STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   EdTechサービス   >   学習サイトeboard(いーぼーど)
学習サイトeboard(いーぼーど)のメイン画像1
/existing/db/img/0022/022_mv_01_pc.jpg

概要

学習サイトeboard(いーぼーど)は、NPO法人eboardが開発・運用するクラウド型個別学習教材です。 約2,500本の映像授業、約6,500問のデジタル問題集で、基礎・基本をていねいに学ぶことができます。

特徴

学習サイトeboard(いーぼーど)の特徴1

1. ネットがあれば、いつでも、どこでも。学びの記録が残り続けます。
eboardは、インターネットがあれば、いつでも、どこでも利用することができます。約2,500本の映像授業、約6,500問のデジタル問題集、動画と連動したプリント教材がパソコンやタブレット、スマートフォンからも利用可能です。

学習サイトeboard(いーぼーど)の特徴2

2. スモールステップで、ていねいに。基礎・基本に定評のある教材です。
eboardは、学習支援を行うNPOや定時制高校など、学力や学習意欲に課題を抱える全国の教育現場で、ご利用頂いています。現場でのノウハウを教材に。勉強が苦手な子や学び直しを想定した スモールステップで学べる教材です。学年、学校種をまたいでの学習ができるので、1⼈1⼈にあった教科・単元を学習することができます。

学習サイトeboard(いーぼーど)の特徴3

3. 設定や設備投資は不要。お試しも、本格利用も、すぐに始められます。
ネット環境と端末があれば、すぐにでも現場での活用をスタートできます。
教材は無料で公開されているため、お試し利用もすぐに。ぜひアクセスして頂き、ご検討ください。

導入条件

学習サイトeboardは、ブラウザからご利用頂くクラウド型個別学習教材です。PC・タブレット・スマートフォンなどの機種、OSやブラウザを問わずご活用頂けます(更新が行われていない古いOSやブラウザでは、一部の機能がご利用頂けないことがあります)。また、まなびポケット、Office365などの教育クラウドプラットフォームとの シングル・サインオン(SSO)も実現しています。  

導入/調達事例
  • 学校・地域での放課後学習

    益⽥市内では、公⺠館を利用してeboardを活⽤した放課後学習の取り組みを⾏っています。地域の⽅が⽀援者となり、指導に教科にくわしい⽅がいなくても、各⾃のペースで学べる放課後の場をつくることができています。もっと詳しい事例、学習時間の流れを見る

    https://goo.gl/NWrf9D

    詳しくはこちら

  • 高校での学びなおし

    京都府⽴清明⾼校(昼間⼆部制・単位制)では、1⼈1台のタブレット環境(iPad)を活かし、学校指定科⽬として「アンダンテ学習(学び直し)」授業を実施しています。 学⼒や進度のばらつきの⼤きい学び直し。⽣徒は、各⾃の苦⼿までさかのぼり、学⽣ボランティアのサポートを受けながら、⾃分の学習スタイルや学⼒、進度に合った学習を進めます。 ⼀⻫授業ではむずかしい学習意欲や学習⽅法などのサポートで、⾃ら学ぶ⼒を⾝につけます。もっと詳しい事例、学習時間の流れを見る

    https://goo.gl/gpzoyv

    詳しくはこちら

お問い合わせ先

support@eboard.jp

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名学習サイトeboard(いーぼーど)
事業者名NPO法人eboard
種別
対象者小学校(低学年・中学年・高学年)、中学校、高等学校、特別支援
教科 国語、算数/数学、理科、社会、英語
料金体系
費用無料:個人利用、公立学校やNPO等ボランティア団体でのご利用 有料:学習塾、私立学校でのご利用(1人月額100円程度、ご利用人数による)
利用形態個別学習 放課後学習、家庭学習、パソコン教室、相談室での利用など、インターネットと端末があればいつでもどこでも学習可能。
導入実績・2014年第11回日本eラーニングアワード文部科学大臣賞受賞、総務省先導的教育システム実証事業教材(2014-16年度)としても採択されています。 ・全国の学校、学習塾、NPOなどでの導入実績250校以上(2018年3月時点)。
最終更新日:2018年08月27日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • AI英会話SpeakBuddy

    音声認識を利用しスマホでいつでも英語スピーキング練習ができます。日常からビジネ...

    詳しくはこちらAI英会話SpeakBuddy

  • 雨水の行方と地面の様子

    2020年度から小学校で展開された、新単元「雨水の行方と地面の様子」。この動画は、...

    詳しくはこちら雨水の行方と地面の様子

  • Video+(ビデオプラス)

    「Video+」は、動画教材作成配信サービスです。 インタラクティブで教育効果の高いビ...

    詳しくはこちらVideo+(ビデオプラス)

  • リアルタイム授業支援アプリ 「MetaMoJi Cla...

    「MetaMoJi ClassRoom」は、子どもの成長や授業内容に合わせ、シンプルなノート機能...

    詳しくはこちらリアルタイム授業支援アプリ 「MetaMoJi ClassRoom」

  • Reallyenglish

    Reallyenglishは4技能対策として利用可能なオンライン英語学習講座です。読む、聴く...

    詳しくはこちらReallyenglish

  • edutoss

    わからないところを質問すると、先生が"私のための"解説授業をつくってくれます。 ...

    詳しくはこちらedutoss

  • Cloodクルード

    独自学習アプリでを生徒毎に個別カリキュラムを設計し、小学生・中学生・高校生で英...

    詳しくはこちらCloodクルード

  • WizeFloor JP

    WizeFloorは、床に投影したインタラクティブな映像を使った遊びや身体活動を通じて、...

    詳しくはこちらWizeFloor JP




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら