ホーム   >   EdTechサービス   >   コドモン
コドモンのイメージ1
コドモンのイメージ2
概要

「CoDMON(コドモン)」は園長や保育士の日々の業務負担軽減を目的とした、保育園専用の業務支援システムです。ICT化によって指導案や日誌の作成、園児毎の登降園管理や保育料計算、請求管理、さらには保護者連絡まで、一貫してサポートします。

特徴

①保育士にストレスフリーな保育をしてもらう
手書きで何十分もかけて書いていた指導計画書。コドモンでは、園オリジナルのレイアウトをそのまま反映させ、文例を見ながら指導案を作成することが可能です。また、過去・未来、及び帳票毎の連動性を重視したものとなっており、日々の日誌や発達経過記録、年カリ、月案、週案、日案がデータ連携します。その他にも、日誌作成、健康チェック、ヒヤリハット、園児台帳などの機能があります

②園経営者の複雑な業務を楽にする
紙に書かれた各園児の登降園時間や保護者の情報から、一人一人計算していた保育料金。コドモン内では予め登録した月極延長やスポット保育などの料金情報と、登降園の打刻データや保護者からの連絡から自動で保育料を計算し、自動請求まで行うことができます。その他にも職員シフトの作成 、出勤管理 、職員間の情報共有などの機能があります。"

③保護者とのコミュニケーションを円滑にする
手書きで行ってきた連絡帳を、アプリ内で写真や動画を用いながらできます。また電話が中々繋がらずもどかしい思いをした欠席や延長連絡もアプリで行うことが可能です。その他にも緊急連絡 、お便り・献立表配信 、保護者アンケート 、園バス位置情報配信 、写真販売などの機能があります。

導入条件

・インターネット環境

・タブレット、携帯のOSはAndroid、iOSに対応

・パソコンはWindows、Macに対応

(・一部機能のためにICカードとICカードリーダーが必要)

導入/調達事例
  • グローバルキッズグループ様

    グローバルキッズグループ様

    130園以上の保育園運営において、保育品質向上や現場負担の軽減、また本部の運営体制強化を目的に2018年よりコドモンを全園で導入いただきました。

お問い合わせ先

https://www.codmon.com/contact.php

サービス情報サイト
サービス事業者サイト
サービス名コドモン
事業者名株式会社コドモン
種別
対象者保育園、認定こども園、幼稚園、学童で事務作業をする「園長、事務担当者」
保育園、認定こども園、幼稚園、学童で子どものお世話をする現場の「保育士」
保育園、認定こども園、幼稚園、学童に子どもを預ける「保護者」
対象学年0歳児〜小学6年生
教科
特徴/用途
料金体系
利用形態保育園、認定こども園、幼稚園、学童での利用
導入実績3,500施設
最終更新日:2019年08月27日

●このサービスをご覧の方はこんなサービスもご覧になられています。

  • Z会オンライン個別指導

    家庭やインターネット接続が可能な場所であればどこででも、PC・タブレット・スマホ...

    詳しくはこちらZ会オンライン個別指導

  • 問題データベース タブレットドリル

    約70,000問の豊富な問題数が主体的な学習を支援。自動採点が学習履歴を蓄積。先生は...

    詳しくはこちら問題データベース タブレットドリル

  • Talking Time

    オンライン英会話 TalkingTime は、百ます計算で有名な陰山英男先生と学研、QQEnglis...

    詳しくはこちらTalking Time

  • Video+(ビデオプラス)

    「Video+」は、動画教材作成配信サービスです。 インタラクティブで教育効果の高いビ...

    詳しくはこちらVideo+(ビデオプラス)

  • オンラインの家庭教師 Axisオンライン

    全国47都道府県に学習塾を展開するワオコーポレーションが開発した「Axisオンライン...

    詳しくはこちらオンラインの家庭教師 Axisオンライン

  • N予備校

    N予備校は、今の時代の受験勉強スタイルに合わせ、生放送授業・教材全てをスマホに最...

    詳しくはこちらN予備校

  • cloud university

    企業における様々な業務を効率化する為に、サイボウズ製品の特性や機能に合わせた利...

    詳しくはこちらcloud university

  • 日本最大級 学校向けプラットフォーム「Clas...

    Classi(クラッシー)は、大学入学・教育改革につながる新しい学びを4つの視点「ポー...

    詳しくはこちら日本最大級 学校向けプラットフォーム「Classi」




このページの上部に戻る
未来の教室ってなに?(SPフッタのボタン)
未来の教室ってなに?