ホーム   >   EdTechサービス   >   schoolTakt(スクールタクト)
概要

マルチOSクラウド型の授業支援システムで、生徒の学習状況をリアルタイムに把握できたり、生徒同士の解答を共有することで「ブラウザだけで協働学習・アクティブラーニング」環境をカンタンに構築できます。

特徴

schoolTakt(スクールタクト)の特徴1

「Webブラウザだけで協働学習」
Webブラウザだけで協働学習・アクティブラーニングを導入できるschoolTaktは、「先生が教えやすく、生徒が楽しく学べる」環境づくりをお手伝いします。

schoolTakt(スクールタクト)の特徴2

直感的な操作で教材を手軽に作成・配布できます。紙ではできない「動く教材」もカンタンに作れます。また、先生お手製の教材や、タブレットのカメラで撮った写真などを1秒で生徒に配布をしたり、アンケートや選択問題を手早くグラフ化できるので、効率的な授業展開をサポート。さらに、各教科で使える5,000以上のテンプレートや教材も随時更新しています。
スクールタクトはWebブラウザだけで動くので、生徒は家のPCで宿題を解いたり、先生は通勤中や終業前などで生徒の課題や家庭学習の進捗を確認できます。

schoolTakt(スクールタクト)の特徴3

インターネット環境とWebブラウザさえあれば活用できるので、導入時にアプリケーションをインストールする手間を省けます。また、ファイル共有機能があるためファイルサーバーをたてる必要もありません。
スクールタクトは、一般的な授業支援システムと異なり、先生と生徒間のデータのやり取りを画像・ファイル単位ではなく、座標データで行うため、ネットワーク回線の負担を抑えることができます。

schoolTakt(スクールタクト)の特徴4

一斉授業では、生徒は「聞くだけ」という姿勢になりがち。しかし、生徒全員の解答をプロジェクターに投影することで、クイズ番組に参加しているような環境が作れ、聞くだけの授業から生徒は主体的な授業に変わります。協働学習・アクティブラーニングでは、他の生徒の解答に対して「いいね」やコメント機能を使っての意見交換。自分が解答したら終わりではなく、友達の解答を見ることで思考する時間を増やします。
また反転授業・遠隔授業などの指導法にも対応。普段の授業から家庭学習、研究授業まで幅広く活用することができます。

schoolTakt(スクールタクト)の特徴5

スクールタクトを使うことで、生徒の学習行動を瞬時に把握することができます。今困っている生徒が誰なのかがひと目で把握できたり、解答をグルーピングして意見を出しやすい環境を作ったり、発言が少ない生徒を見つけられたり、先生が授業に集中できる様々な機能が入っています。
また、生徒の学習記録を先生間で共有できるので、教材や指導法の改善や生徒のつまづきやすいポイントの把握ができます。

導入条件

Windows Internet Explorer ・Microsoft Edge・Google Chrome
Mac OS Safari・Google Chrome
iOS Safari・Google Chrome
Android Google Chrome
Chromebook

(Chrome OS)

Google Chrome
タブレット、ノートPCなど機種・OSを問いません。

※ 詳しくは、お問合せください。

導入/調達事例
お問い合わせ先

http://schooltakt.com/contact/

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名schoolTakt(スクールタクト)
事業者名株式会社コードタクト
種別
対象者小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、大学
対象学年全学年
教科
特徴/用途
料金体系
費用タブレット1台あたりの月額オープンプライス
利用形態学校での利用、学習塾等での利用、その他
導入実績利用者数 30,000ユーザー以上、 導入校累計数 全国300校以上、 利用学校名 東京都小金井市教育委員会、福島県新地町教育委員会などの公立校や朋優学院高等学校などの私学 等
最終更新日:2018年08月27日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • Studyplus for School

    Studyplus for Schoolは、生徒の学習状況を可視化しコミュニケーションを最大化する...

    詳しくはこちらStudyplus for School

  • デジタルスクールノートV2

    タブレットで児童・生徒が自分の考えを整理できる手書きノートツールです。

    詳しくはこちらデジタルスクールノートV2

  • 高機能デジタルドリルプラットフォーム「ノ...

    アナログ学習とデジタル学習の利点を併せ持った繰り返し学習の効果を最大限に引き出...

    詳しくはこちら高機能デジタルドリルプラットフォーム「ノウン」

  • AI Training+

    語学教育に求められる4技能「聞く、話す、読む、書く」AIの活用により、この全てをト...

    詳しくはこちらAI Training+

  • ShareWis

    ShareWis(シェアウィズ)は、90秒の短い動画でサクッと学ぶスナックコースと、本格...

    詳しくはこちらShareWis

  • まなBOX

    まなBOXは、能動的で自立した学習者を育むために、現場の教員の方々と共同開発し...

    詳しくはこちらまなBOX

  • リトルプラネット

    遊びが学びに変わる星、「テクノロジー」×「遊び」の新しい体験を通して、 子どもた...

    詳しくはこちらリトルプラネット

  • そろタッチ

    「そろタッチ」は数を珠で浮かべ計算するイメージ暗算(そろばん式暗算)を短期効率...

    詳しくはこちらそろタッチ




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?