STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|学校における働き方改革

「未来の教室」通信

STEAM ライブラリー

EdTechライブラリー

学校BPR|教員の働き方改革

「未来の教室」通信

ホーム   >   EdTechサービス   >   スクールTV Professional Edition (スクール・ティー・ビー プロフェッショナル エディション)
【スクールTV Pro】トップ画面のイメージ1


概要

小1~中3対象の「全国教科書対応」オンライン動画教材。マルチデバイス対応で主要5教科、約1,000本が全て見放題。
動画内ドリルで問題にチャレンジ。管理画面で児童/生徒の学習状況が把握できます。

特徴

特徴①【マルチデバイス対応のオンライン動画教材】

特徴①【マルチデバイス対応のオンライン動画教材】

「スクールTV Professional Edition」はインターネット経由で学ぶ、小中学生向けのオンライン動画教材です。
マルチデバイス対応で、いつでもどこでも学習できるので、特に在宅学習に威力を発揮します。主要5教科の動画が約1,000本、学年を問わず全ての動画の学習ができます。

特徴②【教科書対応で授業に沿った学習が可能】

特徴②【教科書対応で授業に沿った学習が可能】

「全国教科書対応(※)」で、自身が通う学校を登録すると、採択している教科書が自動的に設定され、各教科の目次順に学習動画が配列されます。
これにより毎日の授業に即した学習が可能となり、日々の予習や復習にとどまらず、つまずき項目の「学び直し」や、学年替わり/進学時の「予備学習」にも有効に活用いただけます。
(※)国語はオリジナルプログラムとなります。

特徴③【アクティブラーニングメソッド採用で飽きさせない】

特徴③【アクティブラーニングメソッド採用で飽きさせない】

動画の構成に「アクティブラーニングメソッド」を導入し、映像テンポやタイミングを細かく設計することで、飽きずに能動的に学習できる構成・工夫をしています。
講師は全て「現役大学生」を採用。親しみやすい講師が優しく丁寧に教えてくれるので、勉強が苦手なお子さまでも抵抗なく学習できます。

特徴④【動画連動ドリルで問題にチャレンジ】

特徴④【動画連動ドリルで問題にチャレンジ】

単元学習ごとに動画内で出題される学習連動ドリル(問題)に回答することで、都度理解度を確認しながら学習できます。
問題回答を間違えた際には「巻き返し機能」で即時に反復学習することができ、理解の定着促進が可能です。

特徴⑤【管理画面搭載で学習状況を把握】

特徴⑤【管理画面搭載で学習状況を把握】
管理画面では3段階のIDを設定でき、先生がクラスに所属する児童/生徒一人ひとりの学習状況を把握することが可能です。
教科ごとの学習状況をグラフで表示でき、日々の学習内容を確認することができます。学習状況のデータは最大1年間の抽出が可能となっています。

導入条件

端末種別

マルチデバイス(PC・タブレット・スマートフォン)

OS種別

PC = Windows 10

タブレット・スマートフォン = iOS:12.x、13.x / Android: 4.4.4以上

ブラウザー種別

PC = Google Chrome 83以上、Microsoft Edge 44以上、Mozilla Firefox 77以上

タブレット・スマートフォン = iOS:Safari 12以上 / Google Chrome 83以上 / Android: Google Chrome 81以上

画像解析度

PC = 1024×768ピクセル以上

タブレット・スマートフォン = 4.7、9.7、10.1、10.8インチ

導入/調達事例
  • 公立小中一貫校(A小学校/B中学校)

    公立小中一貫校(A小学校/B中学校)

    在宅学習の支援を目指し、小学3年~中学3年までの7学年の児童/生徒全員に「スクールTV Professional Edition」を提供。

    臨時休校で遅れている学習の補完を目指し、日々の予習復習はもとより、長期休みの振り返り、学年/学校代わりの予備学習に活用促進。

  • 公立C小学校

    公立C小学校

    「学習機会を奪わない」方針のもと、小学3年~6年生までの4学年に「スクールTV Professional Edition」を導入。

    「デジタルドリル教材」と同時導入し、担当の先生に留まらず、学年横断で指導する先生にもIDを開放。教師全体でお子さまを支援する体制を構築して利用を促進。

  • 私立D中学校

    私立D中学校

    既に定着している「ICT機器活用学習」の追加教材に「スクールTV Professional Edition」を選択、中学1・2年生で活用。

    学校の授業に遅れがちな生徒をメインターゲットに利用開始。メイン教師の利用状況把握とニュース発信による利用促進で活用を促す。

  • 学童保育F教室

    学童保育F教室

    学童に通う児童の自習時間の有効活用を目指し「スクールTV Professional Edition」を全生徒に導入。

    英語とスポーツをメインとした学童保育での、日々の宿題対応以上の学習機会提供を目指して「動画学習」を提供。 児童による自習で活用を促し、個別に相談を受けた際には、講師がフォローアップして有効活用。他社との差異化の武器にも訴求。

お問い合わせ先

メールアドレス:pro.school-tv@e-ll.co.jp
TEL:06-6339-4177

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名スクールTV Professional Edition (スクール・ティー・ビー プロフェッショナル エディション)
事業者名株式会社イー・ラーニング研究所
種別
対象者小学校、中学校、特別支援学校(障害種別:視覚、聴覚、知的、肢体不自由、病弱 とも選択利用可能)
教員、学校管理者
対象学年小学1年 ~ 中学3年
教科 国語、算数/数学、理科、社会(地理・歴史・公民)、英語(外国語)
特徴/用途
料金体系
費用利用料金(初期費用:なし、月額料金:300円/一人)
自治体向け、学校向け一括契約対応可、導入規模/期間により応相談
利用形態学校での利用、学習塾/学童保育等での利用
導入実績公立小中学校、私立中学校での導入実績あり(5校以上)
導入形態例:①小学3年~6年全生徒契約 ②中学1年~3年全生徒契約 等
学習塾・学童保育等導入実績多数
最終更新日:2020年08月26日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • まなBOX

    まなBOXは、能動的で自立した学習者を育むために、現場の教員の方々と共同開発し...

    詳しくはこちらまなBOX

  • AI Training+

    語学教育に求められる4技能「聞く、話す、読む、書く」AIの活用により、この全てをト...

    詳しくはこちらAI Training+

  • HENNGE One for Education

    GIGAスクール構想では、クラウド活用を前提に一人一台の端末が利用されます。 本サ...

    詳しくはこちらHENNGE One for Education

  • Pepper 社会貢献プログラム2

    ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」をプログラミング教育の教材とし...

    詳しくはこちらPepper 社会貢献プログラム2

  • Clica(クリカ)

    Clicaは、アンケートの実施・収集、意見の投稿・閲覧機能をもつ45万人以上が利用する...

    詳しくはこちらClica(クリカ)

  • Jicoo(ジクー)

    Jicooは日程調整の予約ページを共有するだけで、カレンダーへのスケジュール登録、We...

    詳しくはこちらJicoo(ジクー)

  • ICT部活動支援

    小学校、中学校、高等学校を対象に、体育の授業や部活動の指導において学校が抱える...

    詳しくはこちらICT部活動支援

  • CanBee|キャンビー

    CanBeeは、インターネット上に公開されている学習教材を簡単に検索できる「学びに特...

    詳しくはこちらCanBee|キャンビー




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?
未来の教室通信:新規会員登録はこちら