledgeDeliverのコンテンツとして組み合わせることができる。

■AIトレーニング型が教育現場の課題を解決
・ネイティブスピーカーとの会話と遜色ないトレーニングを実現します。
・eラーニング教材として組み込めるため、受講者のペースで、時間と場所の制約なく、好きなだけ繰り返しトレーニングができます。
・ネイティブレベルのリアルな発音を使って教材作成が可能。教育目的に応じて、会話やスピーチなど、学習者がトレーニングしやすい教材を手軽に作成できます。

■充実のオーサリング機能
語学教育素材をドラッグ&ドロップの簡単操作により自由に組み合わせて教材作成ができます。
画像BOXの挿入
読上げの挿入
テキストBOXの挿入
Watson翻訳
解答欄の挿入
Google翻訳
手書き読取りの挿入
類似度判定の追加
音声読取りの挿入
文法チェックの追加

導入条件

詳細はお問い合わせください。

導入/調達事例
  • 秀英予備校様

    秀英予備校様

お問い合わせ先

会社名:株式会社デジタル・ナレッジ
住所:110-0005 東京都台東区上野5-3-4 eラーニング・ラボ秋葉原
TEL:03-5846-2131
アドレス:infoadmin@d-k.jp
問い合わせフォーム:
https://www.digital-knowledge.co.jp/inquiry/

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名AI Training+
事業者名株式会社デジタル・ナレッジ
種別
対象者小学校(低学年・中学年・高学年)、中学校、高等学校、特別支援、大学・社会人、その他
教科 外国語
費用お気軽にお問い合わせください。
利用形態一斉学習、個別学習、協働学習、プロジェクト学習、その他、家庭学習、学校利用ともに可。
導入実績
最終更新日:2019年03月27日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • ナレッジデリ

    ナレッジデリは、知識をわかりやすい形でスピーディに配信するためのASPサービスです。

    詳しくはこちらナレッジデリ

  • Asuka Academy

    Asuka Academy はMITなど海外のトップ大学によるSTEM教育やプログラミング、SDGsや環...

    詳しくはこちらAsuka Academy

  • すらら

    小学校1年生から高校3年生までの国語、算数/数学、英語の学習を、先生役のアニメー...

    詳しくはこちらすらら

  • atama+

    一人ひとりの得意、苦手、伸び、つまずき、集中状態などのデータをAIが分析し、その...

    詳しくはこちらatama+

  • Z会の通信教育 小学生タブレットコース

    従来のZ会の「ハイレベルで良質な教材」にデジタル技術の長所を加えた通信教育です。...

    詳しくはこちらZ会の通信教育 小学生タブレットコース

  • Studyplus

    Studyplusは、学習内容を記録、可視化し、学習ユーザー同士でシェアし励まし合う学習...

    詳しくはこちらStudyplus

  • GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)

    バイリンガル講師によるオンライン英会話スクール。 レッスン専用アプリを使い、スマ...

    詳しくはこちらGLOBAL CROWN(グローバルクラウン)

  • 安心ナビ

    お子さまをいつでも見守れる、探せる、安心サービスとなっております。お子さまの居...

    詳しくはこちら安心ナビ




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?