ホーム   >   EdTechサービス   >   Hylable Discussion(ハイラブルディスカッション)
Hylable Discussion(ハイラブルディスカッション)のイメージ4
Hylable Discussion(ハイラブルディスカッション)のイメージ5
概要

たまご型レコーダーで録音した話し合いを自動分析し、グラフやレポートで見える化するサービスです。見える化されたエビデンスにより、学習者はアクティブ・ラーニングの振り返りが、教育者は授業改善が可能です。

特徴

エビデンスに基づいて振り返りができる!

【エビデンスに基づいて振り返りができる!】
発話量などの個人の変化が簡単に見える化。過去の同じ授業や他の授業との比較もできます。

ブラウザのみで操作できる!

【ブラウザのみで操作できる!】
機器の購入やアプリのダウンロードは不要です。

クリックひとつで分析開始!

【クリックひとつで分析開始!】
複数の話し合いグループの操作も一斉に行えます。グループ数が増えても録音・分析の手間は増えません。

話し合いの見える化は全自動!

【話し合いの見える化は全自動!】
グラフやレポートは全自動で生成され、すぐに結果がわかります。何日も待つ必要はありません。

導入条件

インターネット接続が必要です。
ウェブブラウザはGoogle chrome推奨(その他ウェブブラウザでは正しく動作しない場合があります。Internet Explorerは非対応)。

導入/調達事例
お問い合わせ先

ホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
contact@hylable.comへのメールでも可能です。

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名Hylable Discussion(ハイラブルディスカッション)
事業者名ハイラブル株式会社
種別
対象者小学校、中学校、高等学校、特別支援学校(聴覚、知的、肢体不自由、病弱、その他)、大学、社会人教育、教員、学校管理者
教科 国語、算数/数学、理科(物理・化学・生物・地学)、社会(地理歴史・公民)、外国語、音楽、美術・図画工作、技術・家庭、体育(保健体育)、道徳、総合、その他
特徴/用途
料金体系
費用学校向け特別対応として、初期費用無料。無料トライアルも対応。詳しくはお問い合わせください。
利用形態学校での利用、学習塾等での利用、その他
導入実績東京学芸大学附属小金井小学校、戸田市教育委員会、公益財団法人パナソニック教育財団ほか、これまでのべ16,000人以上が利用。話し合い見える化の効果を実感していただいています。詳しくは導入事例をご覧ください。
https://www.hylable.com/cases/
最終更新日:2020年06月03日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • VQScollabo Learning

    VQScollabo Learningは、個別/集団指導に対応した純国産の遠隔授業システムです。手...

    詳しくはこちらVQScollabo Learning

  • DQ Test / DQ World / DQワークショップ

    DQとは、情報リテラシー/情報モラル/デジタルスキルにおける新世界基準であり、OECD...

    詳しくはこちらDQ Test / DQ World / DQワークショップ

  • 証明書自動発行システム『パピルスメイト 6』

    在学証明書や成績証明書、JR学割証など、学生生活や就職活動において必要となる証明...

    詳しくはこちら証明書自動発行システム『パピルスメイト 6』

  • 高機能デジタルドリルプラットフォーム「ノ...

    アナログ学習とデジタル学習の利点を併せ持った繰り返し学習の効果を最大限に引き出...

    詳しくはこちら高機能デジタルドリルプラットフォーム「ノウン」

  • 学習サイトeboard(いーぼーど)

    学習サイトeboard(いーぼーど)は、NPO法人eboardが開発・運用するクラウド型個別学...

    詳しくはこちら学習サイトeboard(いーぼーど)

  • Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Educa...

    レゴ社の提供する教育版のレゴキットとアプリを使用し,家庭で子どもが「自分ででき...

    詳しくはこちらZ会プログラミング講座 with LEGO(R) Education

  • リトルプラネット

    遊びが学びに変わる星、「テクノロジー」×「遊び」の新しい体験を通して、 子どもた...

    詳しくはこちらリトルプラネット

  • ICT授業支援ツール サイバー先生

    一斉資料配布、回収を基本としたシステムに、グループワークやアンケート小テストな...

    詳しくはこちらICT授業支援ツール サイバー先生




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?