ホーム   >   EdTechサービス   >   Hylable Discussion(ハイラブルディスカッション)
Hylable Discussion(ハイラブルディスカッション)のイメージ4
Hylable Discussion(ハイラブルディスカッション)のイメージ5
概要

たまご型レコーダーで録音した話し合いを自動分析し、グラフやレポートで見える化するサービスです。見える化されたエビデンスにより、学習者はアクティブ・ラーニングの振り返りが、教育者は授業改善が可能です。

特徴

エビデンスに基づいて振り返りができる!

【エビデンスに基づいて振り返りができる!】
発話量などの個人の変化が簡単に見える化。過去の同じ授業や他の授業との比較もできます。

ブラウザのみで操作できる!

【ブラウザのみで操作できる!】
機器の購入やアプリのダウンロードは不要です。

クリックひとつで分析開始!

【クリックひとつで分析開始!】
複数の話し合いグループの操作も一斉に行えます。グループ数が増えても録音・分析の手間は増えません。

話し合いの見える化は全自動!

【話し合いの見える化は全自動!】
グラフやレポートは全自動で生成され、すぐに結果がわかります。何日も待つ必要はありません。

導入条件

インターネット接続が必要です。
ウェブブラウザはGoogle chrome推奨(その他ウェブブラウザでは正しく動作しない場合があります。Internet Explorerは非対応)。

導入/調達事例
お問い合わせ先

ホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
contact@hylable.comへのメールでも可能です。

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名Hylable Discussion(ハイラブルディスカッション)
事業者名ハイラブル株式会社
種別
対象者小学校、中学校、高等学校、特別支援学校(聴覚、知的、肢体不自由、病弱、その他)、大学、社会人教育、教員、学校管理者
教科 国語、算数/数学、理科(物理・化学・生物・地学)、社会(地理歴史・公民)、外国語、音楽、美術・図画工作、技術・家庭、体育(保健体育)、道徳、総合、その他
特徴/用途
料金体系
費用学校向け特別対応として、初期費用無料。無料トライアルも対応。詳しくはお問い合わせください。
利用形態学校での利用、学習塾等での利用、その他
導入実績東京学芸大学附属小金井小学校、戸田市教育委員会、公益財団法人パナソニック教育財団ほか、これまでのべ16,000人以上が利用。話し合い見える化の効果を実感していただいています。詳しくは導入事例をご覧ください。
https://www.hylable.com/cases/
最終更新日:2020年06月03日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • ELST

    英語のスピーキングでAIが細かな点の発音のチェックや、問題に対する自由発話を瞬時...

    詳しくはこちらELST

  • Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Educa...

    レゴ社の提供する教育版のレゴキットとアプリを使用し,家庭で子どもが「自分ででき...

    詳しくはこちらZ会プログラミング講座 with LEGO(R) Education

  • 英検Jr.(R)

    英検Jr.(R)は、児童の英語能力の調査・研究を目的に、英語に親しみ、外国の文化を理...

    詳しくはこちら英検Jr.(R)

  • Analytics+(アナリティクスプラス)

    Analytics+は、ラーニングアナリティクス総合サービスです。 学習履歴の分析により、...

    詳しくはこちらAnalytics+(アナリティクスプラス)

  • Libry(リブリー)

    「リブリー」は提携出版社の教科書や問題集をデジタル化し、「苦手分野の分析」など...

    詳しくはこちらLibry(リブリー)

  • ICT部活動支援

    小学校、中学校、高等学校を対象に、体育の授業や部活動の指導において学校が抱える...

    詳しくはこちらICT部活動支援

  • アドミッションズ

    中高生限定のSNSアプリです。勉強関連のプロフィールやスペックを繋がっている友達と...

    詳しくはこちらアドミッションズ

  • Monaca Education

    HTML5やJavaScriptといったWeb標準言語でスマートフォンアプリを作りながらプログラ...

    詳しくはこちらMonaca Education




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?