ホーム   >   EdTechサービス   >   こどもモードKitS
概要

こどもモードKitSはいきる力を育むICT教育カリキュラム。グローバルで生き抜くための創造力、チームワーク力、ICT活用力がコンセプト。幼児はクリエイティブでチームワークの活動に関心をもち、成功体験を得ることが大切

特徴

こどもモードKitSの特徴1

こどもモードKitSキッツとは21世紀をいきる力を育む、園児向けICT教育カリキュラムです。グローバルな社会を生き抜くために必要な能力として「21世紀型スキル」が注目されています。こどもモードキッツのコンセプトである、創造力、チームワーク力、ICT活用力は21世紀スキルの中でも、重要な能力です。幼児教育においては、子供達がクリエイティブな活動やチームワーク活動に関心をもち、成功体験を得られることが何よりも大切です。21世紀型教育カリキュラムKitSは子どもたちの“いきる力”を育てます。

こどもモードKitSの特徴2

ポイント1:成功と感動の体験
子どもたちが描いた作品が飛び出す、動き出す。ICTならではの驚きの体験で、子どもたちの笑顔とやる気を育みます。

こどもモードKitSの特徴3

ポイント2:「考え方」を学ぶ
こどもモードKitSの活動は“考える事”が中心です。先生は答えを教えるのではなく、考える方法をアドバイスする役割です。

こどもモードKitSの特徴4

ポイント3:導入のしやすさ
子どもたちの活動内容は、今まで通りクレヨンやはさみを使ったものが中心で、学年別、月別の指導案も併せて提供します。

こどもモードKitSの特徴5

こどもモードKitSの教材は描いたサカナたちが画面の中を泳ぎ出す「アートポン」をはじめ、園内をめぐってステンドグラスを完成させる「とりえ」、描いた飛行機が3Dになって飛び回る「マジカルレンズ」など、子どもたち一人ひとりの個性を尊重し、子どもたちが教え合い、学び合う協同的な学び(協働学習)の場を提供します。

導入条件

・iPad1台(生徒数に応じて台数は応相談)
・テレビモニターまたはプロジェクター
・ネット接続

導入/調達事例
お問い合わせ先

メールアドレス:
info@@smarteducation.jp
TEL:03-6431-8910 
FAX:03-6431-8924
http://kdkits.jp/contact

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名こどもモードKitS
事業者名株式会社スマートエデュケーション
種別
対象者メイン対象は幼児教育 サブ対象として学童や学習塾からの引き合いもあり、小学校も該当
対象学年幼児教育:年少から年長 小学校:メインは小三まで、一部教材は小六まで対象
教科 国語、算数、理科(生物)、社会、外国語、音楽、美術・図画工作、総合、その他(プログラミング)
特徴/用途
料金体系
費用学校毎にご提案致しますので、まずはお問い合わせください
利用形態学校(幼稚園、保育園、こども園)での利用、学習塾等での利用、
導入実績全国300施設超導入
最終更新日:2018年10月26日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • 日本最大級 学校向けプラットフォーム「Clas...

    Classi(クラッシー)は、大学入学・教育改革につながる新しい学びを4つの視点「ポー...

    詳しくはこちら日本最大級 学校向けプラットフォーム「Classi」

  • テスト採点支援ソリューション

    用紙テストの採点業務の効率化支援ソリューション。先生の作成したテストをそのまま...

    詳しくはこちらテスト採点支援ソリューション

  • オンライン学習サービス「スタディサプリ」

    ”世界の果てまで、最高のまなびを届けよう”をコンセプトに、学校内・放課後の学習環...

    詳しくはこちらオンライン学習サービス「スタディサプリ」

  • ファミプロ(親子プログラミング教室)

    本格的なコードプログラミングをオリジナルiPhoneアプリ作成から身につきます、ペア...

    詳しくはこちらファミプロ(親子プログラミング教室)

  • Clear

    Clearは学生のためのノート公開アプリで、公開されているノートは現在20万冊。日本、...

    詳しくはこちらClear

  • カイズ

    生徒の認知上の個性を診断して、学習内容へのアプローチの仕方を提案するツール。

    詳しくはこちらカイズ

  • 英検Jr.(R)

    英検Jr.(R)は、児童の英語能力の調査・研究を目的に、英語に親しみ、外国の文化を理...

    詳しくはこちら英検Jr.(R)

  • 基盤学力アセスメントシリーズ LIPHARE(リ...

    これからの時代に求められる「資質・能力」を、「英語CAN-DOテスト」「日本語運用能...

    詳しくはこちら基盤学力アセスメントシリーズ LIPHARE(リファール)




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?