ホーム   >   EdTechサービス   >   Welcome to talk 「オンライン健康相談」
Welcome to talk 「オンライン健康相談」のイメージ3
Welcome to talk 「オンライン健康相談」のイメージ4
概要

学校場面におけるメンタルヘルスに関する課題を児童精神科医などの専門家によるオンライン健康相談で解決。オンライン健康相談の特性を活かし、いつでも、どこでも、手軽に、気軽に、専門家に相談可能。導入校の在学生に加え、保護者や教職員も利用することができます。こころの状態をモニタリングしながら専門家から養護教諭や担任教員に指導上のアドバイスを行うため、生徒指導上の負担軽減や、先生方の働き方改革にも貢献します。精神保健、精神疾患、精神科医療などに関する正しい情報提供を通じて、子どもたちが自分自身の考え方や他者の健康課題を理解。生涯にわたり、自ら進んで自己管理を行うことができるよう、EdTechによる自学自習と学び合いのアウトリーチ型・学校精神保健サービスです。

特徴

Welcome to talk 「オンライン健康相談」

教育機関に特化。ICT を活⽤した国内初のメンタルヘルスケア

メンタルヘルスに関する問題が顕在化する学校にこそ必要なメンタルヘルスケアを提供。インターネットを通じた管理画⾯で、書類ダウンロードから、利⽤者の登録、健康相談の予約、専⾨家からのフィードバックまで⼀元管理。ICTを活用することで経験豊富な限られた専門家による対応を可能にします。きめ細かなケアと教職員の負担軽減につなげます。

Welcome to talk 「オンライン健康相談」

利⽤者は導⼊校の在学生/保護者/教職員

Welcome to talk は「在学生」だけでなく、児童・⽣徒・学⽣を⾒守る「保護者」や「教職員」すべてのサポートが子どもたちのこころの問題の根本的な変化・解決につながると考えます。
そのため利用者は、導入校の児童・生徒・学生に加え、保護者や教職員も対象としています。

Welcome to talk 「オンライン健康相談」

いつでも・どこでも・気軽に・手軽に

ネット環境とスマホがあれば、自宅など相談場所はどこでも可能。
相談にともなう⼼理的・経済的・物理的・時間的なハードルを下げることで
いつでも、どこでも、気軽に、手軽に、悩みを相談することができます。

Welcome to talk 「オンライン健康相談」

精神科医・⼼理⼠による専⾨的ケア

思春期の「こころの病」は生涯にわたり影響すると言われます。経験豊富な専門家がこころのサポートを必要とする利用者の悩みや不安を解消します。
心理士との相談時間は1回30分、医師の場合は60分。専門家の顔を見ながらじっくり話せます。

導入条件

端末種別

PC、スマートフォン、タブレット

(推奨するスマートフォン、タブレット:Win 8.1を実行するSurface PRO 2、Win 10を実行するSurface PRO 3iOSとAndroidデバイス)

OS種別

MacOS 10.7以降を搭載のMac OS X

Windows 10

Windows 8または8.1

Windows 7 など

ブラウザ種別

Windows:IE7+、 Firefox、 Chrome、 Safari5+

Mac:Safari5+、 Firefox、 Chrome

Linux:Firefox、Chrome

その他利用に必要な要件
(カメラやマイクの有無、ネット接続の必要性等)

スピーカーとマイク(内蔵、USBプラグイン、Bluetooth)

カメラ(内蔵、USBプラグイン)

インターネット回線(有線または無線、3Gまたは4G/LTE)

 推奨帯域は、上り下りとも600Kbps以上

導入/調達事例
お問い合わせ先

TEL. 03-6659-5114
▼お問い合せフォーム
https://welcometotalk.co.jp/contact/

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名Welcome to talk 「オンライン健康相談」
事業者名株式会社 Welcome to talk
種別
対象者小学校、中学校、高等学校、専修学校、短期大学、大学がご契約者になります。契約校の児童・生徒・学生に加え、保護者や教職員もご利用いただけます。
教科 保健体育、その他
特徴/用途
料金体系
費用お問い合わせください
利用形態オンラインの特性を活かし、保健室や学生相談室などの学校内に加え、プライバシーの守られたご自宅などの学校外でもご利用いただけます。
導入実績桐生大学附属中学校、桐生第一高等学校、吉田学園、私立大学
最終更新日:2020年05月13日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • ストーリーパーク

    導入施教育者と保護者間のeポートフォリオ。ニュージーランドで開発されたデジタル・...

    詳しくはこちらストーリーパーク

  • AI Training+

    語学教育に求められる4技能「聞く、話す、読む、書く」AIの活用により、この全てをト...

    詳しくはこちらAI Training+

  • 学べる生放送コミュニケーションサービス「S...

    株式会社スクーが2012年から運営している、学べる生放送コミュニケーションサービス...

    詳しくはこちら学べる生放送コミュニケーションサービス「Schoo(スクー)」

  • 家庭教師メガスタディオンライン

    メガスタディのオンライン指導は、家庭教師が横について教えるのと同じ授業をオンラ...

    詳しくはこちら家庭教師メガスタディオンライン

  • atama+

    一人ひとりの得意、苦手、伸び、つまずき、集中状態などのデータをAIが分析し、その...

    詳しくはこちらatama+

  • 学研プライムゼミ

    「学研プライムゼミ」は有名予備校で多くの受験生を難関大学に合格させてきた実力抜...

    詳しくはこちら学研プライムゼミ

  • STOPit

    匿名報告・相談アプリSTOPit、組織担当者の管理ツールDOCUMENTitからなるプラットフ...

    詳しくはこちらSTOPit

  • schoolTakt(スクールタクト)

    マルチOSクラウド型の授業支援システムで、生徒の学習状況をリアルタイムに把握でき...

    詳しくはこちらschoolTakt(スクールタクト)




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?