ホーム   >   EdTechサービス   >   WonderBox|ワンダーボックス
WonderBox|ワンダーボックスのイメージ1のイメージ2
WonderBox|ワンダーボックスのイメージ2のイメージ3
WonderBox|ワンダーボックスのイメージ3のイメージ4
WonderBox|ワンダーボックスのイメージ4のイメージ5
WonderBox|ワンダーボックスのイメージ5のイメージ6
概要

ワンダーボックスは、STEAM教育領域の家庭学習教材です。アプリとキット(郵送の教材)を組み合わせて学ぶ、全く新しい形の通信教育です。プログラミングをはじめとする多様な教材で感性や思考力を育みます。

特徴

ワンダーボックスとは?


【ワンダーボックスとは?】

専用アプリと毎月届くキット(ワークブックやパズルなど)を組み合わせて学ぶ、STEAM教育領域の新しい形の通信教育サービスです。常時10以上の教材で構成され、プログラミング、アート、パズルなど、多様なテーマから自由に学ぶことができます。子どもの意欲を引き出し、感性と思考力を育てることを目的としており、教材の多くが、最終的には正解のない自由な創作に行き着くように設計されています。

3つの新しさで、わくわくが溢れだす!


【3つの新しさで、わくわくが溢れだす!】

1.STEAM教育領域の自由なまなび

自ら課題や興味を見つけだし、意欲をもって取り組み、問題を解決に導いたり、新たなイノベーションを生み出すための教育として、注目されています。ワンダーボックスには、プログラミングやパズル、アートなど、STEAM教育領域を横断する、自由で感性や思考力を刺激する教材がたくさん詰まっています。

2.キットとアプリの組み合わせが楽しい


2.キットとアプリの組み合わせが楽しい

毎月届くキットと、専用アプリを組み合わせることで、常に新鮮なわくわくや驚きが続くように設計されています。デジタルとリアルの両方の良さを活かし、組み合わせることで、相乗効果が生まれます。

3.教育のプロチーム制作で安心


3.教育のプロチーム制作で安心

ワンダーボックスの全てのコンテンツは、教育コンテンツ制作のプロチーム「ワンダーラボ」によって制作されています。開発する思考力育成アプリ「シンクシンク」は、150ヶ国に延べ100万ユーザー、世界最大級のアプリアワード「Google Play Awards」でも、日本の教育教材としては唯一の複数受賞を果たすなど、国内外で入賞多数。さらにその効果も、IQ・学力を伸ばすことが、実証実験によって確認されています。

月額3,700円〜。学年があがっても値段はそのまま。


月額3,700円〜。学年があがっても値段はそのまま。

お値段は月額3,700円から。ご家庭のスタイルに合わせて、3種類のお支払い方法から選んでいただけます。無学年制のため、学年があがってもお値段は変わりません。また、なるべくごきょうだいやご家族で取り組んでいただきたいと考え、きょうだいの追加は価格を半額程度に抑えています。

導入条件

iOS/Android(タブレット推奨)
通信環境必須

導入/調達事例
サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名WonderBox|ワンダーボックス
事業者名ワンダーラボ株式会社
種別
対象者幼児、小学生
対象学年年中〜小学4年生
教科 算数/数学、STEM教育、STEAM教育、プログラミング、アート(美術)、理科、情報リテラシー、その他
特徴/用途
料金体系
費用12か月一括 3,700円/月 6か月一括 4,000円/月 月々払い 4,200円/月 ※すべて税込
利用形態個人利用(一般家庭での利用)
導入実績全国の幼児・小学生が家庭学習として利用
最終更新日:2020年04月10日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • MobiConnect for Education

    ”教育現場には教育現場に必要な管理”を第一に考え、「子どもたちが安全にタブレット...

    詳しくはこちらMobiConnect for Education

  • AI英会話SpeakBuddy

    音声認識を利用しスマホでいつでも英語スピーキング練習ができます。日常からビジネ...

    詳しくはこちらAI英会話SpeakBuddy

  • AI英会話アプリケーション「テラトーク」

    AIの技術を活用した、英会話アプリケーション。アプリが共通試験の面接官に、留学先...

    詳しくはこちらAI英会話アプリケーション「テラトーク」

  • 高機能デジタルドリルプラットフォーム「ノ...

    アナログ学習とデジタル学習の利点を併せ持った繰り返し学習の効果を最大限に引き出...

    詳しくはこちら高機能デジタルドリルプラットフォーム「ノウン」

  • 証明書自動発行システム『パピルスメイト 6』

    在学証明書や成績証明書、JR学割証など、学生生活や就職活動において必要となる証明...

    詳しくはこちら証明書自動発行システム『パピルスメイト 6』

  • EnglishCentral (イングリッシュセントラル)

    世界中から集められた1.4万本以上の動画の中から自分の興味関心で題材を選び、生きた...

    詳しくはこちらEnglishCentral (イングリッシュセントラル)

  • 学習サイトeboard(いーぼーど)

    学習サイトeboard(いーぼーど)は、NPO法人eboardが開発・運用するクラウド型個別学...

    詳しくはこちら学習サイトeboard(いーぼーど)

  • ナレッジデリ

    ナレッジデリは、知識をわかりやすい形でスピーディに配信するためのASPサービスです。

    詳しくはこちらナレッジデリ




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?